沿岸域における環境影響物質の動態の解明

沿岸域における環境影響物質の動態の解明

課題番号2005007714
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2001-2005
年度2005
研究問題該当なし
大課題水域生態系の構造・機能及び漁場環境の動態の解明とその管理・保全技術の開発
中課題人為的環境インパクトが水域環境へ及ぼす影響の解明と漁場環境保全技術の開発
小課題沿岸域における環境影響物質の動態の解明
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究、調査並びに技術の開発
摘要・日本周辺海域の主要海産生物60種及び35地点の海底土のγ線核種分析によるモニタリングを継続し、変動傾向を把握した。東シナ海マダコから今年度もCo-60が検出されたが、その汚染源は日本側に無いことを再確認した。・その他の海産生物中及び海底土に異常な放射能濃度は検出されなかった。・四半期毎に定められた海産生物(計6種:アイゴ、ヒブダイ、ヒメジ、軟体類、ホンダワラ、ニセクロナマコ)を採集し、乾燥・炭化・化後Ge半導体検出器によってγ線放出核種の分析を行い原子力軍艦寄港に伴う安全性のモニタリングを実施した。・海底土の人工放射性核種濃度の経年変化と収集試料における放射性核種の実効半減期を追跡することにより食物連鎖を通した生物への蓄積過程を把握した。
研究分担水産総合研究センター 中央水産研究所 海洋生産部 低次生産研究室
水産総合研究センター 水産工学研究所 水産土木工学部 水理研究室
水産総合研究センター 水産工学研究所 水産土木工学部
水産総合研究センター 日本海区水産研究所 海区水産業研究部 海区産業研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 海洋生産部 海洋動態研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 海洋生産部 物質循環研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 内水面研究部 生態系保全研究室
水産総合研究センター 北海道区水産研究所 海区水産業研究部 海区産業研究室
予算区分委託・環境研究[自然共生] 水産庁交付金
業績(1)シジミの個体群動態を考慮した汽水域生態系モデルの構築−涸沼(川)を事例にして−
(2)冬季有明海湾奥部浅海域における底層懸濁物質の空間構造と輸送特性
(3)亜寒帯砂浜ベントスの食物関係/日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会
(4)安定同位体比による沿岸漁場環境の解析/平成17年度日本海ブロック増養殖研究会
(5)砂浜の生きものをささえる餌―その由来を化学の目でさぐるー
(6)外海性浅海砂浜生態系における栄養有機物の動態の解明
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030091878
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat