水産生物の機能・形態に関する基礎的先導的研究

水産生物の機能・形態に関する基礎的先導的研究

課題番号2005007685
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2001-2005
年度2005
研究問題該当なし
大課題水産生物の機能の解明及び積極的な資源造成と養殖技術の高度化
中課題水産生物の機能及び遺伝的特性の解明と利用技術の開発
小課題水産生物の機能・形態に関する基礎的先導的研究
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究、調査並びに技術の開発
摘要・水産生物の体形成・成長における調節機構及び物理化学的環境因子に関わり、破骨細胞様細胞への分化過程への蛋白質分解酵素の関与を解明した。・マガキの内臓神経節における遺伝子の発現について、季節的な変化及び卵巣の成熟度との関係を検討するとともに、これらをマイクロアレイで比較する解析手法の開発を進めた。・優良形質や形態の発現をもたらす遺伝子について、ゼブラフィッシュでIL4様遺伝子の体節の分化への関与など、遺伝子の機能を解明した。・遺伝子の発現量に関わり、アマゴのIGF1の発現量と成長との相関を明らかにし、優良形質個体の識別手法を開発した。・遺伝子組換え魚の安全性に関わり、成長ホルモン遺伝子を導入したアマゴで特異的に発現する遺伝子を同定し、全年度までの成果とともに安全性管理手法を開発した。
研究分担水産総合研究センター 養殖研究所 生産技術部 育種研究グループ
水産総合研究センター 中央水産研究所 浅海増殖部 生物特性研究室
水産総合研究センター 養殖研究所 生産技術部 繁殖研究グループ
水産総合研究センター 中央水産研究所 利用加工部 食品バイオテクノロジー研究室
水産総合研究センター 養殖研究所 生産システム部 飼餌料研究グループ
水産総合研究センター 中央水産研究所 資源評価部 生理特性研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 水産遺伝子解析センター
予算区分委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保] 水産庁交付金 文科省[科研費]
業績(1)Quantitative mRNA expression profiling of heat-shock protein families in rainbow trout cells
(2)Cytological observation of Porphyra (Rhodophyta) thalli with confocal laser scanning microscopy
(3)各種DNA結合性蛍光色素で染色したアマノリ葉状体の共焦点レーザー顕微鏡による観察
(4)Evidence of multiple spawning in wild amphidromous type ayu
(5)Purification and gene cloning of Fundulus heteroclitushatching enzyme. A hatching enzyme systemcomposed of high choriolitic enzyme and low choriolitic enzyme is conserved between two different teleosts, Fundulus heteroclitus and medaka Oryzias latipes
(6)Dynamics and histological characteristics of gonadal sex differentiation in pejerrey (Odontesthes bonariensis) at feminizing and masculinizing temperatures.
(7)環境水温と魚類の性分化との関係
(8)cDNA structure of an insulin-related peptide in the Pacific oyster and seasonal changes in the gene expression.
(9)Cholecystokinin mRNA in Atlantic herring, Clupea harengus?molecular cloning, characterization, and distribution in the digestive tract during the early life stages
(10)Identification of cDNA coding for a homologue to mammalian leptin from pufferfish, Takifugu rubripes
(11)Molecular System That Induces Asymmetry in Internal Organs and Brain of Fish, and Its Participation in Asymmetry Formation of Flounder Body
(12)Expressed sequence tags from eyestalk of kuruma prawn, Marsupenaeus japonicus
(13)The role of thyroid hormone in fish development with reference to aquaculture
(14)山形県鼠ヶ関川における両側回遊型アユの多回産卵現象/平成17年度日本水産学会大会
(15)サンマ仔稚魚に観察された骨格異常について
(16)Bone Abnormality of Pacific Saury Larvae Cololabis saira/PICES XIV
(17)魚類レプチン遺伝子の多様性/2005(平成17)年度日本比較内分泌学会
(18)Sexual dimorphic development of teleost germ cells during gonadal differentiation: The entry of germ cells into meiosis
(19)マガキ内臓神経節で発現する遺伝子の解析と季節変化/国際マリンバイオテクノロジー学会2005
(20)成長ホルモン遺伝子を導入した組換え体アマゴホモ個体の作出/平成17年度日本水産学会大会
(21)サンマ仔稚魚に観察された骨格異常
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030091849
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat