g.斑点米カメムシ類の高度発生予察技術と個体群制御技術の開発

g.斑点米カメムシ類の高度発生予察技術と個体群制御技術の開発

課題番号2006008498
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農業の生産性向上と持続的発展のための研究開発
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題g.斑点米カメムシ類の高度発生予察技術と個体群制御技術の開発
小課題g.斑点米カメムシ類の高度発生予察技術と個体群制御技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要(1)アカヒゲホソミドリカスミカメの合成性フェロモンを水田に設置し、誘殺状況を把握することにより発生量を推定する発生予察手法を確立し、合成性フェロモンの市販まで結びつけた。また、発生予察にとどまらず、合成性フェロモンを交信攪乱に用いるための基礎的データが収集されるとともに、野外実験によりその可能性が示された。(2)アカスジカスミカメの雌成虫由来の揮発性3成分の混合物に雄成虫誘引活性があることをつきとめた。(3)クモヘリカメムシの生殖休眠覚醒条件が、雌では寄主植物の有無、雄では日長と温度と、雌雄で異なることを明らかにした。本種の寄主選択行動に化学因子の関与を認めた。また本種成虫の誘引源に対する誘引行動に雌雄差があることを明らかにした。(4)アカスジカスミカメ個体群は東北地方とそれ以外の地域では遺伝子構成が大きく異なり、東北地方が元来の生息地と推測された。(5)カスミカメムシ類は割れ籾の開口度に関わらず、若い登熟段階の籾を選好して吸汁することを明らかにした。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 斑点米カメムシ研究チーム
協力分担関係秋田県農林水産技術センター
秋田県病害虫防除所
滋賀県農業技術振興センター
鳥取県農業試験場
鳥取県農業試験場
(独)農業環境技術研究所
千葉県農業総合研究センター
山口県農業試験場
富士フレーバー
山形県農業総合研究センター
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 高度化事業 委託・バイテク先端技術[アグリバイオ] 技会・その他
業績(1)クモヘリカメムシの発生動態ならびに斑点米被害予測に関する研究
(2)アカヒゲホソミドリカスミカメの交尾と産卵の関係
(3)イタリアンライグラス圃場におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの卵寄生蜂の寄生率の消長
(4)アワ幼植物を用いたアカスジカスミカメの簡易飼育法
(5)水田内に設置したアカヒゲホソミドリカスミカメ合成性フェロモントラップの設置高と誘殺消長
(6)合成性フェロモントラップによるアカヒゲホソミドリカスミカメの水田内発生消長の把握
(7)アカヒゲホソミドリカスミカメ雌の交尾判定方法
(8)アカヒゲホソミドリカスミカメ雌の性フェロモン放出と交尾行動の日周性
(9)クモヘリカメムシの発育におよぼすイネおよびアワの給餌効果
(10)Collection and quantification of airborne pheromone from individual females of the black chafer Holotrichia loochooana loochooana - Heterogeneity of feral females in respect to pheromone release
(11)Feeding behavior of rice bug Leptocorisa chinensis (Dallas) (Heteroptera: Alydidae) nymphs on rice panicles and rice plant extract
(12)盛岡市のナタネ圃場の訪花昆虫相−GM作物の遺伝子流出には花粉媒介昆虫の人為的移動が関与する可能性がある−
(13)Mortality Factors of Eggs of Leptocorisa chinensis (Hemiptera: Alydidae) in Rice Fields
(14)カメムシ発生の少ないイタリアンライグラスの栽培法
(15)アカヒゲホソミドリカスミカメムシの飛翔に影響を及ぼす各種要因 第3報 餌の影響
(16)水田におけるクモヘリカメムシのすくい取り捕獲数を用いた斑点米被害の予測
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092850
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat