林木における不定胚経由の個体再生系の開発

林木における不定胚経由の個体再生系の開発

課題番号2005007665
研究機関名森林総合研究所
研究期間完了2001-2005
年度2005
研究問題生物機能の解明と新素材の開発に向けた研究
大課題遺伝子組換え生物の開発
中課題遺伝子組換え生物作出技術の開発
小課題林木における不定胚経由の個体再生系の開発
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目試験及び研究並びに調査
摘要スギ、ヒノキ、クロマツ、ヤクタネゴヨウで不定胚を経由して安定的に個体を再生する系を開発するとともに、スギ、ヒノキ等不定胚形成細胞の液体窒素中での超低温保存に成功し、組換え樹木の創出・保存に向けた技術を開発した。
研究分担森林総合研究所 生物工学研究領域
森林総合研究所 生物工学研究領域 形質転換研究室
予算区分林野庁交付金
業績(1)Somatic embryo production and plant regeneration of Japanese black pine (Pinus thunbergii) (クロマツの不定胚生産と植物体の再生)
(2)In vitro propagation of three endangered species in Japanese forests(日本の森林の絶滅危惧種3種の組織培養による増殖)
(3)Propagation of Japanese red pine (Pinus densiflora Zieb. et Zucc.) via somatic embryogenesis (不定胚形成によるアカマツの増殖)
(4)Effects of ion beam irradiation on mutation in Sugi cedar (Cryptomeria japonica) and Hinoki cypress(Chamaecyparis obtusa)(スギとヒノキの変異へのイオンビーム照射の影響)
(5)プロトプラスト培養によるヒノキ、サワラ培養細胞の反応の比較
(6)絶滅危惧種ヤクタネゴヨウの発根
(7)Tissue culture of Swietenia macrophylla King (big-leaf mahogany)(マホガニーの組織培養)
(8)Recent development in vegetative propagation and their application for tropical forest species(無性繁殖とその熱帯林樹木への応用の最近の進歩)
(9)Sawara cypress Chamaecyparis pisifera Sieb. et Zucc.(サワラ)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030091828
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat