(ア)基盤となる基礎的・先導的研究開発

(ア)基盤となる基礎的・先導的研究開発

課題番号2006008682
研究機関名水産総合研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(3)研究開発の基盤となる基礎的・先導的研究開発及びモニタリング等
大課題該当なし
中課題(ア)基盤となる基礎的・先導的研究開発
小課題(ア)基盤となる基礎的・先導的研究開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要海洋生態系解析技術と海況予測モデルの開発のため、海洋環境モニタリングやモデルの改良を行い、海洋変動の解析が進み、モニタリングデータの取込によりモデルの再現性が向上した。地球温暖化影響評価技術の開発のため、生物や環境のデータセットを整備し、温暖化が低次生態系に与える影響を評価するモデルの開発や寒海性魚類に与える影響評価が進んだ。水産ゲノム技術の開発では、人工種苗の形態異常の研究を進め、ストレスやビタミンが一因であることを明らかにした。更に、海藻をバイオマス資源として開発するため、有効成分の抽出法を検討し、オリゴ糖調整技術を開発した。その他、基盤的研究開発を進め、九州沿岸で磯焼け対策等に活用される海藻類の簡便な検索表を作成・公表したこと、水産資源の変動を確率論的に推測する基盤研究の一環として漁業生産量と漁業者リスクの関係を把握するなど、計画通りに進捗した。
研究分担水産総合研究センター 北海道区水産研究所 亜寒帯海洋環境部 生物環境研究室
水産総合研究センター 西海区水産研究所 東シナ海海洋環境部 海洋動態研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 利用加工部 機能評価研究室
水産総合研究センター 水産工学研究所 水産情報工学部 海洋情報工学研究室
水産総合研究センター 養殖研究所 生産技術部 繁殖研究グループ
水産総合研究センター 水産工学研究所 水産情報工学部 資源情報工学研究室
水産総合研究センター 日本海区水産研究所 日本海海洋環境部 海洋動態研究室
水産総合研究センター 東北区水産研究所 混合域海洋環境部 海洋動態研
水産総合研究センター 西海区水産研究所 東シナ海漁業資源部 資源評価研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 海洋生産部    物質循環研究室
水産総合研究センター 北海道区水産研究所 海区水産業研究部 資源培養研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 水産遺伝子解析センター
水産総合研究センター 西海区水産研究所 東シナ海海洋環境部 高次生産研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 海洋生産部 海洋放射能研究室
水産総合研究センター 中央水産研究所 海洋生産部 海洋動態研究室
水産総合研究センター 水産工学研究所 水産情報工学部 行動生態情報工学研究室
水産総合研究センター 遠洋水産研究所 業務推進部 海洋研究グループ
協力分担関係北里大学
北海道大学
東京大学
東京海洋大学
静岡大学
水産大学校
広島大学
石巻専修大学
明治大学
北海道中央水産試験場
予算区分高度化事業 委託・現場即応研究[海洋生物資源] 委託・環境研究[地球温暖化] 水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費] 文科省・その他 その他
業績(1)沿岸親潮域における海洋環境とクロロフィル濃度の経年変化
(2)Effects of advective processes on planktonic distributions in the Kuroshio region using a 3-D lower trophic model and a data assimilative OGCM
(3)中央ブロック沿岸定線網の現状
(4)中深層性魚類の音響・光学観測システム
(5)A comparison of global estimates of marine primary production from ocean color
(6)イルカのソナーに学ぶ新しい魚群探知技術
(7)黄砂粒子から表層海水への鉄溶出率の測定
(8)日本海陸棚域における水温の長期変動−1980年代後半のレジームシフトの陸棚への影響−
(9)魚類生殖腺の性分化機構解析のための試験管内培養再現系
(10)Molecular cloning and expresasion of retinoic-acid synthesizing enzyme raldh2 from Takifugu rubripes
(11)係留系を用いたA-lineにおける親潮絶対流量の算出(II)
(12)表層渦位極小水塊の鉛直構造の比較
(13)外来種ムラサキイガイの分布域の縮小
(14)VPRIIを用いた親潮域および黒潮・親潮移行域中表層におけるクラゲ類,クシクラゲ類の現存量および鉛直分布特性
(15)照洋丸による黒潮続流南側再循環域の冬季海洋観測の結果
(16)Target strength and behavior of swimming juvenile southern bluefin tuna in a cage estimated by echo-trace analysis.
(17)光合成タンパク質 を指標とした親潮域および親潮黒潮混合域の大型珪藻類の鉄ストレス評価
(18)DNAマーカーによる外国産アコヤガイ類の判別,/平成18年度日本水産学会大会
(19)夏季・冬季の佐渡海峡における海流構造
(20)Positioning Control of the Electric Flatcar using WEB Browser via Wireless LAN
(21)Dugong (Dugong dugon) vocalization patterns recorded by automatic underwater sound monitoring systems.
(22)Comparison of echolocation behavior between coastal oceanic and riverine porpoises
(23)音響資源調査のためのオキアミ類のターゲットストレングス推定プロジェクトII−精密測定による理論モデルの検証−
(24)Iron supply to the western subarctic Pacific: Importance of lateral iron transport from the Sea of Okhotsk and winter mixing
(25)Reconstruction of sea surface dimethylsulfide in the North Pacific during 1970s to 2000s
(26)スナメリのソナー行動Biosonar behavior of free-ranging finless porpoises
(27)沿岸域における海洋環境の変動要因
(28)Biological and Chemical Effects of Manganese(III) Complexes Formed by Manganese(II)-oxidizing Bacteria.
(29)FRP漁船廃船処理技術の開発(4)
(30)Sexual dimorphic development of teleosts germ cells during gonadal differentiation: The entry of germ cells into meiosis.
(31)Paracrine action of growth hormone in the fish immune system.
(32)北海道周辺の低次生産の長期変動から見た2005/06年冬期と2006年春期の位置づけ
(33)中深層性魚類の摂餌生態研究
(34)音響・工学複合システム(J-QUEST)を用いた自然状態のイカ類のターゲットストレングス測定
(35)親潮域における植物プランクトン群集の固有色素の季節変化
(36)Bioinspiration & Biomimetics: Learning from nature
(37)北西部北太平洋における時系列観測の将来に関する提案:化学物質の変動研究の立場から
(38)生物光学モデルによる親潮域および黒潮親潮移行域における基礎生産力の推定
(39)研究
(40)厚岸沖定線観測による低次生産の季節・経年変動について
(41)モデルの性能と特性
(42)中央ブロック沿岸定線調査網の現状
(43)St. KNOT上層におけるTiso分布と中冷水形成過程
(44)Primary production, bacterial production and nitrogen assimilation dynamics during the SEEDS II experiment,
(45)Determination of iron solubility of Asian dust in the surface seawater
(46)Stable isotope as chemical tracers in the coastal region around eastern Hokkaido
(47)南部オホーツク海における基礎生産量の季節変動
(48)Measurements of Target Strength Pattern for Spear Squid in a Tank
(49)2006年1月のステーションKNOTにおける基礎生産量
(50)親潮域・移行域の低次生産に対する温暖化の影響と指標
(51)中深層性マイクロネクトン測定のための不可視ライトの開発III ススキハダカ網膜における3,4-dehydroretinalの発見
(52)親潮域および混合域における鉄濃度の周年変動
(53)Stroke frequency, but not swimming speed,is related to body size in free-ranging seabirds,pinnipeds and cetaceans
(54)南部オホーツク海における基礎生産量の季節変動および衛星リモートセンシングを用いた見積もり値との比較
(55)九州南東沖における黒潮小蛇行の観測
(56)Influence of the late-1980s regime shift to the Japanese continental slope area in the Japan Sea.
(57)ニジマスの鰓と免疫系におけるコルチコイド受容体mRNA量の変化
(58)九州南方黒潮前線域の変動が太平洋側マアジ資源量の及ぼす影響
(59)グレリンによる成長ホルモンを介した魚類白血球貧食作用の活性化
(60)Does the formation of siderophore-Mn(III) complex inhibit MnO2 formation by various Mn(II)-oxidizing Pseudomonas strains?」11th Internationa
(61)Gene expression of growth hormone and insulin-like growth factor-I in the fish immune system.
(62)Advantages and Limitations of Passive Acoustical Methodologies for the Monitoring of Aquatic Mammals
(63)Aerobic removal of technetium by a marine Halomonas strain
(64)Target Strength (TS) Pattern Measurements of Japanese Common Squid Using Mechanics of Rotating a Transducer
(65)オホーツク海南西部日本水域におけるズワイガニの分布の地理的特徴
(66)コバルトニジマスと色素欠損メダカの共通点
(67)組織構築からみた生殖腺性分化
(68)メダカ配偶子形成過程の性転換過程における体細胞の性
(69)Biosonar and biomimetic sonar of porpoises
(70)Effect of insulin, triiodothyronine and fat soluble vitamins on adipocyte differentiation and LPL gene expression in the stromal-vascular cells of red sea bream, Pagrus major
(71)Vertical distribution and feeding habit of mesopelagic fishes and squids off northeastern Japan
(72)アカウニ卵巣のEST解析/平成18年度日本比較内分泌学会大会
(73)自然状態でのサンマ,カタクチイワシのターゲットストレングス,体長,遊泳姿勢角測定
(74)Estimated detection distance of a baiji's(Chinese river dolphin,Lipotes vexillifer)whistles using a passive acoustic survey method 受動的音響手法によるヨウスコウカワイルカのホイッスルの推定検知距離
(75)北太平洋HNLC海域の夏期栄養塩濃度は減少しているか?
(76)ヒラメのセントロメア反復配列の単離/平成18年度日本水産学会大会
(77)環境ストレス耐性を強化した魚類
(78)黒潮源流域表層における乱流エネルギー散逸率の測定
(79)浮魚資源現存量の区間推定方法、そのためのプログラム及び記録媒体
(80)ヒラメ・カレイでは眼の非対称性形成開始時に間脳上部でpitx2が再発現する
(81)Feeding behavior of wild dugongs monitored by a passive acoustical method 受動的音響手法により観測された野生ジュゴンの摂取行動
(82)衛星データと漂流ブイデータを用いたクロロフィル変動の解析
(83)黒潮続流南側再循環域の冬季海洋観測結果
(84)高速機関におけるバイオディーゼル燃料の燃焼特性
(85)Non-radioisotopic immunoassay for fish insulin
(86)計量魚探送受波器への生物付着が航走雑音に与える影響
(87)日本海における海水温の上昇
(88)ミナミマグロのターゲットストレングスに関する実測と理論計算の比較
(89)中深層性マイクロネクトン測定のための不可視ライトの開発III−ススキハダカ網膜における3,4-dehydroretinalの発見−
(90)Acoustic monitoring of echolocating porpoises
(91)Target strength pattern measurement of krill (Euphausia pacifica) and measuring limits in a small tank.
(92)過去40年間における日本海の水温変動の特徴
(93)The entry of germ cells into meiosis during gonadal sex differentiation in the teleost.
(94)Turbulence and feeding behaviour affect the vertical distributions of Oithona similis and Microsetella norwegica
(95)暖海域の藻場生態系における炭素循環の実体解明とモデル開発
(96)過去四半世紀における日本太平洋岸の岩礁性貝類組成の変化
(97)小型水槽でのターゲットストレングスの測定限界−ターゲットストレングス測定-100dBへの挑戦−
(98)Changes in rocky-shore malacofauna along the Pacific coast of Japan during 1978-2005.
(99)送受波器回転型測定機構を用いたイカのターゲットストレングスパターン測定
(100)Structure of the Tsushima warm current in the northeastern Japan Sea
(101)Characterization and tissue distribution of multiple agouti-family genes in pufferfish, Takifugu rubripes
(102)高周波鳴音によるイルカの探知
(103)North Pacific basin-scale differences in lower and higher trophic level marine ecosystem responses to climate impacts using nutrient-phytoplankton-zooplankton model coupled to a fish bioenergetics model
(104)海洋モニタリングとデータ蓄積の重要性
(105)魚類の性成熟から産卵ま
(106)南部オホーツク海の基礎生産量のリモートセンシング手法による推定値との比較
(107)アコヤガイのIGS領域に見られたテロメア様配列とその変異性を利用したDNAマーカーの開発/日本DNA多型学会第15回学術集会
(108)脊椎動物におけるインスリンの構造と機能の進化
(109)The importance of spawning season on the growth of Pacific saury: a model based study using NEMURO.FISH
(110)沿岸・沖合定線観測データから示される日本海及び対馬海峡における水温の長期変動
(111)声を利用した海洋生物の音響観測部会の概要
(112)Synthesis of the NEMURO Model Studies and Future Directions of Marine Ecosystem Modeling.
(113)海洋生態系研究への取り組み --資源動向要因分析調査におけるリモートセンシング課題について--
(114)Age and growth of lantern?shes, Symbolophorus californiensis and Ceratoscopelus warmingii (Myctophidae), in the Kuroshio?Oyashio Transition Zone
(115)実験水槽でのカタクチイワシTSの測定および鰾形状観察
(116)Contamination of Auditory Evoked Potential of Goldfish Carassius auratus with Microphonic Potential キンギョの聴性誘発電位におけるマイクロホン電位の混入
(117)On the interannual variability of the growth of Pacific saury (Cololabis saira): a simple 3-box model using NEMURO.FISH
(118)Identification of two forms of vitellogenin-derived phosvitin and elucidation of their fate and roles during oocyte maturation in barfin flounder, Verasper moseri
(119)In situ measurement of target strength, tilt angle, and swimming speed of Boreopacific gonate squid (Gonatopsis borealis).
(120)Target strength (TS) pattern measurements of squid using the rotating transducer
(121)音響資源調査のためのオキアミ類のターゲットストレングス推定プロジェクトIII−体長と平均TSについて−
(122)マクロ動物プランクトンの個体数密度把握におけるVPRIIとMOCNESSとの比較 -クラゲ類・クシクラゲ類に対するVPRIIの有効性-
(123)Basin-scale pCO2 distribution using satellite SST, Chla and climatological salinity in the North Pacific in Spring and Summer
(124)親潮域における水産機関定線データの導入効果
(125)イルカ型ソナーをモデルとした次世代魚群探知技術
(126)J-QUESTを用いたサンマ・カタクチイワシの自然状態TS測定
(127)黒潮の流路情報をもとに黒潮大蛇行を判定する基準
(128)Target strength of the lanternfish, Stenobrachius leucopsarus(family Myctophidae), a fish without an airbladder,measured in the Bering Sea
(129)中深層性マイクロネクトン測定のための不可視ライトの開発I−ハダカイワシ類の分光感度特性, ERG特性−
(130)イルカの摂餌探索
(131)自由遊泳するイルカに装着するための新しい音響データロガー
(132)リアルタイムデータ流通構想
(133)ハクジラのソーナー音を用いた散乱振幅の周波数特性の測定
(134)Sonar gain control in echolocating finless porpoises (Neophocaena phocaenoides) in an open water (L)
(135)水産育種研究会総会・研究会に参加して(水産研究のフロントから)
(136)Molecular characterization of lipoprotein lipase, hepatic lipase and pancreatic lipase genes: Effect of fasting and refeeding on their gene expression in red sea bream Pagrus major
(137)Recruitment variability in exploited aquatic populations
(138)ターゲットストレングス推定に必要なミナミマグロ(Thunnus maccoyii)幼魚の魚肉内音速測定
(139)太平洋クロマグロの加入状況を調べるモデル及びモニタリング手法
(140)東京都新島におけるリアルタイム水温モニタリング
(141)cDNA cloning and sequence analysis of preproendothelin-1 (PPET-1) from salmon, Oncorhynchus keta
(142)アカウニ卵巣発現遺伝子のマイクロアレイ解析/平成19年度日本水産学会大会
(143)アコヤガイ貝類の系統と種判別に関する研究/水産育種研究会平成18年度研究会
(144)長期時系列観測の必要条件
(145)Isolation and characterization of the luteinizing hormone b subunit gene and 5'-flanking region of the masu salmon
(146)親潮域におけるd13C・d18O分布と水塊混合比の年変化
(147)魚類免疫系におけるIGF-Iの作用
(148)Evaluation of Rotating Mechanism to Measure Target Strength (TS) Pattern of Aquatic Organism
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092788
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat