沿岸域の水圏環境と調和した水域空間利用技術の開発

沿岸域の水圏環境と調和した水域空間利用技術の開発

課題番号2005007716
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2001-2005
年度2005
研究問題該当なし
大課題水産業の安定的経営と漁業地域の活性化のための研究の推進
中課題地域水産業の生産性向上のための基盤整備技術の開発
小課題沿岸域の水圏環境と調和した水域空間利用技術の開発
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究、調査並びに技術の開発
摘要・各種データを比較的容易に利用できる流動一次生産モデルを開発した。さらに鹿島灘沿岸域において現地調査結果及び各種データベースを基に、流動一次生産モデルを適用し植物プランクトン分布,流動特性等について概ね良好な結果を得ることができた。・ウニの摂餌と海藻の生産による生産力評価モデルに基づくゾーニング手法を開発し、北海道寿都湾海域に適用し、持続的生産を目標とした漁場管理手法を提案した。・高知県浦の内湾における環境改善工法の実証試験結果等を参考にして開発した三次元流動水質変動モデルによる予測から、内湾の貧酸素水塊に対する水質改善工法の比較評価手法を開発した。・キタムラサキウニの優占域でのアラメ群落維持に必要な流動条件を解明し、アラメの生残に及ぼす流動の影響評価手法を開発し、群落造成のための設計条件を示した。・波浪・流れの数値シミュレーションによりアマモ群落形成の物理環境条件を評価する手法を開発し、構造物によるアマモ場造成の設計指針を示した。
研究分担水産総合研究センター 水産工学研究所 水産土木工学部 水理研究室
水産総合研究センター 水産工学研究所 水産土木工学部 環境分析研究室
水産総合研究センター 水産工学研究所 水産土木工学部 漁場施設研究室
水産総合研究センター 水産工学研究所 水産土木工学部 開発システム研究室
予算区分水産庁交付金
業績(1)鹿島灘北部海域の一次生産に及ぼす那珂川の影響
(2)一般水底土砂の海洋処分を想定した底生動物に関する基礎実験
(3)波による渦流れを利用する海水交換防波堤の港湾域における効果について
(4)冬季波浪条件の比較的厳しい海域におけるガーゼ・礫製マットによるアマモ繁茂への効果と限界
(5)汽水湖における水物質循環・生態系モデルの開発について(3)/平成17年度日本水産工学会学術講演会
(6)海水交換防波堤に接続した集水管による湾奥水の吸出し効果/土木学会第60回年次学術講演会
(7)周防大島町伊豆が浜地先におけるアマモ場の消長と「人工暗礁」構築への取り組み/第1回瀬戸内海水産フォーラム
(8)基質の性状がキタムラサキウニの移動に及ぼす影響/平成17年度日本水産学会大会
(9)磯焼け実態把握アンケート結果と磯焼け対策に用いられる要素技術の分析/平成17年度日本水産工学会学術講演会
(10)キタムラサキウニ優占域における揺動式海藻着生装置の効果/平成17年度日本水産学会大会
(11)キタムラサキウニ優占域における揺動式海藻着生装置の現地試験/平成17年度日本水産工学会学術講演会
(12)アマモ場の再生と保全
(13)熊本県緑川河口域干潟におけるアサリ初期稚貝の移動特性
(14)砂泥域での流動現象と着底稚貝・底質の移動について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030091880
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat