遺伝資源の長期保存・品質管理と増殖・保存技術の改善

遺伝資源の長期保存・品質管理と増殖・保存技術の改善

課題番号2005007296
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間完了2002-2005
年度2005
研究問題生物遺伝資源の収集、評価、保存・増殖、配布、情報管理
大課題該当なし
中課題遺伝資源の保存・管理と特性情報の高度化
小課題遺伝資源の長期保存・品質管理と増殖・保存技術の改善
大項目国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目試験および研究並びに調査
摘要平成17年度末で、植物約23.6万点、微生物約2.2万株、動物878点を保存するとともに、種子の再増殖等によりアクティブコレクション点数を拡充した。植物部門では、桑冬芽の超低温保存数を750点とし、イグサでは約40点の培養多芽体を作成するとともに、実用的な超低温保存法の開発を進めた。また、バレイショ、サトウキビ培養茎頂の超低温保存法の実用化試験及び開発研究を開始した。微生物部門では糸状菌・細菌・酵母の保存法の評価を行い、ほぼ100%近い生残率で保存が行われていることを再確認した。Pythium属及びPhytophthora属の計15種33菌株を液体窒素気相に5年間保存した結果、32菌株の生存が確認された。動物部門では、ニワトリについて小国、烏骨鶏の始原生殖細胞(PGC)の追加超低温保存を行うとともに、蚕精液の超低温保存法の改良を試みた。
研究分担農業生物資源研究所 ジーンバンク ジーンバンク上席2
予算区分技会交付金研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092665
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat