気象資源等の評価手法高度化と特性の解明

気象資源等の評価手法高度化と特性の解明

課題番号2001000296
研究機関名独立行政法人農業技術研究機構
研究期間新規2001〜2001
年度2001
研究問題共通専門研究・中央地域農業研究
大課題重粘土・多雪地帯における水田高度利用研究の推進
中課題地域気象資源等の評価及び利用・制御技術の開発
小課題気象資源等の評価手法高度化と特性の解明
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要これまで森林の成長解析に用いられたことのある群落内日射二成分モデルが、水田でも利用できるか、どうかを検討した。水稲の生長に伴う日射透過率、反射率の推移は二成分モデルの推定式と良く一致したことから、水稲群落にも適用できることがわかった。これを用いることにより水稲生育予測の精度向上が期待できる。
研究分担農業技術研究機構 中央農業総合研究センター 北陸水田利用部 気象資源研究室
業績(1)地球環境変化時における降積雪の変動予測(続報)−国内主要河川流域における降雪水量の変動−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030087594
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat