c.中山間・傾斜地の立地条件を活用した施設園芸生産のための技術開発

c.中山間・傾斜地の立地条件を活用した施設園芸生産のための技術開発

課題番号2006008486
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農業の生産性向上と持続的発展のための研究開発
大課題C 高収益型園芸生産システムの開発
中課題c.中山間・傾斜地の立地条件を活用した施設園芸生産のための技術開発
小課題c.中山間・傾斜地の立地条件を活用した施設園芸生産のための技術開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要(1)ハウス内の暑熱緩和技術の開発では、ハウス内の温熱環境をより正確に予測するため、作物群落の熱収支を考慮した精密な数値流体力学(CFD)シミュレーションモデルを作成した。本モデルを使い,ハウス内気温と簡易天窓について検討した結果、平張り型傾斜ハウスに対して適切な天窓の設置方針を打ち出せた。拍動自動潅水装置の拍動機構について、電磁弁制御方式に改良した結果、低価格な制御装置のキット化に成功し、量産化のめどもつけることができた。また、ロックウールに替わる粉砕モミガラ培地耕に適用可能な極微量多頻度潅水施肥法を確立するとともに、排液の量と電気伝導度(EC)のみに基づく給液管理法を新たに開発した。(2)ハイブリッド型小風力発電エネルギーの安定的利用技術の開発のため、小風力発電機の発電性能について気象条件との関係を季節ごとに整理し、風の鉛直成分の正負による風力発電量の差を明確にした。また、平張り型傾斜地ハウスと養液栽培を組み合わせた小規模施設生産システムにおける経営評価を行い、慣行の雨よけ栽培に比べ、収量は1.8倍、販売額は1.9倍、所得は2.6倍に増加し、効果が期待できることを示した。さらに冬作にチコリーやコゴミのふかし栽培あるいはブルーベリーのコンテナ養液栽培と夏秋トマトを組み合わせたハウスの周年利用体系を提示できた。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター 中山間傾斜地域施設園芸研究チーム
協力分担関係徳島県農林水産総合技術支援センター農業研究所
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 高度化事業 技会・その他
業績(1)水質悪化未利用ため池の水質改善法
(2)傾斜地の低コスト施設を利用した夏秋トマト栽培を核とする栽培体系
(3)Leaf injury and dry mass production in eggplant and pepper plant as affected by overnight ssupple,ental lighting
(4)Adaptive Agricultural Sysytem to Dynamuc Water Condition in a Low-Lying Area of Bangladesh
(5)2004年の台風23号による香川県内のため池の決壊の実態
(6)中山間傾斜地におけるブルーベリーのコンテナ養液促成栽培の実用化
(7)傾斜地の不整形な受託水田における農業機械の作業時間特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092838
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat