農業事例情報の収集利用技術の開発

農業事例情報の収集利用技術の開発

課題番号2001000253
研究機関名独立行政法人農業技術研究機構
研究期間新規2001〜2001
年度2001
研究問題共通専門研究・中央地域農業研究
大課題農業・農村の情報化と農業技術革新のための情報研究の推進
中課題農業、作物等に関する物理・化学的情報や事例・知識情報等の処理技術の開発
小課題農業事例情報の収集利用技術の開発
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要i)これまで開発した天敵普及のための「天敵カルテシステム」を改良し、ユーザ参加型のWebページとして、インターネット上に公開した。また、「天敵カルテシステム」の一層の実用化を進めるため、日本植物防疫協会が実施している天敵の委託試験研究成績等の事例を、「天敵カルテシステム」に追加した。ii) 栽培管理を支援するために各種事例を提供する「事例ベース」の実用化を進めるため、露地野菜産地のJAと水稲と転作作物を作業受託している生産法人を対象として、現場での「事例ベース」の検証を進めた。現地で、「事例ベース」に既存の栽培管理データ及び土壌診断データを入力し、データベース化した。また、「事例ベース」を使って実際の栽培管理を行うために必要な、データの検索・集計・帳票出力などの諸機能の組み込みを行った。
研究分担農業技術研究機構 中央農業総合研究センター 農業情報研究部 データマイニング研究室
業績(1)Agriculture Case Base -Decision Support by Harnessing Knowledge and Experience-
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030087551
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat