a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発

a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発

課題番号2006008652
研究機関名森林総合研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題ア 森林・林業・木材産業における課題の解決と新たな展開に向けた開発研究
大課題(ア)地球温暖化対策に向けた研究
中課題a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発
小課題a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するため取るべき措置
中項目(1)重点研究領域
摘要・ タワーフラックス観測の標準化に向けてアジアの情報を整備し、北方林、温帯林、熱帯林の炭素循環の違いを示した。京都議定書に対応した森林の炭素吸収量の算定・報告手法を確立し、データベースを開発した。・ 森林系炭素循環モデルとして群落・土壌・林業・木材サブモデルからなる構造の設計を行い、建築部材・家具・紙など木材利用における炭素貯蔵量の評価手法を確立した。・ 気候シナリオを用いて白神山地のブナ林分布適域が2100年にはほぼ消滅することを予測するとともにSPOT衛星データから1999〜2005年の日本全域の積雪期間データベースを構築し、植生分布への温暖化予測手法、積雪域の把握手法を向上させた。・ 違法伐採南洋材の抽出指標、森林減少の推移の数量評価手法ならびに、遺伝子付与によりポプラの環境ストレス耐性発現を実現し、荒廃地植林に向けての技術的基盤を確立した。
研究分担森林総合研究所 企画部
予算区分委託・環境研究[地球温暖化] 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 文科省[科振調費] 文科省・その他 環境省[地球環境] 環境省・その他 その他
業績(1)京都議定書報告のため国家森林資源データベースの開発
(2)Biomass of planted forests and biotic climax of shrub and grass communities in the central dry zone of Myanmar
(3)Modeling CO2 exchange over a Bornean tropical rainforest using the measured vertical and horizontal variations in leaf-level physiological parameters and leaf area densities(ボルネオ熱帯林における個葉レベルの光合成パラメータと葉面積密度の3次元測定データを用いた二酸化炭素ガス収支のモデル化)
(4)粗大有機物の分解呼吸速度の温度依存性について;温度測定深度が温度依存性評価に及ぼす影響
(5)Aboveground litter production, accumulation, decomposition, and tidal transportation of coral reef-type mangrove forest on Pohnpei Island, Federated States of Micronesia(ミクロネシア連邦のポンペイ島における珊瑚礁林の地上リッターの生成、集積、分解および潮による移動)
(6)CDM植林事業と熱帯林における生物多様性の問題
(7)High population densities of an exotic lizard, Anolis carolinensis and its possible role as a pollinator in the Ogasawara Islands(小笠原諸島における外来種グリーンアノールの高い生息密度と,花粉媒介者となる可能性)
(8)Acclimation to irradiance of leaf photosynthesis and associated nitrogen reallocation in photosynthetic apparatus in the year following thinning of a young stand of Chamaecyparis obtusa.(ヒノキ若齢林における間伐後葉の光合成光順化および窒素の光合成器官内の再分配)
(9)Biomass recovery of naturally regenerated vegetation after the 1998 forest fire in East Kalimantan, Indonesia
(10)One century of forest rehabilitation in the Phillipines: Approaches, outcomes and lessons
(11)Ochicanthon (Coleoptera, Scarabaeidae) from Borneo, with descriptions of four new species and a key to the Bornean Species(ボルネオ島のOchicanthon属(甲虫目,コガネムシ科)4新種の記載とボルネオ種の検索表
(12)Altitudinal zonation of vegetation in the Padang region, West Sumatra, Indonesia. (西スマトラパダン地域の植生の標高による区分)
(13)Biomass growth estimation of an afforestation site and natural forests in an arid land of western Australia(西オーストラリアにおける自然植生および造林地の現存量の推定
(14)Seasonal and spatial variations in leaf nitrogen content and resorption in a Quercus serrata canopy
(15)Learning lessons from China's foret rehabilitation effors: National level review and special focus on Guangdong Province.
(16)Quantitative callose determination of tree roots (樹木根のカロース定量)
(17)第2章 世界の林産物需給の将来予測
(18)Rehabilitation of mangroves in south-east Asia
(19)A comparison of damage due to logging under different forms of resource access in East Kalimantan, Indonesia.
(20)中国内蒙古自治区に生育する臭柏(Sabina vulgaris Ant.)の個体サイズにともなう光合成能力と葉の特性の変化
(21)木材の部位、保存期間、熱処理が木材からのDNA抽出効率とDNAの質に及ぼす影響
(22)High potential for increase in CO2 flux from forest soil surface due to global warming in cooler areas of Japan.(日本の冷涼地域においては、温暖化による地表面CO2フラックスの増加ポテンシャルが高い)
(23)Linking the gaps between conservation research and conservation management of rare dipterocarps: A case study of Shorea lumutensis
(24)林業政策とウッドマイルズ−研究面での取り組み
(25)葉を透かせば分かる違い-等圧葉と異圧葉-
(26)第6章林家経営論
(27)Effects of a thinning regime on stand growth in plantation forests using an architectural stand growth model
(28)Water use efficiency of the trees in arid lands -the plasticity for fluctuation of water conditions-(乾燥地植物の水利用効率)
(29)国家森林資源データベースの設計
(30)世界の森林資源と丸太生産
(31)太陽熱温水器に関する消費者選好のアンケート調査
(32)Factors influencing the floristic composition of a hill forest in West Sumatra. (西スマトラの丘陵林における植生決定の要因)
(33)山村人口の将来推計と地域特性
(34)世界の林産物需給の将来予測
(35)Effects of periodic drought on gas exchange and phyllode water status of Acacia mangium and A. auriculiformis growing on sand tailings.(乾燥がスズ廃鉱跡に生育するアカシアマンギウムとアカシアアウリカリフォルミスのガス交換と水分状態に及ぼす影響)
(36)Effects of temperature and light on germination of 12 afforested trees in South Western Australia (南西オーストラリア地域における12植栽種の発芽に対する温度と光の影響)
(37)植生指数と植生分類を組み合わせた乾燥地林分バイオマス推定手法の有効性の検討
(38)世界遺産白神山地ブナ林の気候温暖化に伴う分布適域の変化予測
(39)関東地方の森林土壌
(40)日本の森林の炭素吸収量と炭素蓄積量
(41)Changes in photosynthesis and leaf characteristics with tree height in five dipterocarp species in a tropical rain forest(熱帯林における5種のフタバガキ科樹木の樹高に伴う光合成能力の変化)
(42)WAKWAKするとき
(43)Development of tree growth simulator based on process model of photosynthesis for Eucalyptus camaldulensis in arid land.(乾燥地のユーカリの光合成プロセスモデルの開発)
(44)京都府南部広葉樹林において短期間に測定された根呼吸量の土壌呼吸量に対する寄与の評価
(45)森林資源と伐採・更新の動向
(46)Climatic Controls on Natural Forest Distribution and Predicting the Impact of Climate Warming: Especially referring to Buna (Fagus crenata) Forests
(47)Size-mass allometry and biomass allocation of two larch species growing on the continuous permafrsot region in Siberia.(シベリアの連続永久凍土分布域におけるカラマツ2種の個体サイズ−個体重アロメトリーとアロケーション)
(48)Shurub-land biomass estimation method for application to remote sensing(リモセンからの潅木現存量推定)
(49)Threatened pollination systems in native flora of the Ogasawara (Bonin) Islands(危機に瀕した小笠原の在来フロラの送粉システム)
(50)The difference in leaf morphological and photosynthetic ability of Eucalyptus camaldulensis between natral growth and planted trees in desert western Australia(ユーカリの形態的、光合成的な特徴)
(51)Vertical distributions of leaf area and inclination angle, and their relationship in a 46-year-old Chamaecyparis obtusa stand.(46年生ヒノキ林における葉面積と葉傾角の垂直分布,および両者の関係)
(52)Terrestrial Net Primary Production (NPP) Estimation Using NOAA Satellite Imagery: Inter-annual Changes between 1982 and 1999.(ノア衛星データを用いた陸域純一次生産量の推定:1982年から1999年までの経年変化)
(53)乾燥地における焼成ボーキサイトの土壌改良材としての利用
(54)わが国製材業の製品出荷における木材輸送量・距離(ウッド・マイレージ)
(55)天然林の分布を規定する気候要因と温暖化の影響予測:とくにブナ林について
(56)Chapter 4 Forest land
(57)暗赤色土
(58)革新的な森林組合活動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092758
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat