暖地向き高品質ソルガム類品種の育成

暖地向き高品質ソルガム類品種の育成

課題番号2005006954
研究機関名農業・生物系特定産業技術研究機構
研究期間新規2005-2005
年度2005
研究問題九州沖縄農業研究
大課題暖地における物質循環型・高品質畜産物生産技術の開発
中課題ロールベール向きソルガム類優良自殖系統の開発及び「はえいぶき」に代わるえん麦品種の育成
小課題暖地向き高品質ソルガム類品種の育成
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目農業技術研究業務(法第13条第1項第1号から第3号までに掲げる業務及びこれらに附帯する業務をいう。以下同じ。)に係る試験及び研究並びに調査
摘要ソルガム「東山交24号」は、暖地において初期生育性、耐病性に優れ、ロ−ルベ−ル収穫体系に適することを明らかにした。また、高消化性遺伝子(bmr)を組み込んだ高消化性F1系統「九交1号」、「九交2号」及びそれらの親自殖系統「L04046」、「L04053」を選抜した。
研究分担農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター 畜産飼料作研究部 牧草育種研究室
予算区分技会交付金研究 委託・作物対応研究[ブランドニッポン]
業績(1)耐倒伏性に極めて優れる夏播き用極早生エンバク新品種「たちあかね」の育成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092205
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat