(ア)主要水産資源の変動要因の解明

(ア)主要水産資源の変動要因の解明

課題番号2006008666
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(1)水産物の安定供給確保のための研究開発
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
小課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要マイワシ等小型浮魚類については、種特異的な産卵場と産卵期を解析した。その結果、カタクチイワシがマイワシより広い海域を産卵場として利用していることを明らかにし、カタクチイワシがマイワシに比べて環境変動の影響を受けにくく、資源変動の幅も小さくなるという新たな仮説に繋がる成果が得られ、また、スルメイカについては、05年〜06年にかけて見られた冬季発生系群の加入量減少要因を調査した結果、日本海の冬季の特異的な水温変化(05年の高水温、06年の低水温)に起因することを明らかにした。また、加入後のアサリの生残・成長を日輪解析から直接明らかに出来るようになり、減耗および成長不良における地域特性の把握を可能とする等主要な水産資源の変動要因の解明が順調に進捗した。
研究分担水産総合研究センター 遠洋水産研究所 温帯性まぐろ資源部 生物特性研究室
水産総合研究センター 日本海区水産研究所 日本海海洋環境部 生物生産研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 浅海増殖部 浅海生態系研
水産総合研究センター 中央水産研究所 浅海増殖部 浅海生態系研究室
水産総合研究センター 西海区水産研究所 石垣支所 漁業資源研究室
水産総合研究センター さけますセンター さけます研究部 資源研究室
水産総合研究センター 遠洋水産研究所 外洋資源部 鯨類生態研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 資源評価部 生態特性研究室
水産総合研究センター 東北区水産研究所 八戸支所 資源生態研究室
水産総合研究センター 北海道区水産研究所 亜寒帯漁業資源部 生態系研究室
水産総合研究センター 西海区水産研究所 東シナ海漁業資源部 資源生態研究室
水産総合研究センター 遠洋水産研究所 外洋資源部 外洋いか研究室
水産総合研究センター 東北区水産研究所 混合域海洋環境部 生物環境研究室
水産総合研究センター 日本海区水産研究所 日本海漁業資源部 資源生態研究室
水産総合研究センター 東北区水産研究所 海区水産業研究部 沿岸資源研究室
水産総合研究センター 遠洋水産研究所 熱帯性まぐろ資源部 熱帯性まぐろ研究室
水産総合研究センター 遠洋水産研究所 外洋資源部 南大洋生物資源研究室
水産総合研究センター 北海道区水産研究所 亜寒帯漁業資源部 資源評価研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 資源評価部 生理特性研究室
協力分担関係富山県水産試験場
石川県水産総合センター
福井県水産試験場
鹿児島県水産技術開発センター
三重県科学技術振興センター
高知県水産試験場
宮崎県水産試験場
北大フィールド科学センター
予算区分高度化事業 委託・現場即応研究[海洋生物資源] 水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費]
業績(1)Pinger追跡によるアカイカ科イカ類の行動 - アカイカの3次元空間行動パターンと今後の課題
(2)ズワイガニ日本海系群A海域におけるABCの精度評価と改善可能性
(3)飼育下におけるサンマの産卵数の経時変化
(4)除去法を用いたスルメイカ冬季発生系群の資源評価の試み
(5)2006年度に実施したニシン調査の結果
(6)飼育サンマにおける生殖腺及び生殖関連形質の変化
(7)飼育サンマにおける生殖腺及び生殖関連形質の変化
(8)冬季の東シナ海における水温とスルメイカの成熟・疲弊の関係
(9)ハタハタ日本海西部系群の由来
(10)仙台湾におけるヒラメ浮遊期仔魚の成長
(11)東北太平洋沿岸域におけるヒラメ浮遊期仔魚の分布
(12)台湾東方海域におけるウナギ葉形仔魚の分布
(13)ヒラメの耳石輪紋形成時期の海域による差異
(14)黒潮続流域におけるレプトケファルスの分布特性
(15)Environmental conditions on the maturity progress of the female Japanese common squid Todarodes pacificus in the East China Sea in winter
(16)ミトコンドリアDNA多型による日本海産「白バイ」類の同定とその地理的分布
(17)サンゴ礁の海に暮らす魚達 −多種多様な魚類が共存するしくみ−
(18)Variation in otolith macrostructure of Japanese flounder (Paralichthys olivaceus): A method to discriminate between wild and released fish
(19)2000年代春季の若狭湾・山陰沖におけるカタクチイワシの成熟と餌料環境
(20)新潟県沖におけるガンギエイの食性
(21)新潟沖における春季ツノナシオキアミの現存量の経年変動とその予測
(22)クロマグロ仔魚の耳石輪紋による初期成長履歴と生残過程の検討
(23)日本海の水産資源と漁場利用 〜ベニズワイかご漁業の漁場利用と資源動向
(24)中西部熱帯太平洋におけるカツオのバッチ産卵数推定
(25)ロス海の東経175 度観測線0-200m 層におけるカイアシ類の分布(水産庁開洋丸第9 次南極海調査
(26)日本海におけるドブカスベの分布と食性
(27)新潟県沖におけるガンギエイの年齢と成長および成熟
(28)熱帯太平洋におけるカツオ・マグロ類稚魚の水平分布様式と海洋環境の関係
(29)南太平洋〜ロス海における深層海水の性質の長期変動―地球温暖化による可能性―
(30)南極・ロス海における亜表層過飽和メタン増大の欠如
(31)平成18年度スルメイカ冬季発生系群の資源評価
(32)東北海域におけるヒラメ新規加入量調査結果(2005年)
(33)Life cycle characteristics of the neon flying squid associated with oceanographic regime in the North Pacific.
(34)ヒメフエダイの生活史初期の生態ー新規加入様式と生息場所選択ー
(35)Visual characteristics of three species of juvenile salmonid fish stocked from the hatchery in Japan.
(36)Linkage between early ocean life and adult returns of chum salmon in the Strait of Nemuro, Japan.
(37)Long-Term changes in the stock abundance of neon flying squid, Ommastrephes bartramii, in relation to climate change, the squid fishery, and interspecies interaction in the North Pacific.
(38)レーザーアブレーションICP-MSによるアイゴSiganus fuscescensの耳石元素分析
(39)スルメイカの漁況について
(40)冬季に日本近海の亜熱帯域において表中層トロールで採集した若齢アカイカの成長
(41)Coastal migration and survival of juvenile chum salmon estimated from their maximum sustainable swimming speed.
(42)サンマ飼育魚の成長・生残
(43)スケトウダラ根室海峡
(44)ヒラメ耳石の年輪再考
(45)2005〜2006年に見られたスルメイカ冬季発生系群の再生産状況の変化
(46)平成17年スケトウダラオホーツク海南部の資源評価
(47)生理学的アプローチによるサケ資源動態の解明
(48)Overviews of juvenile salmon research in Japan from 2001 to 2005.
(49)スケトウダラ日本海北部系群
(50)スケトウダラ太平洋系群
(51)沖縄県八重山海域におけるヒメフエダイの性と再生産様式
(52)マダラ北海道
(53)太平洋沿岸域におけるサケの不漁原因
(54)サケ科魚類の視覚的特徴と回帰行動
(55)サケ資源の回帰動向分析
(56)平成17年マガレイ北海道北部系群の資源評価
(57)スケトウダラオホーツク海南部
(58)平成18年スケトウダラ太平洋系群の資源評価
(59)平成18年マダラ北海道の資源評価
(60)2005年〜2006年の太平洋スルメイカ漁況
(61)平成17年ニシン北海道・サハリン系群の資源評価
(62)耳石でわかるヒラメ稚魚の暮らしぶり
(63)ニシン北海道・サハリン系群
(64)Age characteristics of walleye pollock school echoes
(65)ブリの豊漁不漁を科学する
(66)夏期におけるサンマ摂餌生態の海域による違い
(67)太平洋スルメイカの資源状況
(68)1984〜2002 年の東北〜北海道太平洋海域の秋季流し網調査における表層性イカ類の出現,分布の特徴
(69)常磐海域から仙台湾におけるヒラメ浮遊期仔魚の分布
(70)サンゴ礁周辺海域におけるアイゴ類の生態
(71)漁期前調査におけるサンマ0歳魚のサイズ別採集効率の推定(途中経過)
(72)サイドスキャンソナーを用いたサンマトロール網の漁獲効率の推定
(73)秋田産ハタハタは隠岐海域にまで回遊する
(74)サンマ棒受網漁業のCPUEの標準化
(75)2002〜2006年の北太平洋におけるサンマの分布と資源量
(76)新潟県沖日本海におけるアカガレイの産卵生態−産卵場、産卵期中の親魚の移動および成熟状態−
(77)底生魚類への表層生物生産の貢献
(78)アサリ資源の減少要因と対策
(79)日本海中部沿岸域におけるカタクチイワシの成熟・産卵と餌環境
(80)日本海における深海性バイ類の漁獲量等について
(81)黒潮親潮移行域に分布するマアジ稚魚とスルメイカ幼体の孵化時期と輸送経路の推定
(82)Visual characteristics of three species of salmonids stocked from Japanese hatcheries.
(83)ズワイガニ -資源は回復基調-
(84)Growth estimation for juvenile chum salmon (Oncorhychus keta) on the basis otolith check.
(85)富山湾に来遊するブリの回遊ルート
(86)Total lipid content of Chum and Pink salmon in the North Pacific Ocean in winter, 2006.
(87)Does size matter most? The effect of growth history on probabilistic reaction norm for salmon maturation
(88)Growth estimation for juvenile chum salmon (Oncorhynchus keta) on the basis of otolith check.
(89)総説 イワナ(サケ科魚類)の生活史ニ型と個体群過程
(90)Total lipid contents of winter chum and pink salmon in the western North Pacific Ocean and Gulf of Alaska.
(91)秋季・春季における三陸沖のアカイカの食性と成熟段階
(92)日本におけるサケ回帰状況についての一考察
(93)Linkage between early ocean life and adult returns of chum salmon in the Strait of Nemuro, Japan.
(94)円石藻類の増殖特性
(95)Patterns of growth in the early life history of the round herring Etrumeus teres.
(96)Spawning grounds and maturation status in adult flathead flounder Hippoglossoides dubius off Niigata prefecture, the Sea of Japan
(97)Population structure of the sailfin sandfish, Arctoscopus japonicus (Trichodontidae), in the Sea of Japan
(98)Comparison of SYBR Green I and SYBR Gold stains for enumerating bacteria and viruses by epifluorescence microscopy
(99)秋期-春期における三陸沖のアカイカの食性と成熟段階
(100)Age structure of Pacific saury Cololabis saira based on observations of the hyaline zones in the otolith and length frequency distributions
(101)A review of Pacific salmon hatchery programmes on Hokkaido Island, Japan
(102)Spatial variation in the relationship between growth and maturation rate in male Japanese flounder Paralichthys olivaceus off the Pacific coast of northern Japan.
(103)Changes in brain and pituitary GnRH levels during ovarian maturation in wild female Japanese flounder
(104)Coastal current on the Eastern shelf of Hidaka bay
(105)Chapter 3. Simulated In Situ Measurements of Primary Production in Japanese Waters
(106)Distributions of particulate and dissolved organic and inorganic phosphorus in North Pacific surface waters
(107)隠岐〜能登沿岸域の海流構造に及ぼす暖水域の影響
(108)Role of Gyrodinium sp. in the fate of an iron induced mesoscale diatom bloom
(109)深海生物採集用大型桁網(Beni-Zuwai 1号)の開発
(110)Validation of ADEOS-II GLI ocean color products using in-situ observations
(111)Multiple spawning and related variations in female reproductive parameters of amphidromous type ayu.
(112)平成18年スケトウダラ根室海峡の資源評価
(113)平成18年度イカナゴ類宗谷海峡の資源評価
(114)Distribution of chaetognaths in the Japan Sea in the winter of 1997 and in the autumn of 1999
(115)Stock assessment of the autumn cohort of neon flying squid (Ommastrephes bartramii) in the North Pacific based on past large-scale high seas driftnet fishery data
(116)Enhanced expression of active recombinant alginate lyase AlyPEEC cloned from a marine bacterium Pseudoalteromonas elyakovii in Escherichia coli by calcium compounds.
(117)八重山諸島近海におけるハナフエダイの産卵期と食性
(118)PCR-RFLP genotypes associated with quinolone resistence in isolates of Flavobacterium psychrophilum.
(119)ベニズワイ雌の成熟脱皮と初産
(120)スルメイカ冬季発生群の2003年太平洋における分布・成長・加入
(121)Growth-dependent recruitment of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis in the northwestern Pacific Ocean
(122)Identification of ommastrephid squid paralarvae collected in northern Hawaiian waters and phylogenetic implications for the family Ommastrephidae using mtDNA analysis
(123)サケ科魚類の初期生活史に関する研究の現状と将来展望
(124)平成17年ソウハチ北海道北部系群の資源評価
(125)沿岸域におけるサケ幼稚魚の減耗要因を探る
(126)ソウハチ北海道北部系群
(127)平成18年度資源動向要因分析調査課題報告書(小課題:1080)
(128)平成18年スケトウダラ太平洋系群の資源評価
(129)平成18年度第2回太平洋イカ長期漁況予報
(130)2006年太平洋スルメイカ漁況(中間報告)
(131)カレイ類
(132)平成18年度北西太平洋アカイカ漁況予報
(133)大西洋におけるアナゴ類の生態レビュー
(134)北海道沖合底曳網漁業漁場別漁獲統計年報2004・2005年(平成16・17年)
(135)2006年度のスケトウダラ調査結果
(136)Distribution of jack mackerel(Trachurus japonicus) larvae and juveniles in the East China Sea, with special reference to the larval transport by the Kuroshio Current.
(137)コマイ
(138)平成18年度第1回太平洋イカ長期漁況予報
(139)スケトウダラ太平洋系群および日本海北部系群の加入量と水温の関係
(140)マダラ全域
(141)Comparison of the spectral sensitivity of three species of juvenile salmonids
(142)平成18年スケトウダラ日本海北部系群の資源評価
(143)水温変化に対応したヒラメの産卵頻度推定方法
(144)スルメイカ冬季発生系群
(145)Otolith microstructure of chum salmon Oncorhynchus keta: formation of sea entry check and daily deposition of otolith increments in seawater conditions
(146)アユ仔魚の回復不可能な飢餓日数(PNR)
(147)山形県鼠ヶ関川におけるアユの個体数変化
(148)アユ地域個体群間の生活史変異と初期生残
(149)2005,2006年に生じたスルメイカ冬季発生系群の再生産状況の変化
(150)Biological production, animal migration and ecosystem regime shifts in the Kuroshio and Oyashio Currents: Perspectives for sustainable use
(151)日本周辺のスケトウダラ4評価単位の資源動態
(152)NEMURO.FISHの改良に向けての試み
(153)海水温とスルメイカの関係
(154)マガレイ北海道北部系群
(155)スケトウダラ資源の長期変動との関係
(156)Contribution of sea ice to spring biological production and influence of sea ice to Japanese juvenile salmon in Nemuro Strait, a marginal sea of the Okhotsk Sea.
(157)Impacts of climate and climate change on the key species in the subarctic Pacific
(158)Can we explain and predict stock fluctuations of Japanese common squid, Todarodes pacificus, related to climatic regime shifts?
(159)Mechanisms of fish population dynamics to climatic forcing: Comparative study on selected stocks representing five life-history strategies in the North Pacific
(160)マイワシ・カタクチイワシ・マサバ
(161)スルメイカ資源の長期変動との関係
(162)スケトウダラ太平洋系群および日本海北部系群の資源変動について
(163)マアジ仔魚の鉛直分布と食性
(164)同一環境下で飼育された東北太平洋沿岸産ヒラメ当歳魚における成長特性の地理的変異
(165)スルメイカ再生産仮説−新しいシナリオの提案
(166)耳石輪紋間隔から評価した若狭湾と仙台湾・常磐海域におけるヒラメ浮遊期仔魚の成長の違い
(167)特別講義 水産資源調査の実際と資源量評価
(168)Seasonal variations in levels of GnRH in the brain and pituitary of the wild female Japanese flounder
(169)水温を考慮したヒラメの産卵頻度推定方法
(170)2005年北西および中央太平洋におけるサンマウオジラミの寄生状況
(171)アユ孵化仔魚の塩分耐性−湖産・海産のハイブリッドは海水に弱い
(172)東北太平洋沿岸域におけるヒラメの成長特性
(173)Differences in growth performance between northern and southern Japanese flounder, Paralichthys olivaceus, off the Pacific coast of northern Japan reared under identical conditions
(174)サンマ資源と長期変動との関係
(175)平成17年度厚岸栽培漁業センタ−におけるサンマ飼育試験の概要
(176)中層トロールとフレームネットによるサンマ漁獲サイズの比較
(177)サンマ棒受網漁業と資源
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092772
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat