リンドウの弱毒ウイルスの検出および定量技術の改良

リンドウの弱毒ウイルスの検出および定量技術の改良

課題番号2001000276
研究機関名独立行政法人農業技術研究機構
研究期間新規2001〜2001
年度2001
研究問題共通専門研究・中央地域農業研究
大課題環境と調和した持続的農業生産のための病害研究の推進
中課題新発生病原菌及び系統の診断・同定技術の開発
小課題リンドウの弱毒ウイルスの検出および定量技術の改良
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要リンドウに発生するソラマメウイルトウイルスは昆虫媒介性であるため、防除のために殺虫剤が使用されており、化学農薬に替わる技術として、弱毒ウイルス利用による防除技術の開発が求められている。リンドウは宿根草であるため、新たに出芽した脇芽にも接種した弱毒ウイルスが獲得されているか否かを判定することが重要であり、弱毒ウイルスを、RT-PCR後のDNA断片の制限酵素消化によって検出できる新しい遺伝子診断技術を開発した。
研究分担農業技術研究機構 中央農業総合研究センター 病害防除部 ウイルス病害研究室
業績(1)トマト黄化えそウイルス(TSWV)によるバーベナ,ニチニチソウおよびインパチエンス類の黄化えそ病
(2)Comparison of the S RNA segments among Japanese isolates and Taiwanese isolates of watermelon silver mottle virus.
(3)A Comparison of Sensitive and Specific Methods for the Detection of Lily Mottle Virus in Lily Plants
(4)静岡県のメロンモザイク病株から分離されたズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)の同定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030087574
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat