1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出

1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出

課題番号2006008633
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題該当なし
大課題1. 不安定環境下における安定生産及び多用途利用のための生物資源活用技術の開発
中課題1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出
小課題1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要1) 乾燥ストレス応答で機能する転写因子[シロイヌナズナ由来の活性型DREB2A (研究成果情報), トウモロコシのZmDREB2A (研究成果情報), ABA応答で働くシロイヌナズナのAREB1の活性型、およびイネのOsNAC6]の解析を進め、それぞれの遺伝子を高発現することにより、導入植物に種々のストレス耐性を与えることを示した。とくに、OsNAC6を過剰発現したイネでは環境ストレス耐性のみならず、病原菌感染に対する耐性にも関与する可能性が示された。2) イネのOsDREB1ファミリー遺伝子のストレス誘導性、転写活性能などを解析し、ストレス耐性付与に適したOsDREB1遺伝子を選定した。3) シロイヌナズナ由来のDREB1遺伝子のインディカイネへの導入は、未熟胚を用いた手法に変更することで効率の良い独立形質転換体の作出系を確立した。4) イネの鉄過剰耐性、および亜鉛欠乏耐性遺伝子のQTL解析の結果、それぞれのQTLをマッピングした。5) ダイズについて、新彊の現地圃場2箇所での評価により4つの耐乾燥性品種を選定した。耐塩性については、温室での検定法を確立し、この検定法により、2つの耐塩性品種を選定した。6) イネについて、鉄過剰、亜鉛欠乏の簡易検定法として、低濃度の寒天を添加した水耕法を検討し、寒天添加により圃場条件が再現され、抵抗性と感受性品種とを識別できることを明らかにした(研究成果情報)。さらに、乾燥耐性については、水耕養液にマニトールを添加する方法を検討し、既報の耐乾燥性品種と感受性品種を区別できる処理方法を見出した。
研究分担国際農林水産業研究センター 生物資源領域
協力分担関係IRRI
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[植物ゲノム] 文科省[JST] その他
業績(1)Relationship between transpiration efficiency and carbon isotope discrimination in chickpea (Cicer arietinum L.)
(2)Mapping of QTLs controlling carbon isotope discrimination in the photosynthetic system using recombinant inbred lines derived from a cross between two different rice (Oryza sativa L.) cultivars.
(3)Co-expression of the stress-inducible zinc finger homeodomain ZFHD1 and NAC transcription factors enhances expression of the ERD1 gene in Arabidopsis.
(4)Gentic erosion from modern varieties into traditional upland rice cultivars (Oryza sativa L.) in northern Thailand
(5)An SNP Caused Loss of Seed Shattering During Rice Domestication
(6)Comparative QLT mapping of root length in the Nipponbare x Kasalath and Koshihikari x Kasalath mapping populations.
(7)The Arabidopsis DREB1A gene driven by the stress-inducible rd29A promoter increases salt-tolerance in proportion to its copy number in tetrasomic tetraploid potato (Solanum tuberosum).
(8)Epistatic interaction of QTLs controlling leaf bronzing in rice (Oriza sativa L.) grown in saline paddy field
(9)Molecular analysis of abiotic stress tolerant mechanisms in soybean and its application to breeding
(10)Engineering drought tolerance in plants: discovering and tailoring genes to unlock the future.
(11)SSR analysis of near isogenic lines(NILs) for P deficiency tolerance.
(12)Organic anion exudation by rice (Oryza sativa L.) at zinc and phosphorus deficiency.
(13)Transcriptional regulatory networks in cellular responses and tolerance to dehydration and cold stresses.
(14)Functional analysis of an Arabidopsis transcription factor, DREB2A, involved in drought-responsive gene expression.
(15)メイクロサテライトDNA多型および農業形質変異の分析によろ中国新疆コムギ地方品種の特質解明
(16)Monitoring expression profiles of Arabidopsis genes during cold acclimation and deacclimation using DNA microarrays.
(17)Efficient production of male and female sterile plants by expression of a chimeric repressor in Arabidopsis and rice
(18)Effects of zinc deficiency on rice growth and genetic factors contributing to tolerance.
(19)Dual function of an Arabidopsis transcription factor DREB2A in water-stress-responsive and heat-stress-responsive gene expression
(20)Heterologous expression of the AtDREB1A gene in chrysanthemum increases drought and salt tolerance.
(21)Crosstalk between abiotic and biotic stress responses: a current view from the points of convergence in the stress signaling networks.
(22)Expression of the Arabidopsis DREB1A gene in transgenic chrysanthemum enhances tolerance to low temperature.
(23)Gene networks involved in drought stress response and tolerance.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092793
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat