(エ)病害防除技術の開発

(エ)病害防除技術の開発

課題番号2006008673
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(1)水産物の安定供給確保のための研究開発
大課題イ.水産生物の効率的・安定的な増養殖技術の開発
中課題(エ)病害防除技術の開発
小課題(エ)病害防除技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要コイの春ウイルス血症(SVC)の診断のためにSVCウイルスに対する抗血清を作製し、アジア株・欧州株ともに反応する感度の高い間接蛍光抗体法を確立した。コイヘルペスウイルス(KHV)病の診断・防疫技術の開発については、活性のあるウィルスの存在を確認するためのmRNAのみを検出するRT-PCR(逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応法)の開発、KHVの培養に効率のよい自前の培養細胞株の作製など、今後の新たな防疫対策に貢献する成果を挙げた。マイクロアレイを使った魚介類疾病の迅速同定・診断、防除技術の開発では実用化を目標として進めてきたが、病原細菌検出用チップについては実証試験が繰り返されて改良が加えられ、特許の出願も行なった。また、病原ウイルス検出用チップも実用化段階にある。アユ冷水病ワクチンを製造する株及び野外株について、生化学的性状等を明らかにするなど病害防除技術の開発が進捗している
研究分担水産総合研究センター 養殖研究所 病害防除部 健康管理研究グループ
水産総合研究センター 養殖研究所 魚病診断・研修センター 魚病診断研究グループ
水産総合研究センター 養殖研究所 病害防除部 種苗期疾病研究グループ
水産総合研究センター 養殖研究所 病害防除部 病原体制御研究グループ
水産総合研究センター 養殖研究所 病害防除部
水産総合研究センター 養殖研究所 札幌魚病診断・研修センター
予算区分高度化事業 水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費]
業績(1)アコヤガイ赤変病病貝血リンパ病原体分画由来増幅DNAの解析
(2)皮膚の病変を示すヒラメのExophiala症と炎症反応について
(3)改良プライマー法によるkHVの高感度迅速検出
(4)Assembly and egress of koi herpesvirus observed with eloctromicroscopy
(5)コイヘルペスウイルス病最新事情
(6)さけます増殖事業における病害防除の現状と課題
(7)Epidemiological surveillance and prevention of viral nervous necrosis in red tilefish Branchiostegus japonicus
(8)研究
(9)TNF induces the growth of thymocytes in rainbow trout
(10)White spot syndrome virus (WSSV)のrVP28およびrVP28を用いた経口ワクチン効果について
(11)Molecular cloning and characterization of cd4 in ginbuna crucian carp
(12)魚病対策におけるタイムラグ
(13)アユ冷水病ワクチン開発の現状と今日的課題
(14)初期発生におけるゼブラフィッシュMIF (macrophage migration inhibitory factor)遺伝子の機能
(15)安定形質転換した昆虫細胞からの組み換えIL-12の産生
(16)Detection of betanodaviruses in wild marine fishes from the coasts of Japan and East China Sea
(17)Cell-mediated immune reactions after dna-vaccination of rainbow trout Oncorhynchus mykiss against vhsv
(18)Isolation of side population cells from ginbuna carp (Carassius auratus langsdorfii) kidney hematopoietic tissues
(19)クルマエビの大量死亡時に分離された黒色色素産生Vibrio sp.
(20)遠心分画法によるアコヤガイ赤変病病原因体の粗精製の試み
(21)Epidemiological surveillance and prevention of viral nervous necrosis in red tilefish, Branchiostegus japonicus
(22)Viral nervous necrosis (VNN) as a critical infectious disease of orange-spotted grouper, Epinephelus coioides, in the Philippines
(23)アロ抗原により感作したギンブナにおけるCD8+Tリンパ球の増加
(24)A third broad teleost mhc class I lineage which is linked with class II and used retrotransposition as means of multiplication
(25)ギンブナT cell receptor γ鎖遺伝子のcDNAクローニング及び発現解析
(26)卵膜軟化症
(27)マツカワの種苗生産現場における疾病対策に関する研究
(28)ギンブナ interferon-γ遺伝子におけるアイソタイプの構造及び発現解析
(29)ゼブラフィッシュの初期発生におけるMIF (macrophage migration inhibitory factor) 遺伝子の役割
(30)ヒラメ末梢血白血球に対して作製したモノクローナル抗体の仔稚魚期白血球への反応性
(31)東シナ海で採取されたマアジ仔稚魚のベータノダウイルス保有状況
(32)Protective effect of simultaneous inoculations of inactivated betanodavirus and live aquabirnavirus against viral vervous necrosis in sevenband grouper
(33)インドネシアで認められたキハダ受精卵およびふ化仔魚の原虫症
(34)Infection by a protozoan endoparasite of the genus Ichthyodinium in embryos and yolk-sac larvae of yellowfin tuna Thunnus albacares
(35)Detection of betanodaviruses in wild marine fishes from the coasts of Japan and Ease China sea
(36)VHSV感染抵抗性を指標としたヒラメにおける獲得免疫系の成熟時期の推定
(37)Effect of elevating temperatures of rearing water on survival of humpback grouper Cromileptes altivelis fingerlings from experimental infection with betanodavirus
(38)Genetic variablity of betanodaviruses and its application to epidemiological study
(39)水産育種研究会総会・研究会に参加して(水産研究のフロントから)
(40)サケ親魚におけるせっそう病原因菌 Aeromonas salmonicida 保有状況調査への CBB 培地使用の有効性の検討
(41)ギンブナIFN-γアイソタイプの細胞性免疫への関与
(42)サケ科魚類を守る取り組み−サケ科魚類の特定疾病−
(43)Peptidyl-prolyl cis-trans isomerase C遺伝子を標的としたPCRによるFlavobacterium psychrophilumの判別と遺伝子型
(44)Strategies for the control of viral nervous necrosis (VNN) in Japan
(45)Polymorphism of two very similar MHC class lb loci in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss)
(46)Protective effect of simultaneous inoculations of inactivated betanodavirus and live aquabirnavirus against viral nervous necrosis in sevenband grouper
(47)Rapid discrimination of fish pathogenic Vibrio and Photobacterium species by Oligonucleotide DNA array
(48)Cell-mediated cytotoxicity in rainbow trout Oncorhynchus mykiss infected with vhsv
(49)レッドマウス病原因菌の簡易迅速検出法について
(50)固形炭酸ガス発泡剤を用いる魚類の麻酔方法
(51)Characteristics and pathogenicity of brown pigment-producing Vibrio anguillarum isolated from Japanese flounder
(52)Molecular cloning and expression analysis of T-box expressed in T cells (T-BET) in ginbuna crucian carp Carassius auratus langsdorfii
(53)ゼブラフィッシュMIF遺伝子の初期発生における発現動態および機能解析
(54)海産魚介類の種苗生産現場における「機能水」を用いた飼育器具の消毒法
(55)ギンブナGATA3遺伝子のcDNAクローニング及び発現解析
(56)コイヘルペスウイルス(KHV)mRNA検出のためのRT-PCR法の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092779
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat