k.野菜栽培における土壌微生物、天敵等の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発

k.野菜栽培における土壌微生物、天敵等の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発

課題番号2006008502
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農業の生産性向上と持続的発展のための研究開発
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題k.野菜栽培における土壌微生物、天敵等の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発
小課題k.野菜栽培における土壌微生物、天敵等の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要(1)ギフアブラバチと代替寄主アブラムシによるバンカー法は、ピーマンのモモアカアブラムシに対する抑制効果を認めたが、ナスのジャガイモヒゲナガアブラムシには効果が低く、作物や害虫の種類に応じてバンカー法の導入時期、方法を検討すべきであることが分かった。(2)タバココナジラミのバイオタイプQは、西日本を中心に33都府県で発生が確認された。バイオタイプQはバイオタイプBと同程度にTYLCVを媒介することが分かった。バイオタイプBの成虫は、単一植物を使った非選択実験においてもトマトよりインゲン、キュウリにより多く定着することが確認され、これらの植物はおとり作物として有望であると判断された。(3)トマトサビダニの天敵であるトマトツメナシコハリダニの発育速度、内的自然増加率を明らかにし、大量増殖技術の開発に必要なデータを得た。(4)おとり植物の作付けによるアブラナ科野菜根こぶ病菌の休眠胞子低減効果は、土壌pHが6.0前後の場合に最も高かった。DGGE法で得られた土壌細菌相のDNAパターンは、同じ作物の圃場であっても施用資材によって異なる場合があった。(5)透水性の良い圃場では、熱水土壌消毒と抵抗性台木の組み合わせでトマト青枯病の発生を抑制できた。透水性の悪い圃場でも、土壌深部までの透水性改善措置により、実用的な防除効果の得られる見通しが立った。(6)トマト青枯病菌野生株を情報伝達物質(クオルモン)分解酵素の存在下で増殖させると、主たる病原性因子である細胞外多糖の産生が抑制され、青枯病の発病抑制技術開発の可能性が示された。(7)強制風などによってネギアザミウマを吹き飛ばすには、15m/s以上の風速が必要であった。軟弱野菜の害虫を対象とした送風式捕虫機を試作し、送風力やハウス内での送風機の騒音、排気ガス等について、改善すべき問題点を摘出した。(8)レタス根腐病菌のレース3は複数の系統から構成されているが、すでに開発した2種類のDNAマーカーで判別可能であった。TYLCVの抗体作成用抗原として約1.25mgの純化ウイルスを得た。(9)果実汚斑細菌病菌が寄主植物の茎内を移動することを発見した。メロンの汚染種子消毒には80℃4日以上の乾熱処理が必要であった。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所 野菜IPM研究チーム
協力分担関係名古屋大学
東雲短期大学
長野県野菜花き試験場
千葉県農業総合研究センター
千葉県長生農林新興センター
東京都農林総合研究センター
埼玉県農林総合研究センター
大阪府食とみどりの総合技術センター
(株)共立リビングアーツ
(株)アリスタライフサイエンス
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[生物機能] 委託・環境研究[e-DNA] 技会・その他
業績(1)トマトサビダニAculops lycopersici(Massee)に対するイオウくん煙の防除効果
(2)Purification and characterization of a novel esterase, b-hydroxypalmitate methyl ester hydrolase, and prevention of the expression of virulence by Ralstonia solanacearum.
(3)北海道におけるダイズの遅蒔き栽培によるダイズわい化病の発病率低下
(4)Effect of low temperature and short day length exposure on the development of Aphidius gifuensis Ashmead (Hymenoptara: Braconidae)
(5)Damping-off of cabbage plug seedlings caused by Pythium ultimum var. ultimum in Japan
(6)2004年8月〜2005年3月に三重県内の育苗施設でキャベツセル成型苗に発生した病害
(7)Frequency of Alternaria brassicicola from commercial cabbage seeds in Japan
(8)Contribution of jasmonic acid to resistance against in Phytophthora blight in Capsicum anuum cv. SCM334
(9)キャベツ苗に対するPythium ultimum var. ultimumの病原性
(10)Suitability of organic matter, fungi and vegetables as food for Tyrophagus similis (Acari: Acaridae)
(11)ウリ科野菜の果実汚斑細菌病に対する銅剤と有機酸ならびに過酢酸処理の種子消毒効果
(12)熱水土壌消毒によるメロンつる割病の防除と持続効果
(13)ウヅキコモリグモ幼体の殺虫剤感受性
(14)Characterization of biotin-autotrophic isolates derived from naturally-occurring auxotrophic race 2 isolates of Fusarium oxysporum f. sp. lactucae
(15)Horizontal and vertical movment o Ralstonia solanacearum in soil
(16)Effect of temperature on the maintenance and termination of diapause in overwintering females of Pseudaulacaspis pentagona (Hemiptera: Diaspididae)
(17)Salicylic acid accumulates in the roots and hypocotyls after inoculation of cucumber leves with Colletotrichum lagenarium
(18)各種薬剤処理によるトマトサビダニの防除効果
(19)Appearance of race Pfs:5 of spinach downy mildew fungus, Peronospora farinosa f. sp. spinaciae, in Japan
(20)アブラナ科野菜根こぶ病菌に及ぼすpHの影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092854
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat