d.地域条件を活かした健全な家畜飼養のための放牧技術の開発

d.地域条件を活かした健全な家畜飼養のための放牧技術の開発

課題番号2006008476
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農業の生産性向上と持続的発展のための研究開発
大課題B 自給飼料を基盤とした家畜生産システムの開発
中課題d.地域条件を活かした健全な家畜飼養のための放牧技術の開発
小課題d.地域条件を活かした健全な家畜飼養のための放牧技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要(1)寒冷地帯でも積雪がほとんどない地域では9月上旬に造成したイタリアンライグラスを用いて冬季放牧ができ、また、立毛貯蔵した長大飼料作物(高糖分ソルゴー)の飼料価値はシバと同程度でありイタリアンライグラスと同程度の利用可能草量が得られることから、寒冷地帯でいくらかの積雪がある地域においても冬季放牧が可能なことを明らかにした。 (2)土壌凍結地帯での集約放牧において、メドウフェスク「ハルサカエ」は、晩秋まで短草利用しても牧草生産力が高く維持され、既存草地に作溝型追播機で導入可能なことを明らかにした。(3)日本短角種等肉用牛の胚移植に利用されるCIDR(黄体ホルモン製剤)による発情同期化処置は、発情日に開始するとその効果が低下するため、この時期の処置を避けることを提示し、また日本短角種のレシピエントから生まれた黒毛和種子牛の市場価格は乳用種をレシピエントとするものと差がないことを明らかにした。(4)小規模放牧草地の植生調査で、154種の植物が確認され、ススキ、チガヤ等の8種の優占種を特定するとともに、放牧去勢牛は、舎飼肥育中と比べ必須脂肪酸、α-リノレン酸が多く含まれ、脂肪酸由来風味は同等レベルにあり、肉の日持ち良さに関係する抗酸化性成分も多く含まれことを明らかにした。(5)暖地型牧草バヒアグラスの4倍体品種「ナンオウ」は、従来の2倍体品種に比べ夏期においても草質が良好で、黒毛和種牛の親子放牧において、放牧子牛の発育は約20%改善され、母牛は連産可能な良好な繁殖成績を示すことを明らかにした。(6)GPSによる行動軌跡測定から傾斜草地における歩行エネルギー消費量を推定する方法について検討した結果、低速時には誤差が大きかったものの歩行速度が速い場合には高精度で推定できることを明らかにした。(7)習慣的な歩行運動により細胞接着、アポトーシス制御および炎症反応に関与する遺伝子群が運動前に比べて抑制されることから、これらを放牧と関連する生体防御遺伝子として絞り込んだ。放牧飼養で生産される乳脂肪中の機能性成分である共役リノール酸濃度は、摂取飼料中に占める放牧草乾物重割合が多いほど高く、昼夜放牧では舎飼時に比べて最高値で3倍に、平均値で2倍以上に上昇することを明らかにした。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター 粗飼料多給型高品質牛肉研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 放牧管理研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター 集約放牧研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター 日本短角研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 周年放牧研究チーム
農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 山地畜産研究チーム
協力分担関係北海道大学
北海道立畜産試験場
岩手大学
広島県立畜産技術センター
山口県畜産試験場
(独)酒類総合研究所
有限会社ティーエムアール鳥取
雪印乳業(株)
日本ミルクコミュニティ(株)
東北大学
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[えさプロ] 委託・環境研究[バイオリサイクル] 委託・バイテク先端技術[植物ゲノム] 委託・バイテク先端技術[食品機能性] 生産局交付金研究 文科省[科研費] その他
業績(1)肉用牛で発情日にCIDRの処置を開始すると発情同期化効果は低下する
(2)9月下旬播種で年内の出穂が早い耐倒伏性エンバク品種候補系統「九州14号」
(3)栃木県那須塩原市に帰化したヨーロッパ産雑草Viola arvensis Murray(マキバスミレ:新称)
(4)Estradiol-Benzoate製剤による卵胞発育制御がウシの生体内卵子吸引成績およびその後の胚発生成績に及ぼす影響
(5)ANI35L/2000-cattleによる家畜福祉視点からの放牧飼育方式の評価の試み
(6)飼料中マグネシウム,カリウム,カルシウム含量の迅速測定法   1.希塩酸抽出法による分析試料の前処理
(7)共同利用型バイオガスプラントの利用技術
(8)共同利用型バイオガスシステムの経済性と成立条件―バイオガスプラントの利用実態と経済性シミュレーション―
(9)牛肉の各部位における保存温度と変色速度の関係
(10)Appropriateness of inexpensive, hand-held global positioning system unit for creating weed maps in a pasture
(11)共同利用型バイオガスシステムの経済性に影響を与える諸条件の改善効果
(12)Basal levels and responses to glucose infusion of plasma glucose and insulin in beef steer before and after the end of the growing phase on pasture
(13)Visfatin is present in bovine mammary epithelial cells, lactating mammary gland and milk, and its expression is regulated by cAMP pathway
(14)連動スタンチョンの繋(けい)留時間の違いが黒毛和種繁殖牛の採食と行動に及ぼす影響
(15)放牧牛の半棘筋における機能性成分と遊離アミノ酸の含量
(16)飼料中マグネシウム,カリウム,カルシウム含量の迅速測定法 2.比色・比濁法による定量法
(17)Registration of ‘Nanryo’ Tall Fescue
(18)Effects of nutritional level on the muscle development, histochemical properties of myofibre, and collagen architecture in the pectoralis muscle of male broilers.
(19)北東北地域における地方特定品種(和牛)牛肉の地場推進上の問題
(20)Fate of cystic ovarian follicles and the subsequent fertility of early postpartum dairy cows
(21)ワラビ防除のためのアシュラム剤散布で誘発されるイノシシによる草地の掘り起こし
(22)松林を利用した日本短角種の冬期飼養
(23)Effects of alfalfa silage on the fertility of postpartum dairy cows
(24)Effect of Candida Utilis Treatment on the Nutrient Value of Rice Bran and Effect of Candida Utilis on the Degradation of Forages In Vitro
(25)Metabolic Profiles in Ovulatory and Anovulatory Primiparous Dairy Cows during the First Follicular Wave Postpartum
(26)トラップによるブユ類大量捕殺のためのトラップ設置条件とその防除効果
(27)牛用に開発された首式顎運動計測装置(バイトカウンター)の羊への応用
(28)ウシのこすり付け行動における硬質ダクトホ−スの利用性
(29)育成牛のためのチモシー草地における集約放牧技術の開発に関する研究
(30)放牧牛の半棘筋における機能性成分と遊離アミノ酸の含有量
(31)A brief report on effects of transfer from outdoor grazing to indoor tethering and back on urinary cortisol and behaviour in dairy cattle.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092828
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat