熱帯・亜熱帯島嶼の気象・土壌等に関わる生産不安定化要因の解明と節水栽培等対策技術の開発(751)

熱帯・亜熱帯島嶼の気象・土壌等に関わる生産不安定化要因の解明と節水栽培等対策技術の開発(751)

課題番号2002003081
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間継続2001〜2005
年度2002
研究問題開発途上地域の農林水産業の持続的発展のための研究開発
大課題沖縄における研究
中課題熱帯・亜熱帯島嶼における気象・土壌等に関わる生産不安定化要因の解明と節水・省肥栽培等対策技術の開発
小課題熱帯・亜熱帯島嶼の気象・土壌等に関わる生産不安定化要因の解明と節水栽培等対策技術の開発(751)
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要下層土貯留水の利用は溝底播種、耕盤破砕で増加したが、上層土水増加で抑制されたので、これら技術の利用と潅水が両立しにくい。パパイヤがトレンチ栽培に適した。夏にトレンチ内西側で生育促進される一因は、根圏温度低下にあった。サトウキビで点滴地下、点滴地表、スプリンクラーの潅水の効果は、無潅水に比べて各潅水で増収したが、灌水方法による差はなかった。点滴チューブの敷設法として、苗植溝敷設法を考案した。研究の進捗は概ね順調である。
研究分担国際農林水産業研究センター 沖縄支所 熱帯果樹栽培利用研究室
国際農林水産業研究センター 沖縄支所
国際農林水産業研究センター 沖縄支所 業務科
業績(1)An idea for trench house to portect crops from hot and strong wind
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030088623
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat