(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発

(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発

課題番号2006008671
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(1)水産物の安定供給確保のための研究開発
大課題イ.水産生物の効率的・安定的な増養殖技術の開発
中課題(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発
小課題(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要放流効果の実証技術を開発するため、放流サイズ等の検討や道府県と連携した調査体制の構築を行い、瀬戸内海のサワラでは100mmサイズ放流群の1歳魚までの回収率及び経済効率を推定した。宮古湾で放流したニシンでは、北海道噴火湾までの広範囲の回遊を明らかにし、ヒラメでは人工種苗放流魚が親魚として再生産に寄与して子孫を残し、種苗放流効果が次世代まで受け継がれることを明らかにした。サケの健全な種苗の評価基準を明らかにするために、雄親魚の受精能力の変化等を調べ、また、地域特性に合わせた健苗育成・放流技術を確立するため、全国17河川で親魚の管理実態調査を実施した。日本系さけます類の遺伝的集団構造と多様性レベルを解明するため、サケ、カラフトマス及びサクラマスについて、遺伝マーカーの開発を行った。また、サケ、カラフトマス及びサクラマスの遡上親魚から耳石を採集し、母川回帰精度推定に必要なデータの収集を行うなど遺伝的多様性に配慮した資源培養技術の開発が進捗している。
研究分担水産総合研究センター 養殖研究所 生産技術部 育種研究グループ
水産総合研究センター 中央水産研究所 内水面研究部 資源生態研究室
水産総合研究センター 養殖研究所 栽培技術開発センター
水産総合研究センター 中央水産研究所 浅海増殖部 資源増殖研究室
水産総合研究センター 西海区水産研究所 石垣支所 漁業資源研究室
水産総合研究センター さけますセンター さけます研究部 技術開発室
水産総合研究センター 北海道区水産研究所 海区水産業研究部 資源培養研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 浅海増殖部
水産総合研究センター 東北区水産研究所 海区水産業研究部 資源培養研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 内水面研究部 上席研究員
水産総合研究センター さけますセンター さけます研究部 遺伝資源研究室
水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所 栽培資源部 栽培技術研究室
水産総合研究センター 栽培漁業センター 宮古栽培漁業センター
水産総合研究センター 東北区水産研究所 海区水産業研究部 沿岸資源研究室
水産総合研究センター 北海道区水産研究所 海区水産業研究部 栽培技術研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 内水面研究部 生態系保全研究室
水産総合研究センター 西海区水産研究所 石垣支所 栽培技術研究室
水産総合研究センター 日本海区水産研究所 海区水産業研究部 沿岸資源研究室
協力分担関係東京大学海洋研究所
長崎県総合水産試験場
京都大学
北海道立釧路水産試験場
三重大学
都道府県試験研究機関(岩手県、山形県、群馬県、栃木県、神奈川県、新潟県、富山県、福井県、長野県、岐阜県、和歌山県、徳島県)
予算区分高度化事業 水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費]
業績(1)遊泳脚指節切れ込み標識を用いた放流ガザミの混獲率の推定
(2)佐渡島真野湾のアマモ場で採集されたオニオコゼ幼稚魚の分布と食性
(3)放流場の環境特性に応じたヒラメ放流手法の開発
(4)アワビマイクロサテライトDNAシーケンスの登録
(5)Have reseedings contributed for the stock enhancement of abalone in Japan?
(6)アユが底生魚2種の成長に与える負の影響
(7)マイクロサテライトマーカー多型解析によるアミメノコギリガザミゾエア幼生の遺伝性
(8)エゾアワビの初期生残過程と減耗要因
(9)The optimum stocking density in relation to carrying capacity of nursery grounds for Japanese flounder
(10)新潟市のヒラメ成育場におけるオオトゲハマアミの生活環の推定
(11)Experimental study on broodstock management of barfin flounder under the concept of minimum kinship selection: a case study
(12)市販色素等による魚類受精卵の標識法
(13)水流が河川付着藻類群落の発達に及ぼす影響
(14)市販色素を用いたオニオコゼの新標識
(15)サワラ人工種苗の飢餓に伴う体成分の変化と飢餓耐性
(16)Growth pattern and seawater tolerance of precocious male sockeye salmon.
(17)北海道忍路湾の実験漁場におけるアワビ人工種苗の再生産
(18)Comparison of microbial communities in seawater between pearl oyster and fish farming areas in Gokasho Bay, Japan
(19)Current situation and the future of stock enhancement of yellowtail, Seriola quinqueradiata, in Japan
(20)Genetic analysis for reproduced contribution of released hatchery-produced abalone
(21)本州沿岸で放流されたニシンの回遊と産卵回帰
(22)微小動物プランクトン−マガキの餌料としての役割−
(23)宮古湾に放流したクロソイの回収率と天然魚の水揚げ尾数の関係
(24)Origins of juvenile chum Salmon inhabited in the North Pacific Ocean during the winter: Rapid Estimates by SNP Markers.
(25)アワビ人工種苗の再生産−大分県津久見湾と北海道忍路湾における解析事例−
(26)寒天と市販色素を用いた異体類の新標識
(27)宮古湾奥部におけるホシガレイ稚魚放流適地のケージ実験による解明
(28)サケ科魚類の遺伝学的研究に関する現状と将来展望
(29)24時間照明によるホシガレイ仔魚の摂餌誘発
(30)遊泳脚指節の形態異常を利用したガザミ類の体外標識の有効性
(31)約50年前に消えたまぼろしの春ニシンの遺伝子をとらえた
(32)放流したヒラメの見分け方って???高い精度での判別が可能になりました
(33)「酵素」を泳がせる遺伝子分析
(34)地域特産種として有望なマクブ(シロクラベラ)のブランド化に向けて
(35)物質循環における微小動物プランクトンの役割
(36)亜熱帯に於ける栽培漁業への取り組み
(37)遺伝マーカーを利用したアミメノコギリガザミの交配様式と種苗の生残の検討
(38)Stock identification of winter chum salmon by mitochondrial DNA and SNP analyses.
(39)クロソイの放流効果ー放流した稚魚がお母さんになって帰ってきていますー
(40)Stock identification of winter chum salmon by mitochondorial DNA and SNP analysis.
(41)魚体用標識剤及びそれを用いた魚体の標識方法
(42)瀬戸内海東部海域におけるサワラ種苗放流について
(43)放流したクエ人工種苗の被食と保護について
(44)マダラ資源増大への挑戦ー2〜放流した稚魚を漁獲サイズで発見〜
(45)マダラ資源増大への挑戦〜マダラ稚魚の大量放流に4年連続で成功〜
(46)サワラの世界は男女平等?
(47)魚類遺伝子配列の登録
(48)Impacts of differential consumption by the grazing fish, Plecoglossus altivelis, on the benthic algal composition in the Chikuma River, Japan
(49)クエの放流試験本格化ー福江島(長崎県五島)に稚魚1万尾を標識放流ー
(50)Undaria mitochondrial large subunit ribosomal DNAs(Phaeophyceae, Alariaceae): Structural properties and use for phylogenetic analysis
(51)Segregation and linkage analysis of 75 novel microsatellite DNA markers in pair crosses of Japanese abalone (Haliotis discus hannai) using the 5’-tailed primer method
(52)魚体用標識剤及びそれを用いた魚体の標識方法
(53)Linkage maps for the Pacific abalone (genus Haliotis) based on microsatellite DNA markers
(54)クエ受精卵に対するポビドンヨード処理の消毒効果および正常ふ化率に及ぼす影響
(55)水槽内におけるヒラメ人工種苗の被捕食
(56)Distribution of two sympatric amphidromous grazing fish Plecoglossus altivelis Temmick & Schlegel and Sicyopterus japonicus (Tanaka) along the course of a temperate river
(57)付着珪藻群落の増殖における窒素飽和濃度
(58)遺伝標識に基づくトゲノコギリガザミの放流効果の推定
(59)主要海産養殖魚に対する2-フェノキシエタノールの麻酔効果
(60)ポビドンヨードを用いたクルマエビ受精卵の消毒法
(61)Maturation and Spawning of bluefin tuna in captivity
(62)南伊豆海域に来遊したイセエビ幼生の漁獲への加入状況
(63)Effectiveness of stock enhancement of hatchery-released black rockfish Sebastes schlegeli in Yamada Bay-Evaluation by a Fish Market census
(64)市販薬剤を用いたシオミズツボワムシ複相単性生殖卵の消毒
(65)放流ヒラメ種苗の減耗要因はイシガニと魚食性魚類による捕食−佐渡島真野湾の例
(66)長野県浦野川におけるアカザの胃内容物
(67)炭酸ガス発泡剤のヒラメ稚魚に対する麻酔効果
(68)栽培漁業技術開発の最前線 II キジハタ増殖魚礁の開発と漁港への応用
(69)Genetic population evalution of two closely related flatfish species, the rare barfin flounder and spotted halibut, along the Japanese cast
(70)Genetic stock identification of chum salmon in the Bering Sea and North Pacific Ocean using mitochondrial DNA microarray
(71)水温がクロソイSebastes schlegeliの成長と成熟に与える影響
(72)Differences in host selection of actinosporeans of two myxosporeans Myxobolus arcticus and Thelohanellus hovorkai.
(73)栽培漁業技術開発の最前線 II 瀬戸内海東部海域におけるサワラの種苗放流への取り組み
(74)栽培漁業技術開発の最前線-II放流効果の調査手法と標識技術
(75)日本産淡水魚類の分布域形成史:系統地理的アプローチとその展望
(76)ガザミ幼生の形態に及ぼす飼育水へのn-3高度不飽和脂肪酸含有淡水クロレラ添加の影響
(77)トラフグ人工種苗と天然種苗の食害による減耗の比較とその要因の検討
(78)南伊豆海域におけるイセエビのプエルルス採集量の変化と黒潮流路との関係
(79)トラフグ放流効果調査におけるイラストマー標識の適用
(80)天然プランクトンを利用した海上網生簀によるマダラ Gadus macrocephalus仔稚魚の飼育(短報)
(81)トラフグの長期飼育試験から推定したイラストマー標識の脱落率とその補正法
(82)模擬放流試験に用いる素堀池の環境-III−池内に設置した人工海藻上に出現した葉上生物−
(83)トラフグ人工種苗の食害:メソコスムでの放流実験による検討
(84)資源計画のためのシミュレーションモデル:瀬戸内海東部海域のサワラを例として
(85)2006年冬季北西太平洋とアラスカ湾におけるサケの分布とその地理的起源
(86)放流海域に回帰したサワラ人工1歳魚の性比と成熟状況
(87)The contribution of stocked mud crabs Scylla paramamosain to commercial catches in Japan, estimated using a genetic stock identification technique
(88)ヒラメの無眼側黒化部位は放流後どのように変化するのか?〜漁獲加入した放流魚からの解析〜
(89)異なるサイズで放流したサワラ人工種苗の資源添加効率の比較
(90)母川回帰途上のシロザケが示す浸透圧調節機能の変化と水温の関係
(91)瀬戸内海東部海域におけるサワラの種苗放流効果
(92)市販色素を用いた異体類の新標識
(93)ヒラメの無眼側黒化部位は放流後どのように変化するのか?〜漁獲加入した放流魚からの解析〜
(94)沖縄県鳩間島におけるヤシガニ(Birgus latro)の生息調査
(95)採算のとれるアワビ養殖へ
(96)Molecular systematics of the order Cypriniformes based on a large DNA sequence data set composed of nuclear and mitochondrial genes
(97)トラフグの栽培漁業技術研修
(98)オホーツク海におけるサケ幼魚の分布と資源量
(99)ゲノム情報を利用した養殖用アワビ品種作出に向け大きく前進−アワビのゲノム連鎖地図を作成−
(100)ガザミ(ワタリガニ)の放流調査が一歩前進 !! 
(101)ヒラメParalichthys olivaceus の集団構造
(102)Higher-level relationships of the Cypriniformes (Actinopterygii: Ostariophysi): A new perspective based on >100 whole mitochondrial genome sequences
(103)ホシガレイの卵母細胞の最終成熟過程と排卵周期
(104)Reversible pathways in polyploid evolution in vertebrates
(105)A phylogenetic perspective on the diversity of Earth's most diverse freshwater fish group
(106)凍結保存精子を用いたマツカワの人工授精
(107)遺伝的多様性の意味と評価の方法
(108)Carrying capacity of nursery grounds for Japanese flounder in relation to stocking densities
(109)Genetic stock identification of juvenile chum salmon caught in the Okhotsk Sea during the fall of 2003.
(110)シロクラベラ稚魚の耳石日周輪解析
(111)栽培漁業における遺伝的多様性に配慮した採卵技術の取り組みについて
(112)How do we recover abalone resources successfully by reseedings?
(113)Genetic stock identification of chum salmon in the summer Bering Sea 2004.
(114)酸性水の流入が河川付着藻類群落の初期発達に及ぼす影響
(115)エゾアワビの初期生残過程と減耗要因
(116)Factors affecting recruitment fluctuations of abalone - assessment of the stock management and enhancement activities in the last 30 years in Japan
(117)ベーリング海と周辺海域に生息するサケの起源と分布
(118)Mark-release-recapture experiments of kuruma prawn by using microsatellites and mitochondrial DNA markers
(119)DNA分析により推定した日本海中部における放流ヒラメの移動および再生産への貢献
(120)宮古湾奥部におけるホシガレイ稚魚放流適地のケージ実験による解明
(121)Assessment for stocking impact of exogenous hatchery populations of Pacific abalone
(122)マイクロサテライトDNA分析で明らかにされたクロアワビ地域集団の存在
(123)鳩間島におけるヤシガニBirgus latroの放卵行動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092777
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat