(エ)安全・安心な水産物供給技術の開発

(エ)安全・安心な水産物供給技術の開発

課題番号2006008681
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(2)水産業の健全な発展と安全・安心な水産物供給のための研究開発
大課題該当なし
中課題(エ)安全・安心な水産物供給技術の開発
小課題(エ)安全・安心な水産物供給技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要安心で安全な水産物供給技術を開発するため、ノリの原産地判別技術開発に取り組み、微量金属成分の解析によりノリの産地間の違いあるいは外国産の特徴を測定できる可能性が示唆されるデータを得た。また、非破壊法による魚介類の凍結履歴検出技術開発に取り組み、魚介類の鮮度低下に伴い近赤外領域から可視光領域も含めた波長範囲でのスペクトル変化が起きることを確認した。さらに、貝毒の一次スクリーニング検査に利用できる簡易測定キットの測定マニュアル・利用指針を完成するなど、計画通り進捗した。
研究分担水産総合研究センター 中央水産研究所 利用加工部 食品安全研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 浅海増殖部 浅海生態系研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 利用加工部 品質管理研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 利用加工部 素材開発研究室
水産総合研究センター 養殖研究所 病害防除部 種苗期疾病研究グループ
水産総合研究センター 中央水産研究所 利用加工部 食品バイオテクノロジー研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 水産遺伝子解析センター
水産総合研究センター 東北区水産研究所 海区水産業研究部 資源培養研究室
水産総合研究センター 東北区水産研究所 海区水産業研究部 海区産業研究室
水産総合研究センター 養殖研究所 病害防除部
協力分担関係東京大学
農林水産消費技術センター
東京農工大学
千葉大学
(社)日本食品分析センター
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[食品機能性] 水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費]
業績(1)近赤外分光分析法によるホタテ貝貝柱のグリコーゲン含量の非破壊測定
(2)麻痺性貝毒発生海域における甲殻類・巻貝類の毒化.
(3)Rapid depermination of water and protein contents in commercial frozen surimi by NIR spectroscopy.
(4)Environmental assesment and food safety of transgenic amago salmon
(5)アサリに含まれる微量元素組成の産地による相違
(6)Diarrhetic shellfish toxin and lipophilic toxin profiles in Japanese bivalves and effective monitoring system by using a rapid assay for diarrhetic shellfish toxins based on enzyme inhibition
(7)Identification of Fresh and Frozen-Thawed Pacific Saury by Visible/NIR Spectroscopy.
(8)水戻しによるヒジキ中ヒ素の低減とミネラル成分の挙動
(9)保存条件の異なるサンマの近赤外分光法による凍結履歴の判別
(10)Change in the content of mineral components in hijiki by soaking in water
(11)Evaluation of freshness and frozen history of Pacific saury.
(12)Developmentof simple and rapid assays for diarrhetic shellfish toxins and yessotoxins based on enzyme inhibitionand ELISA
(13)下痢性貝毒のモニタリング
(14)DNA分析でマガキの出身地をさぐる
(15)Development of new detection techniques for lipohilic toxins in Japan
(16)Near Infrared analysis for assessment of seafood quality.
(17)An Effective Monitoring System Applying a rapid Assay for Diarrhetic Shellfish Toxins Based on PP2A Enzyme Inhibition
(18)伊勢湾南部海域における Dinophysis 属モニタリングへのLC-MSの導入
(19)Concurrent PSP toxin accumulation in the swimming crab Charybdis japonica and mussel Mytilus galloprovincialis.
(20)光センサーによる水産物の品質評価
(21)ミトコンドリア16SrRNA塩基配列分析からPleuroichthys 属6種の系統類縁関係
(22)Mercury levels in commercially important fishies in Japan.
(23)麻痺性貝毒発生海域におけるイシガニの毒化
(24)海産動物分類群間でのrDNA ITS1領域の塩基配列比較と種判別への応用
(25)Paralytic shellfish poisoning toxin accumulation in carnivorous crabs living in the coastal waters. Joint Workshop for Research Cooperation Seafood Safety between Japan and Norway.
(26)水戻しによるヒジキ中ミネラル成分の推移
(27)水戻しならびに温湯戻しによるヒジキ中ミネラル成分の減少
(28)Distinct regional profiles of trace element cotent in muscle of Japanese eel Anguilla japonica from Japan, Taiwan, and China
(29)Origin identification by multiple trace elemental analysis.
(30)冷凍水産物の品質及び履歴の非破壊評価法について
(31)Identification of phyllosoma larvae: a molecular approach for Japanese Panulirus lobsters (Crustacea: Decapoda: Palinuridae) using mitochondrial rDNA region
(32)及川寛.貝毒プランクトンで二次的に起きるカニや巻貝の毒化.
(33)貝毒の精密分析法の開発及び二枚貝の毒化機構に関する研究
(34)魚介類の生・冷凍判別技術
(35)Year-round high arachidonic acid levels in herbivorous rabbit fish Siganus fuscenscens tissue
(36)「産地偽装を見破る最新技術」
(37)安全な二枚貝のために
(38)貝毒簡易測定キット開発
(39)光センサーによる水産物の品質評価
(40)マグロの美味しさ徹底追求!ー美味しい凍結マグロの供給をめざした品質改善のとりくみ
(41)光センサーによる水産物の品質評価
(42)水産育種研究会総会・研究会に参加して(水産研究のフロントから)
(43)研究
(44)塩基置換を用いた太平洋サケマス類の種判別
(45)日本周辺におけるヒレグロのミトコンドリアDNAを用いた多型解析
(46)スズキ目,カレイ目魚類およびクルマエビに投薬した塩酸オキシテトラサイクリンとアルキルトリメチルアンモニウムカルシウムオキシテトラサイクリンの筋肉等における残留状況
(47)Temporal variation of in situ growth of yellowfin tuna (Thunnus albacares) larvae in the Panama Bight, 1990-1997
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092787
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat