暖地向きスーダングラス育種素材の選抜

暖地向きスーダングラス育種素材の選抜

課題番号2003003732
研究機関名農業・生物系特定産業技術研究機構
研究期間新規2003〜2003
年度2003
研究問題九州沖縄農業研究
大課題暖地における物質循環型・高品質畜産物生産技術の開発
中課題ロールベール向きソルガム類優良自殖系統の開発及び「はえいぶき」に代わるえん麦品種の育成
小課題暖地向きスーダングラス育種素材の選抜
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査、農業技術研究業務
摘要細断型ロ−ルベ−ラ−あるいはカッティングロ−ルベ−ラ−を用いてス−ダングラスのロ−ルベ−ル調製に関する実証試験を行い、ロ−ルベ−ル適性についての知見を得た。また、初期発育性、高消化性、すす紋病・紫斑点病などの耐病性や低温生長性に優れた優良系統を選抜し、系統間の交配によって有用素材を開発した。
研究分担農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター 畜産飼料作研究部 牧草育種研究室
業績(1)耐倒伏性が極めて強い夏播用エンバク品種「九州12号」
(2)ソルガム類の幼病接種による耐病性検定 第2報系統内選抜の可能性
(3)スーダングラスの初期生育性の改良 1.低温発芽性
(4)スーダングラス育種における世代促進技術の適用効果と問題点
(5)ソルガムの散播・密植栽培による雑草抑制効果とその品種間差異
(6)ソルガム類における初期生育時の障害および回復程度の品種間差異
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030090005
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat