b 木質系資源の機能及び特性の解明

b 木質系資源の機能及び特性の解明

課題番号2006008661
研究機関名森林総合研究所
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題イ 森林生物の機能と森林生態系の動態の解明に向けた基礎研究
大課題(ア)新素材開発に向けた森林生物資源の機能解明
中課題b 木質系資源の機能及び特性の解明
小課題b 木質系資源の機能及び特性の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するため取るべき措置
中項目(1)重点研究領域
摘要・ マングマメからゴルジを調製し、蛍光標識したアラビノオリゴ糖とUDP-アラビノースを反応させたところ、重合度8〜10のアラビナンオリゴ糖が生成した。生成オリゴ糖をα-アラビノフラノシダーゼで分解すると、アラビノ二糖と三糖に分解されたので、付加したアラビノースはアラビノフラノースであることが明らかとなった。すなわち、アラビナン合成の糖供与体は、UDP-アラビノピラノースではなく、UDP-アラビノースUであることが証明でき、アラビナン生合成経路に新知見を加えた。セルロース生産菌の培地にグルコネート鉄を添加して生育させた菌を寒天培地上に展開し、低磁場下で培養するとセルロース生産菌は寒天培地上を直線的に移動した。しかし、セルロース生産菌によるセルロースファイバー増量には至らなかった。・ 成熟材部と未成熟材部それぞれの内部状態を非破壊的に明らかにするために、振動特性と電気抵抗特性を測定した。振動特性における温度変化は。未成熟材部の方が成熟材部よりも大きくなり、電気特性は、成熟材部と未成熟材部間で周波数特性に差異が現れることが明らかになった。樹幹凍結法とcryo-SEM法を用い、スギ木部の水分分布を解析した。辺材では殆どの仮道管が水で満たされているが、白線帯では早材仮道管の水が喪失した。心材では、晩材仮道管は水で満たされているが、早材仮道管は水で満たされている場合と水を喪失した場合があり、水で満たされた仮道管の割合が含水率を決定する要因であることを明らかにした。木材の乾燥工程、煮沸処理工程等で排出される廃液において、抗酸化活性の高い廃液は褐色を呈しており、総フェノール量が多いことが特徴であった。特に活性の高かった廃液では、数種類のフェノール性化合物の存在が明らかとなった。廃液の黄色ブドウ球菌や大腸菌に対する抗菌活性は総じて低いことが明らかとなった。
研究分担森林総合研究所 企画部
予算区分基礎研究推進事業 委託・総合研究[ナノテク] 林野庁交付金 文科省[科研費] その他
業績(1)The reb1-1 Mutation of Arabidopsis. Effect on the Structure and Localization of Galactose-Containing Cell Wall polysaccharides. (シロイヌナズナのreb1-1変異がガラクトースを含む細胞壁多糖類の構造と分布に及ぼす影響)
(2)The gene responsible for borate cross-linking of pectin rhamnogalacturonan-II is required for plant reproductive tissue development and fertilization. (ペクチン多糖ラムノガラクツロナンIIのホウ酸架橋に関係する遺伝子は生殖器官の発達と受精に必要である)
(3)Seasonal course of translocation, storage, and remobilization of 13C pulse-labeled photoassimilate in naturally growing Larix gmelinii saplings.
(4)エタノール及び乳酸並びにこれらの製造方法
(5)バイオマス概論、パームオイル産業からの廃棄物利用
(6)バイオ新素材
(7)トドマツ水食材の振動特性の含水率依存性
(8)トドマツ水食材の振動特性の含水率依存性
(9)Water distribution in xylem of Acacia mangium planted in Sabah, Malaysia.(マレーシアサバ州のアカシアマンギウム木部の水分分布)
(10)樹木抽出成分利用の新展開
(11)木質系の繊維状炭素材料
(12)樹皮タンニンのアンモニア処理による改質
(13)高温・低pH条件下の二酸化塩素漂白における漂白時間の延長によるAOXの削減
(14)炭素繊維 
(15)木の香り、木材からの生理活性物質・抽出成分の利用
(16)微生物機能を用いたリグニン低分子芳香族化合物からの新規ポリマー原料の生産と高機能性ポリマー開発への挑戦
(17)新用途木炭・木酢液の機能性
(18)13CO2 pulse-labeling of photoassimilates reveals carbon allocation within and between tree rings.
(19)Rhamnogalacturonan II-Borate Complex in Plant Cell Walls. (細胞壁中のラムノガラクツロナンII−ホウ素複合体)
(20)6.8音響的性質、6.9楽器用木材
(21)Characterization of the cell walls prepared from Populus alba cells grown in boron deficient medium.(ホウ素欠乏培地で生育するギンドロ培養細胞から調製した細胞壁の特性)
(22)Arabidopsis thaliana RGXT1 and RGXT2 Encode Golgi-Localized (1,3)-α-D-Xylosyltransferases Involved in the Synthesis of Pectic Rhamnogalacturonan-II. (シロイヌナズナRGXT1とRGXT2はペクチン多糖ラムノガラクツロナンII合成に関係するゴルジ局在の(1,3)-α-D-キシロース転移酵素遺伝子をコードする)
(23)Borate Cross-linked/Total Rhamnogalacturonan II Ratio in Cell Walls for the Biochemical Diaonosis of Boron Deficiency in Hydroponically Grown Pumpkin. (水耕栽培したカボチャのホウ素の欠乏状態の診断のための細胞壁中での全ラムノガラクツロナンIIに占めるホウ素架橋したラムノガラクツロナンIIの割合について)
(24)Base-catalyzed reactions of procyanidin B3: Formation of a novel catechinic acid-catechin dimer.(プロシアニジンB3のアルカリ触媒反応:新規カテキン酸-カテキン二量体の生成)
(25)Inhibition of cellulase, xylanase and β-glucosidase activities by softwood lignin preparations(針葉樹リグニンによるセルラーゼ、キシラナーゼ、β−グルコシダーゼの活性阻害)
(26)Efficient production of 2-pyrone 4,6-dicarboxylic acid as a novel polymer-based material from protocatechuate by microbial function (微生物機能によるプロトカテキュ酸からの新規ポリマー原料2-pyrone 4,6-dicarboxylic acidの効率的生産)
(27)Effect of Poly(ethylene oxide) molecular weight on the miscibility and hydrogen bonding with lignin(ポリエチレンオキシド/リグニンブレンドの相溶性と分子間水素結合に対するポリエチレンオキシドの分子量の影響)
(28)Molecular and Functional Analysis of Pectins in Intercellular Attachment by T-DNA Tagging Using a Haploid Tobacco Tissue Culture System. (T-DNAタギングによるタバコ半数対カルスを用いた細胞接着に関係するペクチンの分子生物学的解析)
(29)Reduction of AOX by prolonged ClO2 bleaching under high temperature and acidic pH conditions.(高温・低pH条件下の二酸化塩素漂白における漂白時間の延長によるAOXの削減)
(30)Identification of the Mung Bean Arabinofuranosyltranaferase That Transfers Arabinofurannosyl Residues onto (1,5)-Linked α-L-arabino-oligosaccharides.(アラビノフラノース残基を(1,5)-結合したα-L-アラビノオリゴ糖に転移するマングマメアラビノフラノース転移酵素の同定)
(31)Reduction of AOX by prolonged CLO2 bleaching under high temperature and acidic conditions(高温・酸性条件下での二酸化塩素漂白における漂白時間延長によるAOXの削減)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092767
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat