d.誘導抵抗性等を活用した生物的病害抑制技術の開発

d.誘導抵抗性等を活用した生物的病害抑制技術の開発

課題番号2006008495
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農業の生産性向上と持続的発展のための研究開発
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題d.誘導抵抗性等を活用した生物的病害抑制技術の開発
小課題d.誘導抵抗性等を活用した生物的病害抑制技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要糸状菌病では、(1)フラボリコリス(甘草抽出精製物)はキュウリべと病に対しポット試験および圃場試験で高い発病抑制効果を示した。ウイルス病では、(1)ピーマンモザイク病の病原ウイルスであるトウガラシマイルドモットルウイルス(PMMoV)に対するピーマンの抵抗性L4遺伝子を打破する新型系統の因子を特定した。また、施設栽培圃場でも健全区と同等の収量が得られる弱毒株を選抜した。(2)PMMoVの不活化菌には、ウイルス不活化とウイルス感染阻害の2つの型があった。(3)セルラーゼ剤の撒布は、PMMoV接種3時間前の処理では感染抑制効果が認められた。(4)トマトのキュウリモザイクウイルス(CMV)弱毒株候補は、subgroup 2 に対する十分な干渉効果は得られなかったことから、弱毒ウイルス株は作出できなかった。細菌病では、(1)キャベツ黒腐病の防除にバクテリオファージと非病原細菌の組合せや接種方法などを替えても防除効果が認められた。(2)誘導抵抗性の解析手法として、PR-N(グルカナーゼ)がトマト青枯病抵抗性品種に特異的な分子マーカー候補となった。土壌伝染性病害では、(1)キャベツ根こぶ病の防除には、低分子量キチン資材(LMC)と微生物資材(細菌)を併用した最適処理条件が明らかになった。LMCは細菌性病害にも効果があった。(2))トリコデルマ菌が丹波黒大豆の茎疫病に効果があった。(3)試作土壌消毒機器は、マイクロ波でホウレンソウ萎凋病に対して高い防除効果があった。(4)カラシナなど抗菌成分含有植物の鋤き込みと土壌還元消毒などを組合せた処理により、トマト萎凋病に対し処理後第2作まで高い防除効果が得られた。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 生物的病害制御研究チーム
協力分担関係丸善製薬株式会社
片倉チッカリン(株)
(独)農業環境技術研究所
(財) 農民教育協会
鯉渕学園
北海道大学
京都府立大学
(独)農業生物資源研究所
住友化学株式会社
焼津水産化学工業株式会社
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[生物機能]
業績(1)Characterization of Grapevine Algerian latent virus isolated from nipplefruit (Solanum mammosum) in Japan
(2)Sequence analysis of the genome of OP2, a lytic bacteriophage of Xanthomonas oryzae pv. oryzae
(3)Characterization of Grapevine Algerian latent virus isolated from nipplefruit (Solanum mammosum) in Japan
(4)Pepper mild mottle virus pathogenicity determinats and cross protection effect of attenuated mutants in pepper
(5)甘草抽出物を用いた野菜類茎葉病害の防除に関する研究
(6)Beta-cyanoalanine synthase as a molecular marker for induced resistance by fungal glycoprotein elicitor and commercial plant activators.
(7) Mutations in the lrpE gene of Ralstonia solanacearum affects Hrp pili production and virulence.
(8)Bacteriophage OP1, lytic for Xanthomonas oryzae pv. oryzae, changes its host range by duplication and deletion of the small domain in the deduced tail fiber gene
(9)Induction of transient ethylene and reduction in severity of tomato bacterial wilt by Pythium oligandrum.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092847
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat