(イ)内水面生態系の保全・修復技術の開発

(イ)内水面生態系の保全・修復技術の開発

課題番号2006008675
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(1)水産物の安定供給確保のための研究開発
大課題ウ.水産生物の生育環境の管理・保全技術の開発
中課題(イ)内水面生態系の保全・修復技術の開発
小課題(イ)内水面生態系の保全・修復技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要内水面生態系の保全・修復技術の開発研究を進める上での指針とするため、ダムや堰堤の建設によって生じる人為的インパクトをリストアップし、想定される漁場環境や水産資源等生態系変動との因果関係を整理してフローチャートを作製した。また、フナ類の繁殖周期短縮を助長する環境条件を明らかにし、短期間に複数世代を交代させる実験系を作成した。中禅寺湖におけるヒメマス放流量、漁獲量、回帰量、漁業実績等のデータ等をもとに、回帰親魚尾数の年変動を解析した。北海道豊平川のサケ個体群について産卵床の時空間変動を把握した。
研究分担水産総合研究センター 中央水産研究所 内水面研究部 資源生態研究室
水産総合研究センター さけますセンター さけます研究部 環境・生態研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 内水面研究部 生態系保全研究室
協力分担関係長崎県水産試験場
京都大学生態学研究センター
富山県水産試験場
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費] 環境省[地球環境]
業績(1)「河川工作物による漁場環境変化」について
(2)イワナをもっと増やしたい!25−人工産卵場の造成について、もう一度考える2
(3)渓流魚の人工産卵場の効果的な活用方法
(4)絶滅リスク:推定法から保護区・禁漁区のデザインまで
(5)イワナをもっと増やしたい!26−人工産卵場の造成について、もう一度考える3
(6)水田水域の魚類を増やしたり、守るためにはどうすれば良いか?
(7)在来淡水魚の生息地ネットワーク:湖沼-河川-水田の系に着目して
(8)イワナ、ヤマメの離乳食
(9)サケ産卵床における礫組成と仔魚の生残率
(10)「河川工作物による漁場環境変化」について
(11)渓流魚の人工産卵場の手作業による造成費用
(12)諏訪湖のオオクチバスとブルーギルの分布
(13)諏訪湖フナ個体群の動態と生活史:生息地間のネットワークに着目して
(14)諏訪湖における魚類群集動態
(15)エンクロージャー実験に基づくイワナ養殖魚と天然魚の競争関係
(16)超音波発信器を用いたサクラマス親魚遡上行動の追跡
(17)北日本の貧栄養湖における在来種アメマスと外来サケ科魚類の餌ニッチ
(18)外来種ブラウントラウトとサクラマスにおける河川生活期の餌ニッチ
(19)渓流魚の人工産卵場の効果的な活用方法
(20)コード化ピンガーによるサクラマススモルト降下行動の追跡
(21)イワナをもっと増やしたい!24−人工産卵場の造成について、もう一度考える1
(22)耳石温度標識によるサクラマス野生魚と放流魚の識別
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092781
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat