ゲノム情報及び分子マーカーを活用した森林植物研究

ゲノム情報及び分子マーカーを活用した森林植物研究

課題番号2005007660
研究機関名森林総合研究所
研究期間完了2003-2005
年度2005
研究問題生物機能の解明と新素材の開発に向けた研究
大課題森林生物のゲノム研究
中課題高密度基盤遺伝子地図の作成
小課題ゲノム情報及び分子マーカーを活用した森林植物研究
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要スギ天然林において西日本の集団の遺伝的多様性が高いのは、最終氷期の逃避地と密接な関連があること、またウラスギとオモテスギが遺伝的に分化していることを明らかにするとともに、スギの開花との関連が想定される遺伝子を連鎖地図上に位置付けたことにより、DNAマーカーを利用した針葉樹ゲノムの解析を深化させた。
研究分担森林総合研究所 森林遺伝研究領域 ゲノム解析研究室
森林総合研究所 森林遺伝研究領域
予算区分林野庁交付金
業績(1)Effect of flowering phenology on pollen flow distance and the consequence for spatial genetic structure within a population of Primula sieboldii (Primulaceae) (サクラソウ(サクラソウ科)の集団内部における開花フェノロジーの花粉散布距離に対する影響とその空間遺伝構造の帰結)
(2)Genrtic relationship between East and South Asian Melon (Cucumis melo L.) revealed by AFLP analysis.
(3)Nine additional microsatellite markers for Primula sieboldii E. Morren(サクラソウの9個の付加的マイクロサテライトマーカー)
(4)Development of microsatellite markers in Magnolia tomentosa Thunb. (Magnoliaceae), a threatened Japanese tree.
(5)Genetic structure of Miscanthus sinensis ssp.condensatus (Poaceae) on Miyake Island: implications for revegetation of volcanically devastated sites.
(6)Genetic diversity among Japanese indigenous common buckwheat (Fagopyrum esculentum) cultivars as determined from amplified fragment length polymorphism and simple sequence repeat markers and quantitative agronomic traits.
(7)Spatial genetic structure links between soil seed banks and aboveground populations of Primula modesta in subalpine grassland (空間遺伝構造は亜高山草原のユキワリソウ個体群の土壌シードバンクと地上個体を結びつける
(8)Isolation and characterization of highly polymorphic microsatellites in the aquatic plant, Nymphoides peltata (Menyanthaceae).(水生植物アサザの高い多型のマイクロサテライトの単離と特徴)
(9)Development and characterization of microsatellite markers in a clonal plant, Dioscorea japonica Thunb (クローン植物ヤマノイモのマイクロサテライトマーカーの開発と特徴)
(10)Half-sib family structure of Fagus crenata saplings in an old-growth beech-dwarf bamboo forest(老齢ブナ−チシマザサ群集でのブナ実生の半兄弟構造)
(11)Spatial genetic structure among and within populations of Primula sieboldii growing beside separate streams.
(12)Gene flow and inbreeding depression inferred from fine-scale genetic structure in an endangered heterostylous perennial, Primula sieboldii (異型花柱性草本サクラソウにおける微細な遺伝構造から推測される遺伝子流動と近交弱勢)
(13)Comparative analysis of expressed sequence tags of conifers and angiosperms reveals sequences specifically conserved in conifers.
(14)Population and genetic status of Primula kisoana var. kisoana, a local endemic of the northern Kanto region, Japan(日本の北関東地域固有種カッコソウの個体群および遺伝的現況)
(15)The phylogeographic structure of Japanese coniferous species as revealed by genetic markers.
(16)Gene flow and mating system in five Cryptomeria japonica D. Don seed orchards as revealed by analysis of microsatellite markers(マイクロサテライトマーカーによる5つの採取園における遺伝子流動と交配様式)
(17)絶滅危惧植物サクラソウ(Primula sieboldii)におけるマイクロサテライトマーカーの開発
(18)スギゲノム研究の成果と活用
(19)分子遺伝生態学を保全研究に活かす
(20)サクラソウとサクラソウ属植物の遺伝マーカーの開発
(21)サクラソウの日本における種内変異と地理的分化
(22)遺伝子流動の実験的解明と個体群の遺伝的構造
(23)移住率、一致指数、遺伝距離、遺伝子移入、遺伝子系図学、遺伝的距離、遺伝的障壁、遺伝的多様性、移動、移入、隔離、環境的隔離、機械的隔離、機会的固定、季節的隔離、距離による隔離、空間的隔離、雑種地帯、三世代家系分析、時間的隔離、自然雑種、島模型、集団分化指数、シュードテストクロス、種内競争、浸透交雑、針葉樹の遺伝、生態遺伝、多型指数、多様性、多様性指数、地理的隔離、天然林、表現型多型性、類似指数
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030091823
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat