7)熱帯果樹の多収軽労化栽培技術の開発

7)熱帯果樹の多収軽労化栽培技術の開発

課題番号2006008646
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題該当なし
大課題2. 持続的な農林水産業のための環境資源管理・生産管理技術の開発
中課題7)熱帯果樹の多収軽労化栽培技術の開発
小課題7)熱帯果樹の多収軽労化栽培技術の開発
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要1) タイとベトナムで、土質の異なるドリアン圃場を確保し、地上3.5mでカットバックせん定を施し、低樹高栽培を開始した。その結果、カットバックせん定を施した5年生樹で、着花量の増加を確認した。2) 雨季にドリアンの株元にビニルマルチを設置して土壌を乾燥させることが、花芽誘導に有効であることを確認した。3) ベトナムで、ドリアンとマンゴスチンの市場価格を調査し、高品質果実は通常の約2倍の価格で取引され、端境期の出荷では4倍程度の高価格で販売されていることを確認した。4) ドリアンの人工受粉率を高めるための基礎データとして、ドリアン花粉の発芽力を検討したところ、常温でも2日間は発芽力を維持していることが明らかとなった。5) パパイヤの品種「石垣珊瑚」を育成した(品種登録出願中)。本品種は、「ワンダーブライト」の自然交雑実生から選抜した単為結果性のある雌性系統であり、耐暑性、わい性および豊産性の特性を持つ。果実は強い芳香があり、高糖度で食味がよい。(研究成果情報)
研究分担国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点
協力分担関係ベトナム・南部果樹研究所
予算区分技会交付金研究 その他
業績(1)平成18年度 日本熱帯農業学会 学会賞奨励賞特別講演要旨 温帯における熱帯果樹類の栽培技術確立に関する研究
(2)観光農園の秋期開園期間延長のためのペカン品種の検討
(3)ウンシュウミカンの発芽・開花における感温特性の実験による評価
(4)Cultivar identification and their genetic relationship in Dimocarpus longan subspecies based on RAPD markers
(5)Effect of temperature regime and soil moisture level on fruit quality of 'Summer Queen' Passionfruit (Passiflora edulis ×P. edulis f. Flavicarpa)
(6)シロサポテ(Casimiroa edulis La Llave & Lex.)のアイソザイム分析
(7)パッションフルーツ冬実中の酸含量を低下させる温度管理法
(8)Effect of artificial media, temperature conditions and storage methods on in vitro germination of dragon fruit (Hylocereus undatus Britt & Rose) pollen
(9)カンキツの潮風害後の根の被害とその後の樹体回復との関係
(10)Index for harvesting time of white sapote (Casimiroa edulis Llave & Lex.) cv. 'Cuccio'
(11)Effective pollination period in durian (Durio zibethinus Murr.) and the factors regulating it.
(12)シロサポテ(Casimiroa edulis Llave & Lex.)における花粉量および花粉稔性の季節変動(予報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092806
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat