c 森林の保健・レクリエーション機能等の活用技術の開発

c 森林の保健・レクリエーション機能等の活用技術の開発

課題番号2006008656
研究機関名森林総合研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題ア 森林・林業・木材産業における課題の解決と新たな展開に向けた開発研究
大課題(イ)森林と木材による安全・安心・快適な生活環境の創出に向けた研究
中課題c 森林の保健・レクリエーション機能等の活用技術の開発
小課題c 森林の保健・レクリエーション機能等の活用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するため取るべき措置
中項目(1)重点研究領域
摘要・ 全国の森林セラピー基地候補地等における森林浴実験により、生理・心理・物理・化学指標を用い森林のセラピー効果を総合的に分析する手法を開発し有効性を検証した。生理指標においては、森林浴の歩行および座観によりストレスホルモンが低下し、心理指標においては、森林浴の歩行後に「緊張‐不安」が和らぐ一方「活気」が高まり、気分がリラックスすることを示した。物理・化学指標においては、PMVによる温熱環境では夏季の森林は都市部に較べて涼しく、快適性が高いこと、フィトンチッド濃度の日内変動では、広葉樹の主要物質であるisopreneは昼間が多く、夜間に少なくなり、針葉樹の主要物質であるα-pineneは夜間が多く、昼間に少なくなることを示した。実験生理人類学に基づく環境要素と脳活動の関係解析では、前頭前野に対する10チャンネル近赤外時間分解分光法を用いた森林風景等の視覚刺激実験の結果から、視覚刺激時の各部位における酸素化Hb(O2Hb)濃度は上昇する部位と低下する部位に分かれることを示し、生理人類学的体系化に近づける成果を得た。・ 里山のランドスケープ空間構造の解析から、里山の主要な構成樹種の分布は標高、地形、河川からの距離などの自然的要因と集落民の資源利用や所有・管理形態等の人為的要因が組み合わさって絶えず変化しており、その結果多様な植生景観が形づくられていることを明らかにした。森林体験・教育活動に関するアンケート調査の結果から、対象とする雑木林や人工林等の林種、参加者の年齢階層と活動内容、期待する教育機能の間に偏りがあることを見出し、類型化につながる基礎的情報を得た。公的セクターによる里山保全の支援のあり方を探るため、自治体などによる支援促進制度のリストを全国規模で作成しその傾向を明らかにした。国有林の里山保全事業をテストケースとして、市民を含む委員会に計画と実行、評価の作業に一定の権限を持たせることで実効ある市民参加が実現出来ることを実地検証した。
研究分担森林総合研究所 企画部
予算区分高度化事業 委託・環境研究[自然共生] 林野庁交付金 文科省[科研費] その他
業績(1)森林セラピーを活用した自然とのふれあい空間の計画
(2)生理指標を用いた森林浴の評価(1)−2)唾液中コルチゾールならびに分泌型免疫グロブリンAを指標として−
(3)管理・経営における森林GISの活用
(4)ドイツの自然公園
(5)欧文文献における『背景』と『環境定位』の関係を扱った研究の系譜と特徴
(6)ギフチョウ低密度個体群の空間構造と個体群パラメータの推定
(7)黒尊自然観察教育林の鳥類群集と樹種構成の特徴
(8)森林の多面的な機能をふまえた演習林の森林調査
(9)三内丸山遺跡の生態系史
(10)生理指標を用いた森林浴の評価(1) −1)HRV(心拍変動性)を指標として−
(11)森林環境の設計
(12)森林景観評価手法、利用者意識、森林の保健休養機能
(13)森林でGPSをもっと有効に使うために 〜高感度GPS受信機の森林内における利用可能性〜
(14)自然保護・市民参加論選著解題
(15)生態系管理、資源循環利用と森林管理
(16)東京都新宿区崇源寺・正見寺跡から出土した江戸時代の木棺の形態と樹種
(17)森林・自然と感性医学
(18)無垢の木材由来のVOCの特徴と機能性
(19)生理指標を用いた森林浴の評価(2) −1)唾液中コルチゾールならびに分泌型免疫グロブリンAを指標として−
(20)都市と里山のランドスケープ構造が森林の生物多様性に及ぼす影響評価
(21)都市近郊の緑化による環境の改善と住民参加(イギリス)
(22)Mating disruption controls the cherry tree borer, Synanthedon hector (Butler) (Lepidoptera: Sesiidae), in a steep orchard of cherry trees
(23)Microhabitat use of wood mice ranging from a reserved belt with evergreen broad-leaved trees to a coniferous plantation (常緑広葉樹保残樹帯から人工林内にかけての野ネズミの微環境利用)
(24)Effects of elevation and postharvest disturbance on the composition of vegetation established after the clear-cut harvest of conifer plantations in southern Shikoku, Japan
(25)Utilization of forest resources in the Early Jomon Period at and around the Sannai-maruyma site in Aomori Prefecture, northern Japan
(26)景観の保全と創造
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092762
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat