餌料生物の効率的培養及び利用技術の開発

餌料生物の効率的培養及び利用技術の開発

課題番号2005007729
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2001-2005
年度2005
研究問題該当なし
大課題栽培漁業に関する技術の開発
中課題健全な種苗の生産技術の開発
小課題餌料生物の効率的培養及び利用技術の開発
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目試験及び研究、調査並びに技術の開発
摘要・L型ワムシについては、培養効率の向上に取り組み、粗放連続培養におけるL型ワムシの株ごとに培養水温、塩分に合わせた適正な収穫率を明らかにするとともに、培養環境がワムシの増殖に与える影響として、pH6〜9では増殖に影響はないがpH10で増殖が低下することを明らかにした。・ケモスタット式植え継ぎ拡大培養において、培養効率を向上させる技術を開発し、S型ワムシの培養効率を0.86億個体/Lにまで向上させた。平成14年度までの実績(0.66億個体/L)に比べて31%向上であった。・培養4日目のL型ワムシの栄養強化が、ヒラメの無眼側体色及び形態異常防除の面から有効であることを明らかにした。また、タウリンを使用したワムシへの栄養強化は、骨格正常率の向上には効果が認められたが、色素正常率は低下することが判明するなどヒラメ稚魚の形態異常に及ぼす影響を把握した。・連続培養方式でL型ワムシを約4℃で冷蔵保存した結果、冷蔵6日目で冷蔵保存ワムシの生残率約80%を得た。・高密度輸送におけるワムシの飢餓は生残率を低下させ、タウリン強化は生残率を改善することがわかった。・消毒卵の5℃での冷蔵保存では、保存3日目でも一般細菌数が103CFU/gで、かつTCBS細菌が認められないことから消毒効果が維持され、冷蔵保存卵の7割以上が利用できることが明らかとなった。以上のように消毒卵の高密度輸送法の開発に取り組んだ。
研究分担水産総合研究センター 能登島栽培漁業センター
予算区分水産庁交付金
業績(1)Effect of L-carnitine enrichment on the population growth, egg ratio and body size of the marine rotifer, Brachionus rotundiformis
(2)Effect of dietary cobalt supplementation on the population growth of rotifer Brachionus rotundiformis
(3)The endogenous presence of L-carnitine in live foods used for larviculture
(4)シオミズツボワムシの増殖および摂餌に対する溶存酸素の急激な低下の影響
(5)高塩分耐性を指標としたシオミズツボワムシ各成長段階における活力評価
(6)消毒したシオミズツボワムシ複相単性生殖卵の短期冷蔵保存(短報)
(7)ワムシ類の安定生産技術と品質について
(8)増殖ステージが異なるシオミズツボワムシのヒラメ仔魚に対する餌料価値
(9)シオミズツボワムシ複相単性生殖卵の消毒
(10)Effect of Feeding Rotifers Enriched with Taurine on Growth Perfomance and Body Composition of Pacific Cod Larvae Gadusmacrocephalus
(11)ワムシの培養に役立つ微細藻類/第三回因島種苗生産技術交流会
(12)ナンノクロロプシスの大量培養に用いる培養液処方の再考/日本水産増殖学会第四回大会
(13)北米産および世界各地に移植されたArtemia franciscanaの生物学的特徴の相違/平成17年度日本水産学会大会
(14)L-carnitine content in practical used live food/平成17年度日本水産学会大会
(15)水産初期餌料動物プランクトンL型ワムシの高密度培養に出現したワムシに特異的な有害菌について/第42回化学関連支部合同九州大会
(16)Protoplast of Porphyra as a live food substitute for zooplankton and shellfish spat: A preliminary report
(17)Use of Porphyra protoplast as a food substitute for culturing aquatic animals
(18)シオミズツボワムの成長に伴う高塩分耐性の変化/日本水産増殖学会第4回大会
(19)Trophic Value of the Unicellular Diatom Phaeodactylum trocornutum for larvae of Kuruma Prawn, Penaeus japonicus
(20)餌料生物の重要性と生産の現状
(21)エサとして汎用される植物プランクトン(i)
(22)エサとして汎用される植物プランクトン(ii)
(23)植物プランクトンの分離と培養方法(概説)
(24)植物プランクトンの増殖力と栄養価の評価について
(25)魚介類種苗に与える影響と利用方法
(26)植物プランクトンの大量培養を行う際の注意点
(27)可能性が広がる植物プランクトンの多方面での利用
(28)アルテミアの系統的差異とその利用
(29)Effect of Co supplementation on the vitamin B12 production and population growth of rotifer, Brachionus plicatilis: A preliminary report
(30)アルテミアふ化幼生の生菌数を減少させる試み
(31)餌料生物研究の最前線 6 海産ワムシ類の種と株の差異およびその利用
(32)ワムシの増殖特性について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030091893
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat