2)地理情報システムを活用した開発途上地域における土地情報モニタリング技術の開発

2)地理情報システムを活用した開発途上地域における土地情報モニタリング技術の開発

課題番号2006008648
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題該当なし
大課題3. 地球規模の環境変動が農林水産業に与える影響の解明及び対策技術の開発
中課題2)地理情報システムを活用した開発途上地域における土地情報モニタリング技術の開発
小課題2)地理情報システムを活用した開発途上地域における土地情報モニタリング技術の開発
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要1) 乾季における西ジャワ州内農業地帯を観察し、標高、水環境と作付との関係、混作状態等の知見を得た。また、西ジャワ州とランポン州において、農業統計資料等により農業的土地利用の特徴を分析するとともに、衛星データから抽出可能な農業的土地利用項目を整理した。2) 西ジャワ州における複数の農業景観を調査した。また、インドネシアにおける衛星データを用いた土地利用分類の系譜を調査し、技術開発上の課題を整理した。3) 農地災害の中で、対象地域において、洪水および土壌侵食・土砂災害の発生が顕著であること確認した。また、その発生分布把握や危険度評価のため、ICALRRD(インドネシア農業土地資源研究開発センター)の過去の成果とLAPAN(インドネシア航空宇宙研究所)が運営する災害警戒システムを参考として、信頼度の高い農地災害評価システムを開発するための方向性を定めた。
研究分担国際農林水産業研究センター 国際開発領域
協力分担関係インドネシア・土壌農業気象開発研究所
予算区分技会交付金研究 その他
業績(1)ラオス・ビエンチャン特別市における日降雨特性の経年変化
(2)空間解析手法を用いたラオスの降雨およびコメ生産特性の把握
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat