リンドウの弱毒ウイルスの検出および定量技術の改良(171)

リンドウの弱毒ウイルスの検出および定量技術の改良(171)

課題番号143
研究機関名農業研究センター
研究期間止11〜12〜(13)
年度2000
研究問題高収益・持続的畑作農業の確立
大課題畑作物病害虫の総合管理技術の開発
中課題病害虫の新防除技術の開発
小課題リンドウの弱毒ウイルスの検出および定量技術の改良(171)
摘要埼玉県における鉢物用わい性リンドウで発生しているソラマメウイルトウイルスを防除するために弱毒ウイルスが開発された。本ウイルスの安定的・効率的な利用法を検討するため、ソラマメウイルトウイルス強毒株および弱毒有望株を識別可能なRT-PCR/RFLP法を確立することを目的に、両者の外被タンパク質遺伝子領域を含む塩基配列の解析を行った。強毒株および弱毒有望株の塩基配列には高い相同性が認められ、変異箇所は全領域に散在していた。この課題は研究機構(中央農研)に引き継ぐ。
研究分担病害虫防除・ウイルス研
病害虫防除・(上席)
REC-IDS19990050
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030084567
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat