a.直播適性に優れた高生産性飼料用稲品種の育成

a.直播適性に優れた高生産性飼料用稲品種の育成

課題番号2006008473
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農業の生産性向上と持続的発展のための研究開発
大課題B 自給飼料を基盤とした家畜生産システムの開発
中課題a.直播適性に優れた高生産性飼料用稲品種の育成
小課題a.直播適性に優れた高生産性飼料用稲品種の育成
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要地域別に適応性のある稲発酵粗飼料(WCS)用水稲品種の育成を進め、耐病虫性を付与する交配と選抜を行うとともに、TDN収量を向上させるため新しい遺伝資源を用いた育種素材の開発を進めた。また、バイオエネルギー用品種の育成を進めた。(1)東北地域中北部向きの「奥羽飼395号」をWCS用の新品種候補系統として育成した。この系統は早生でTDN収量は直播栽培で8.8t/haと多収の一般品種「アキヒカリ」より多収である。これまで適性品種のなかった東北地域中北部でWCS用の専用品種を初めて育成することができた。19年度以降の新品種候補系統として「北海308号」「関東飼225号」「中国飼189号」の優秀性を確認した。(2)茎葉型の「奥羽飼403号」、インド型多収の「北陸218号」、耐倒伏性に優れる「西海飼262号」を新配付系統として選抜した。(3)疎粒で茎葉型の系統は、茎葉部のデンプン等の非構造性多糖類の含量が高く、WCS用育種素材として有望であると考えた。また、疎粒遺伝子の座乗位置を明らかにした。(4)「北陸193号」は粗玄米収量が9t/haと極多収であり、バイオエネルギー実証試験の素材としての作付が予定されているため品種登録を行う予定である。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所究所 低コスト稲育種研究チーム
協力分担関係東京農工大学
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[えさプロ]
業績(1)東北地域向けの早生稲発酵粗飼料専用新品種候補系統「奥羽飼395号」
(2)タチアオバ
(3)タチアオバ(出願番号:20111)
(4)直播栽培に適する稲発酵粗飼料専用品種「べこあおば」の育成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092825
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat