v.南西諸島における島しょ土壌耕地の適正管理、高度利用を基盤とした園芸・畑作物の安定生産システムの開発

v.南西諸島における島しょ土壌耕地の適正管理、高度利用を基盤とした園芸・畑作物の安定生産システムの開発

課題番号2006008513
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農業の生産性向上と持続的発展のための研究開発
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題v.南西諸島における島しょ土壌耕地の適正管理、高度利用を基盤とした園芸・畑作物の安定生産システムの開発
小課題v.南西諸島における島しょ土壌耕地の適正管理、高度利用を基盤とした園芸・畑作物の安定生産システムの開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要(1)堆肥化施設成立条件の解明により、生産コストを15〜25%削減できる方策を提示し、安定生産のための副資材広域流通の確立を図った。沖縄型堆肥施用で土壌中のK濃度は適正範囲を維持し、牧草の飼料品質も従来の堆肥と変わらないことを明らかにした。土砂流出抑制のための植生管理技術による土砂輸送・堆積特性を解明した。(2)レタスの高位安定生産のために新栽培術体系の改良を行い、レタスの高品質・大玉化が図れ、収量で3割、出荷額で5割の増収を得た。また、潅水チューブ敷設機を開発し作業能率を6割向上させた。プラソイラ、沖縄型堆肥等は、現場に導入・普及しつつある。(3))レタス生理障害発生には品種間差があること、気象環境と生育速度が関与している可能性を明らかにした。また、土壌養分動態と生理障害の関係は、既存の分析手法が沖縄特殊土壌に適さず十分に検討加えられなかったため、より正確な評価を行えるよう手法を改良した。(4)さとうきび生産法人、園芸複合経営の収益性分析を行い自立経営レベルの分岐点を解明し、経営成立条件を明らかにした。また、コントラクタによる作業計画策定を支援するため、圃場内作業に加え圃場間の移動時間も考慮し、作業工程・巡回ルートを視覚的に提示できる作業シミュレータを作成した。(5)そば品種間の日長感応性の違いによる生育・開花・結実特性を解明し、沖縄の冬季短日条件下でも営利栽培成立の可能性が高いことを明らかにした。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 南西諸島農業研究チーム
協力分担関係沖縄総合事務局
筑波大学
鹿児島大学
名城大学
琉球大学
鹿児島県農業開発総合センター
沖縄県農業研究センター
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 内閣府・その他 文科省[科振調費]
業績(1)Fine sediment transport in open channel flow with a simulated grass strip
(2)沖縄本島北部における堆肥ペレットの分解と二酸化炭素放出速度
(3)沖縄本島都市近郊地域における農地貸借市場の特質と農地貸し付け行動
(4)沖縄繁殖牛経営における牧草収穫受委託の現状と委託農家の特徴
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092865
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat