(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化

(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化

課題番号2006008676
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(1)水産物の安定供給確保のための研究開発
大課題ウ.水産生物の生育環境の管理・保全技術の開発
中課題(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化
小課題(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要この中課題では、大型クラゲや有毒プランクトンなど有害生物等あるいは外来生物への対応を高度化することを目的としており、外来生物が生態系に与える影響評価について、サケ科の外来魚類や遺伝子組み換え魚類導入時に行うリスク評価マニュアルの作成等に取り組んだ。大型クラゲについては、発生予測モデルを改良すると共に、漁具防除技術について漁業者が活用し易い技術開発に努めた。新奇有毒プランクトンのギムノディニウム・カテナータムの発生機構解明、貝毒原因プランクトンの迅速・簡便な同定・定量技術開発、国際的に注目されているコクロディニウム赤潮原因藻の生理・生態的特性の解明等を行った。また、下痢性貝毒原因プランクトンの培養に着手するとともに、複数存在する下痢性貝毒の一斉分析条件を検討した。
研究分担水産総合研究センター 養殖研究所 生産技術部 育種研究グループ
水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所 生産環境部 環境動態研究室
水産総合研究センター 日本海区水産研究所 日本海海洋環境部 生物生産研究室
水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所 赤潮環境部 赤潮制御研究室
水産総合研究センター さけますセンター さけます研究部 環境・生態研究室
水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所 赤潮環境部 有毒プランクトン研究室
水産総合研究センター 日本海区水産研究所 日本海海洋環境部 海洋動態研究室
水産総合研究センター 水産工学研究所 漁業生産工学部 漁法研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 水産遺伝子解析センター
水産総合研究センター 日本海区水産研究所 日本海海洋環境部
水産総合研究センター 養殖研究所 生産システム部 増養殖システム研究グループ
水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所 赤潮環境部
水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所 赤潮環境部 赤潮生物研究室
水産総合研究センター 東北区水産研究所 海区水産業研究部 海区産業研究室
水産総合研究センター 本部 業務企画部
協力分担関係熊本県水産研究センター
鹿児島県水産技術開発センター
京都大学
水産大学校
国立遺伝学研究所
北海道大学
岐阜経済大学
琉球大学
香川県赤潮研究所
福井県水産試験場
予算区分高度化事業 委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保] 委託・バイテク先端技術[アグリバイオ] 水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費] 文科省[科振調費] 環境省[地球環境]
業績(1)赤潮の発生件数 ほか
(2)Development of microsatellite markers in the noxious red tide-causing algae Heterosigma akashiwo (Raphidophyceae).
(3)LC-MS/MS analysis of lipophilic toxins in Japanese Dinophysis species
(4)アコヤガイ貝類の系統と種判別に関する研究/水産育種研究会平成18年度研究会
(5)大型クラゲ洋上駆除技術の開発
(6)冬季の東部瀬戸内海における残差流と栄養塩環境
(7)漁業者を対象とした大型クラゲ対策に関する講習会
(8)シアノファージMa-LMM01のゲノムにコードされた2つの溶菌酵素遺伝子の大腸菌による発現
(9)大型クラゲの洋上駆除について
(10)柔軟な構造を持つ大型クラゲ混獲防除用 グリッドセパレータの開発
(11)Chattonella antiquaおよびChattonella marinaの形態比較
(12)渦鞭毛藻Dinophysis rotundataの無殻繊毛虫Strombilidinium sp.に対する捕食行動の観察
(13)Possible use of natural viruses for eliminating harmful algal blooms.
(14)ヘテロカプサ感染性ウイルスHcRNAVの生理・生態学的性状について
(15)HAB occurrence and eutrophication in the Seto Inland Sea, Japan
(16)下痢性貝毒原因種 Dinophysis acuminata の室内培養条件の検討
(17)Different seeding strategies within hamful algal bloom (HAB)-causing dinoflagellates and diatoms.
(18)Development of microsatellite markers in the toxic dinoflagellate Alexandrium minutum (Dinophyceae).
(19)岩手県沿岸における海水懸濁物,二枚貝等の下痢性貝毒 (DSP)に関連する脂溶性毒の挙動について
(20)Yessotoxin analogues in several strains of Protoceratium reticulatum in Japan determined by liquid chromatography?hybrid triple quadrupole/linear ion trap mass spectrometry
(21)広島湾の海底泥中から見出された有害赤潮ラフィド藻Chattonella ovataのシストについて 
(22)CTDデータ同化による中規模渦の再現性
(23)Genomic and phylogenetic analysis of a single-stranded RNA virus infecting Rhizosolenia setigera (Stramenopiles, Bacillariophyceae).
(24)Application of real-time PCR assay to detection and quantification of Alexandrium tamarense and Alexandrium catenella cysta from marine sediments
(25)魚を殺す有害赤潮プランクトンの発生メカニズムと対策
(26)オセルス眼をもつ渦鞭毛藻の遺伝子プロファイリングとレンズ眼の進化的起源
(27)Direct monitoring on the paralytic shellfish toxins (PSTs) in natural suspended matter by ELISA method and forcast of the shellfish poisoning in scallop Chlamys nobilis
(28)赤潮原因珪藻キートケロス属に特異的に感染して増殖・溶藻しうるウィルス、該ウィルスを利用するキートケロス赤潮防除方法およびキートケロス赤潮防除剤、並びに該ウィルスの単離方法、継代培養方法、および保存方法
(29)Intracellular phosphorus regulates alkaline phosphatase activity of Karenia mikimotoi (Dinophyceae) and Skeletonema costatum (Bacillariophyceae)
(30)音響カメラで撮影したエチゼンクラゲ
(31)Genetic structure of the crown-of-thorns starfish, Acanthaster planci (L.), throughout the Ryusyu Islands and Southern part of the mainlands of Japan
(32)大型クラゲの成体の生理・生態学的特性
(33)表中層トロール網に装着した水中ビデオカメラによるエチゼンクラゲの分布調査法
(34)A forecasting system of RIAM for the Japan/East Sea
(35)大型クラゲの出現傾向について
(36)Four diatom-infecting viruses.
(37)水研センターによる大型クラゲ研究の成果
(38)Numerical modeling on the migration of the giant jellyfish Nemopilema nomurai in the Japan Sea
(39)Microsatellite markers reveal population genetic structure in the noxious red tide-causing algae Heterosigma akashiwo (Raphidophyceae) in Japanese coastal waters
(40)2006年における大型クラゲ分布の特徴
(41)2006年における大型クラゲの分布シミュレーション
(42)日本海における大型クラゲの分布と回遊
(43)日本海における大型クラゲの分布と回遊予測
(44)日本海における大型クラゲの回遊予測
(45)The ocean is a treasury of unknown viruses.
(46)Possible use of natural viruses for eliminating harmful algal blooms.
(47)福井県大型クラゲ対策連絡会議
(48)海産菌様原生生物ラビリンチュラに感染するウイルスの分子生態学的特性
(49)Flow cytometric detection and enumeration of DNA and RNA viruses infecting marine eukaryotic microalgae.
(50)Life cycle of Pyrodinium bahamense var. compressum (Dinophyceae) in culture.
(51)How to prepare virus samples for TEM observation.
(52)赤潮原因珪藻リゾソレニア属に特異的に感染して増殖・溶藻しうるウィルス、該ウィルスを利用するリゾソレニア赤潮防除方法およびリゾソレニア赤潮防除剤、並びに該ウィルスの単離方法、継代培養方法、および保存方法
(53)Effect of light on cyst germination of toxic dinoflagellate Gymnodinium catenatum (Dinophyceae)
(54)Development of a mid-water trawl net for extermination of the giant jellyfish Nemopilema nomurai off the seashore
(55)表中層トロール網によるエチゼンクラゲの洋上駆除
(56)2003年に来遊した大型クラゲによる漁業被害と漁業被害軽減のための取り組みについて
(57)日本沿岸域に分布する有害赤潮藻Heterosigma akashiwoの個体群構造の解析
(58)有毒渦鞭毛藻Gymnodinium catenatumのシストはどのような環境で発芽するのか −水温・光・溶存酸素の影響− [予定]
(59)外来魚研究会の活動と今後の駆除研究
(60)アコヤガイのIGS領域に見られたテロメア様配列とその変異性を利用したDNAマーカーの開発/日本DNA多型学会第15回学術集会
(61)Specific-detection of alkaline phosphatase activity in individual species of marine phytoplankton
(62)大型クラゲ成体の成長速度
(63)Ecophysiology of HAB species with special emphasis on the novel red tide flagellates in Japanese coastal waters
(64)The dynamics of viruses infecting marine eukaryotic decomposer thraustochytrids.
(65)有害赤潮ラフィド藻Chattonella ovataの窒素およびリン利用特性と増殖動力学 
(66)麻痺性貝毒発生海域におけるイシガニの毒化
(67)既往知見の蓄積に伴うプランクトン感染性ウイルス単離技術の改良
(68)The ocean is a treasury of unknown viruses with unknown functions.
(69)Genetic differentiation and phenotypic characteristics of geographically separated populations of the Alexandrium tamarense North American ribotype
(70)珪藻感染性ウイルス研究の現状と今後の展望
(71)有毒渦鞭毛藻Gymnodinium catenatumシストの発芽に及ぼす光の影響
(72)我が国における貝毒発生の歴史的経過と水産業への影響
(73)海産赤潮珪藻Chaetoceros debileに感染する新奇一本鎖DNAウイルス(CdDNAV)の基本性状
(74)渦鞭毛藻におけるウイルス感染応答の多様性
(75)マイクロサテライトマーカーによる日本国内のオニヒトデ集団解析
(76)Concurrent PSP toxin accumulation in the swimming crab Charybdis japonica and mussel Mytilus galloprovincialis
(77)アオコ原因藍藻感染性ファージの生理、生態、および遺伝学的性状
(78)Source of surprises ?Algal viruses and their relatives.
(79)ELFによる赤潮原因プランクトン個体群のアルカリフォスファターゼ活性の特異的検出
(80)培養条件下における有毒渦鞭毛藻Pyrodinium bahamense var. compressumのシスト形成と発芽
(81)Dinoflagellate-infecting viruses.
(82)Remarkable difference in accumulation of paralytic shellfish poisoning toxins among bivalve species exposed to Pyrodinium bahamense var. compressum bloom in Masinloc bay, Philippines.
(83)Annual occurrences of motile cells of fish-killing dinoflagellateCochlodiniumpolykrikoidesand ecological features during the course of bloom developmentin Inokushi Bay, Kyushu Island.
(84)Simple, rapid, specific and cost effective method for identifying Alexandrium tamarense and A. catenella using ‘LAMP’ method
(85)ヘテロカプサ サーキュラリスカーマのワムシに対する毒性発現因子
(86)有明海の海底泥中では珪藻類の休眠期細胞密度と優占種はダイナミックに変動する
(87)Rapid detection of toxic Alexandrium species by Loop-mediated isothermal amplification, a new DNA amplification method
(88)クラゲの発生状況について
(89)ヘテロカプサ感染性ウイルスHcRNAVの遺伝学的性状について
(90)Search for the evolutionary origin of protozoan lens-eye
(91)A novel method for analyzing infection mechanism of algal viruses: viral RNA transfection using gene gun.
(92)The evolutionary perspectives of cnidarian nematocyte
(93)新規有害ラフィド藻Chattonella ovataの増殖特性と生活史
(94)Development of microsatellite markers in the harmful dinoflagellate Cochlodinium polykrikoides (Dinophyceae)
(95)リアルタイムPCR法を用いたMicrocystis aeruginosaに感染するファージの定量的検出
(96)有害渦鞭毛藻Heterocapsa circularisquamaのマイクロサテライトマーカーの開発とその特徴
(97)LAMP法による迅速かつ簡便なAlexandrium属数種の同定とその応用
(98)植物プランクトンの細胞密度および種組成の長期変動から見た播磨灘30年の変遷
(99)有害ラフィド藻Heterosigma akashiwoのマイクロサテライト多型による個体群構造解析
(100)有害渦鞭毛藻 Cochlodinium polykrikoides のマイクロサテライトマーカーの開発とその特徴
(101)Population genetic structures in the noxious red tide-causing algae Heterosigma akashiwo (Raphidophyceae) in Japanese coastal waters revealed by microsatellites
(102)Alexandrium属の分布拡大
(103)ELISA法を用いた海水懸濁物中の麻痺性貝毒定量による養殖ヒオウギガイ毒化の推定
(104)有害ラフィド藻Heterosigma akashiwoのマイクロサテライトマーカーの開発とその特徴
(105)Host-range constrolling mechanism of a dinoflagellate-infecting virus.
(106)ヘテロシグマ感染性ウイルスHaVの生理・生態・遺伝学的性状について
(107)海産ケイ藻類に感染するDNAウイルスおよびRNAウイルス
(108)日本及び韓国沿岸域における有害・有毒プランクトンの個体群構造の解明とそのグローバル化に及ぼす自然・人為的要因の影響について
(109)日本沿岸域における有害・有毒プランクトンの個体群構造の解明とそのグローバル化に及ぼす人間活動の影響について
(110)瀬戸内海の赤潮発生機構と環境変動
(111)Effects of partial fin clipping as a marking technique on the growth of four freshwater fish
(112)北海道産ホタテガイPatinopecten yessoensis の下痢性貝毒組成の解明およびLC/MSとマウス毒性試験により測定した毒力の比較
(113)珪藻学とウイルス学の新しい出会い
(114)Microcystis aeruginosa感染性シアノファージMa-LMM01のゲノム解析2 感染過程におけるファージ遺伝子の発現動態
(115)Viral impact on the population dynamics of HABs.
(116)Viruses in benthic sediments affect bivalve-killing algal bloom dynamics.
(117)Ecology of eukaryotic decomposer thraustochytrids in near shore environments.
(118)培養条件下における有毒渦鞭毛藻Pyrodinium bahamense var. compressumの生活史
(119)How to prepare virus samples for TEM observation.
(120)無殻渦鞭毛藻Cochlodinium polykrikoidesのITS領域にみられる反復配列について [予定]
(121)有毒アオコ原因藍藻に感染するシアノファージのゲノム解析
(122)自然遊泳状態におけるエチゼンクラゲの音響反射強度の測定
(123)DNAマーカーによる外国産アコヤガイ類の判別,/平成18年度日本水産学会大会
(124)ウイルスとプランクトンの生態学的相互関係
(125)平成18年度大型クラゲに関する連絡会議(新潟県主催)
(126)新型ポリマーカラムの貝毒分析への応用例
(127)海産真核性分解者ヤブレツボカビ類感染性ウイルスの動態
(128)Development of microsatellite markers in the harmful dinoflagellate Cochlodinum polykrikoides (Dinophyceae)
(129)大型クラゲの洋上駆除技術の開発
(130)分子系統学的解析を用いたラフィド藻Chattonella globosaの分類学的再評価
(131)貝毒の精密分析法の開発及び二枚貝の毒化機構に関する研究
(132)カキ養殖場における餌料プランクトン環境(石巻湾の枝湾、荻浜湾海域を中心に)
(133)水産育種研究会総会・研究会に参加して(水産研究のフロントから)
(134)Feeding of the tintinnid ciliate Favella taraikaensis on the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense and the fate of prey toxins
(135)渦鞭毛藻Prorocentrum dentatum及びP. triestinumの発生環境と水温に対する増殖応答
(136)Chattonella globosaはDictyocha属だった!-C. globosa・Dictyocha属の分子系統学的研究-
(137)研究
(138)Testing the hypothesis of Temperate Asia origin of Alexandrium catenella in Thau lagoon (NW Mediterranean) using microsatellite markers
(139)Harmful blooms of Cochlodinium polykrikoides in the southwestern Sea of Japan (Sanin coastal waters)
(140)Isolation and characterization of new host-virus systems.
(141)Isolation and characterisation of viruses infecting marine eukaryotic microalgae.
(142)Lipophilic toxin profiles of scallops, Patinopecten yessoensis, and mussels, Mytilus galloprovincialis and Mytilus coruscus, collected in variousu production areas in Japan
(143)アコヤガイとベニコチョウガイの判別手法の開発
(144)Genetic structurre and gene flow of populations in several harmful algal bloom species in Japanese coastal waters revealed by microsatellites
(145)大型クラゲによる漁業被害を軽減するための対策技術の現状
(146)大型クラゲの遊泳深度について
(147)大型クラゲ漁業被害軽減対策技術
(148)Intraspecies host specificity of a single-stranded RNA virus infecting a marine photosynthetic protist is determined at the early steps of infection.
(149)国内外におけるオニヒトデ大量発生集団のマイクロサテライト解析
(150)ウグイによるブルーギル卵の捕食効果についての実験的解析
(151)日本国内のオニヒトデ個体群は遺伝的に混ざっているか?
(152)アコヤガイ属貝類の系統と種判別に関する研究−分子遺伝学的手法の導入と応用
(153)三方湖表層水のウイルスサイズ画分に認められた糸状性ラン藻溶菌活性
(154)植物プランクトンにみられるウイルス-宿主間の相互作用
(155)有毒渦鞭毛藻Alexandrium catenellaの栄養細胞及びシストで生産されるタンパク質のプロテオーム解析による比較
(156)Horizontal distribution of Thetys vagina Tilesius (Tunicata, Thaliacea) in the Japan Sea during spring 2004
(157)定期フェリーを用いた対馬海峡における大型クラゲの分布調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092782
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat