導入輪作作物の病害虫発生実態の解明と防除技術の開発(128)

導入輪作作物の病害虫発生実態の解明と防除技術の開発(128)

課題番号110
研究機関名北陸農業試験場
研究期間止9〜12〜(15)
年度2000
研究問題高収益を目指した多雪地帯における水田高度利用
大課題転換作物の高位安定生産技術の開発
中課題転換作物の高位安定管理技術の開発
小課題導入輪作作物の病害虫発生実態の解明と防除技術の開発(128)
摘要導入輪作作物キャベツにおいて害虫の発生調査を行った。コナガは苗が植え付けられた時点で既に幼虫が付着していることから、育苗期に産卵を抑える必要がある。モンシロチョウは産卵のピークが明確に現れるので、若齢幼虫が多発する時期が防除適期と考えられた。オオムギの新規育成系統についての雲形病抵抗性検定試験では、「大麦さび系2号」を交配親に持つ「北陸皮33号」「北陸皮34号」「東山皮97号」が明瞭な抵抗性を示した。雲形病抵抗性の異なる準同質遺伝子系統を混合栽培したところ、抵抗性系統と罹病性系統について種子混合比率1:1で顕著な発病抑制効果が見られた。この課題は農業技術研究機構中央農業総合研究センターへ引き継ぐ。
研究分担水田利用・虫害研
企連・研究交流
水田利用・病害研
REC-IDS19980061
業績(1)オオムギ雲形病の発生生態と防除法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030083881
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat