海岸林の維持管理技術の高度化

海岸林の維持管理技術の高度化

課題番号2005007547
研究機関名森林総合研究所
研究期間完了2001-2005
年度2005
研究問題森林の国土保全、水資源かん養、生活環境保全機能の高度発揮に関する研究
大課題森林の持つ国土保全、水資源かん養、生活環境保全機能の解明と評価
中課題森林の持つ生活環境保全機能の高度化
小課題海岸林の維持管理技術の高度化
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要海岸林の維持管理技術を高度化するため、飛砂防止機能に関わる海岸林の前線部における飛砂や風食が発生するプロセスを明らかにするとともに、防風機能を維持するためにはクロマツ海岸林の最初の本数調整開始のタイミングとして、樹冠高2.5〜3mの時期を提示した。
研究分担森林総合研究所 気象環境研究領域 渓畔林担当チーム長
森林総合研究所 気象環境領域
予算区分林野庁交付金 その他
業績(1)人工砂丘と防風柵との組み合わせの効果に関する風洞実験
(2)クロマツ海岸林における本数調整開始時期について
(3)風食が進行した人工砂丘風溝部における風速場と飛砂量について  
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030091710
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat