林木の成長・分化の制御に関与する細胞壁等因子の解析と機能解明

林木の成長・分化の制御に関与する細胞壁等因子の解析と機能解明

課題番号2005007662
研究機関名森林総合研究所
研究期間完了2001-2005
年度2005
研究問題生物機能の解明と新素材の開発に向けた研究
大課題森林生物の生命現象の分子機構の解明
中課題成長・分化及び環境応答等生理現象の分子機構の解明
小課題林木の成長・分化の制御に関与する細胞壁等因子の解析と機能解明
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要植物の細胞壁の構成成分であるペクチン多糖の合成に関わるアラビノピラノース転移酵素の反応を試験管内で測定する手法を明らかにすることで、樹木の細胞壁の生合成に関与する酵素を生化学的に解明することを可能にした。
研究分担森林総合研究所 樹木化学領域
森林総合研究所 樹木化学研究領域 樹木生化学研究室
予算区分林野庁交付金 その他
業績(1)11B Solid-state NMR Investigation of the Rhamnogalacturonan II-borate Complex in Plant Cell Walls
(2)Changes in linkage pattern of glucan products induced by substitution of Lys residues in the dextransucrase(デキストラン合成酵素中のリシン残基を置換することによるグルカンの結合様式の変化)
(3)Assignment of the 1H and 13C NMR spectra of 2-aminobenzamide-labeled galacto-and arabinooligosaccharides (2-アミノベンズアミド標識したガラクトオリゴ糖とアラビノオリゴ糖の1H and 13Cセペクトルの帰属
(4)Proof of the presence of guaiacyl-syringyl lignin in Selaginella tamariscina(トクサにはグァヤシルーシリンギルリグニンが存在する証拠)
(5)A β-(1→3)-arabinopyranosyltransferase that transgers a single arabinopyranose onto arabino-oligosaccharides in mung bean(Vigna radiate) hypocotyls (マングマメ下胚軸中に存在するアラビノオリゴ糖に1つのアラビノピラノースを転移する β-(1→3)アラビノピラノース転移酵素について)
(6)Enzymic transfer of α-L-arabinopyranosyl residues to exogenous 1,4-linked β-D-galacto-oligosaccharides using solubilized mung bean (Vigna radiata) hypocotyl microsomes and UDP-β-L-arabinopyranose (マングマメ下胚軸ミクロゾームとUDP-β-Lーアラビノピラノースを用いたアラビノピラノース残基のガラクトオリゴ糖への
(7)Analyses of Mucilaginous Compounds Used in Making Traditional Handmade Paper (伝統的手すき紙製造で用いられる粘質物質の分析)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030091825
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat