高温ストレスに起因するスイカ種子の発芽障害回避法の開発及び高温ストレス応答タンパク質の解析

高温ストレスに起因するスイカ種子の発芽障害回避法の開発及び高温ストレス応答タンパク質の解析

課題番号2001000574
研究機関名独立行政法人農業技術研究機構
研究期間新規2001〜2001
年度2001
研究問題野菜茶業研究
大課題生産技術開発を支える基礎的研究
中課題野菜における環境ストレス耐性の解明と制御技術の開発
小課題高温ストレスに起因するスイカ種子の発芽障害回避法の開発及び高温ストレス応答タンパク質の解析
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要i)TTC(トリフェニル・テトラゾリウム・クロライド)でキュウリ催芽種子の根部を染色することにより、高温による根の障害程度を視覚化できた。さらに、35〜40℃、2時間以上の前処理を行うと、幼根に壊死を引き起こす高温(45℃2時間)に対する耐性が獲得され、高温に対する順化が起こることを明らかにし、35S-メチオニンによる解析を行うための高温処理の実験系を構築した。また、順化したキュウリ根部から調製したタンパク質画分にシャペロン活性があることを確認した。今後、この蛋白質の精製に取り組む。ii)スイカ種子の乾熱処理による発芽障害を回避するには、真空ポンプを用いた予備的乾燥処理が有効であり、本処理は圃場におけるスイカの生育収量等に悪影響を及ぼさないことを明らかにした。
研究分担農業技術研究機構 野菜茶業研究所 機能解析部 環境ストレス研究室
業績(1)光照射が低温環境下におけるキャベツ幼植物のフェノール性物質含量と脂質過酸化に及ぼす影響
(2)スイカ種子の乾熱処理時における温度分布について
(3)葉緑素蛍光比合成画像によるストレス状態の視覚化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030087872
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat