土着天敵によるアブラムシ類防除を導入したバレイショ害虫の総合防除技術の開発

土着天敵によるアブラムシ類防除を導入したバレイショ害虫の総合防除技術の開発

課題番号2001000327
研究機関名独立行政法人農業技術研究機構
研究期間新規2001〜2001
年度2001
研究問題北海道農業研究
大課題寒地生態系を活用した生産環境の管理技術の開発
中課題寒地作物害虫の発生生態の解明と制御技術の開発
小課題土着天敵によるアブラムシ類防除を導入したバレイショ害虫の総合防除技術の開発
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要ばれいしょ圃場において殺虫剤アセフェート散布区ではリサージェンス(誘導多発生)によってワタアブラムシが多発し、散布回数が多いほどその程度は顕著であった。一方、無散布区ではアブラムシの多発は起こらず、低密度で推移した。また、ウイルス病や、ヨトウガ、オオニジュウヤホシテントウ等の害虫の発生もほとんどなかった。完全防除区、無散布区、ワタアブラムシのリサージェンス区(約350頭/複葉)間で、収穫したイモの「株当たり個数」、「株当たり収量」、「1個当たり重量」および「デンプン価」に差がないことから、ばれいしょに対しては殺虫剤無散布であっても通常は害虫が多発せず、収量・デンプン価にも悪影響はないことが判断できる。
研究分担農業技術研究機構 北海道農業研究センター 生産環境部 虫害研究室
業績(1)New genera of Dryctinae (Hymenoptera, Braconidae) from Japan.
(2)PCR-based cloning of two 1,4-endoglucanases from root-lesion nematode Pratylenchus penetrans
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030087625
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat