東シナ海における海洋環境の変動特性の解明と生物生産構造の把握

東シナ海における海洋環境の変動特性の解明と生物生産構造の把握

課題番号2005007707
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2001-2005
年度2005
研究問題該当なし
大課題水域生態系の構造・機能及び漁場環境の動態の解明とその管理・保全技術の開発
中課題我が国周辺水域の生態系における海洋環境変動特性と生物生産構造の把握
小課題東シナ海における海洋環境の変動特性の解明と生物生産構造の把握
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究、調査並びに技術の開発
摘要・ フェリー搭載ADCP、係留式流速計および人工衛星による熱赤外画像から、九州南西海域において大規模な黒潮流路変動が起こる場合、黒潮流軸の南下前に暖水舌が薩南海域を通過し始めることを解明した。・沖縄トラフ北部海域において熱赤外画像に時折認められる暖水渦と考えられる現象と黒潮流軸位置の変動を比較した結果、暖水渦が発生する場合はほぼ黒潮流軸の南北移動を伴っており、黒潮流路変動と関連している場合が多いことを解明した。・東シナ海の観測定線において、カイアシ類群集の群集構造解析を行い、東シナ海におけるカイアシ類群集の季節的、地理的、鉛直的パターンを明らかにした。また、動物プランクトン群集の年間生産量を計算し(46-54gC/m2/year)、主要水産資源の餌料としてのポテンシャルを見積もった。・有明海の赤潮プランクトン種(Akashiwo sanguinea)の光合成特性の解析結果から、小潮期間のSS(懸濁物)濃度の低下により光条件が好転し、成層化の影響も加わり赤潮が発達したことが推察された。河川からの流入によりSSの濃度と透明度が影響を受け、それが低次生産に影響を及ぼすことを把握した。
研究分担水産総合研究センター 西海区水産研究所 東シナ海海洋環境部 高次生産研究室
水産総合研究センター 西海区水産研究所 東シナ海海洋環境部 海洋動態研究室
水産総合研究センター 西海区水産研究所 東シナ海海洋環境部 生物環境研究室
予算区分水産庁交付金
業績(1)Effects of glutamate and glucose on N cycling and the marine plankton community
(2)Estimating Chlorophyll-a vertical profiles from satellite data and implication for primary production in the Kuroshio front of the East China Sea
(3)Spatial and temporal variability of satellite primary production in the Japan Sea from 1998 to 2002
(4)有明海奥部と諫早湾における表層堆積物中の有機物の分布と有機安定同位体比.
(5)Review: A Possible Collaboration with China on Marine Ecosystem Research in the East China Sea
(6)Relationship between resuspended sediments and environmental changes in Ariake Bay
(7)有明海奥部干潟・浅海域生態系における浮泥の機能/日本水産学会水産環境保全委員会シンポジウム「内湾浅海域浮泥の水産環境保全における重要性」
(8)有明海における分析手法の違いによるCOD分析値の差異について/2006年度日本海洋学会春季大会
(9)海色衛星による有明海の濁りとクロロフィルaの変動/2006年度日本海洋学会春季大会
(10)Estimation of primary production and photosynthetic parameters in the Case II waters of Ariake bay by Fast Repetition Rate Fluorometer (FRRF)./2006年度日本海洋学会春季大会
(11)水産試験研究機関によるモニタリング−有明海における浅海定線調査−/沿岸環境関連学会連絡協議会 第15回ジョイントシンポジウム
(12)薩南海域における水温フロントと黒潮流軸の南北移動/2006年度日本海洋学会春季大会
(13)トカラ群島海域の黒潮の変動と薩南海域の海況変動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030091871
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat