l.生物機能等の利用による茶の病害虫防除技術の開発及び抵抗性系統の開発

l.生物機能等の利用による茶の病害虫防除技術の開発及び抵抗性系統の開発

課題番号2006008503
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農業の生産性向上と持続的発展のための研究開発
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題l.生物機能等の利用による茶の病害虫防除技術の開発及び抵抗性系統の開発
小課題l.生物機能等の利用による茶の病害虫防除技術の開発及び抵抗性系統の開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要(1)チャ炭疽病菌に対する拮抗菌を探索し、菌寄生菌を分離する方法で得られた菌株で有傷接種の病斑拡大抑制能を検定し、炭疽病菌に加えて輪斑病菌に対する拮抗能がある菌株が得られた。(2)炭疽病抵抗性発現に伴うチャ葉組織のリグニン化およびカロースの蓄積を組織化学的に検出できた。(3)プラントアクティベータはチャの収量・成分に悪影響を与えることなく、チャに炭疽病抵抗性を誘導した。(4)ナガチャコガネによる被害個所の検出と地図化を可能にし、圃場内での不均一分布、雌成虫の低分散性、雌成虫の摂餌に伴う産卵数の増加を明らかにした。農薬、昆虫寄生性線虫の防除効果を検討した。(5)クワシロカイガラムシ発生予察のための微小昆虫捕獲装置の実用性を検証し、本種雌の性フェロモン微量成分の役割を確認した。送風式捕虫機によるチャノミドリヒメヨコバイの被害防止効果を確認した。チャノホソガの飼育法を確立した。本種雌の性フェロモン微量成分は雄誘引活性を低下させた。(6)チャハマキガ類寄生蜂では、卵寄生のタマゴコバチ類が最も優占し、卵塊寄生率も高く推移していた。(7)複合病虫害抵抗性と推定される2系統を系統適応性検定試験候補として選抜した。「みなみさやか」のF1交雑後代の炭疽病抵抗性分離の評価を開始した。(8)不和合性遺伝子が一致している場合は,柱頭での花粉の発芽,花柱内での伸長は正常であるが,花柱の基部で花粉管が停滞し,胚珠へ侵入できないことを明らかにした。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所 茶IPM研究チーム
協力分担関係株式会社アグリボ
鹿児島県立短期大学
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 委託・作物対応研究[生物機能]
業績(1)緑茶用早生品種「さえみどり」および晩生品種「おくみどり」の育成
(2)Evaluation of Anthracnose Resistance among Tea Genetic Resources by Wound-inoculation Assay
(3)チャ品種の一番茶新芽の化学成分含有量の年次変動
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092855
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat