c.高品質安定生産のための農業気象災害警戒システムの開発

c.高品質安定生産のための農業気象災害警戒システムの開発

課題番号2006008516
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農業の生産性向上と持続的発展のための研究開発
大課題E 環境変動に対応した農業生産技術の開発
中課題c.高品質安定生産のための農業気象災害警戒システムの開発
小課題c.高品質安定生産のための農業気象災害警戒システムの開発
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要(1)気候緩和評価モデルの紹介や成果をとりまとめた成果集「気候緩和評価モデルで、ここまで解かる」を発行した。(2)「気候緩和評価モデル」が農研機構の職務作成プログラム(18中セ第06101304号)に認定された。(3)小麦の出穂期および穂揃期を予測するモデルを作成し、リアルタイムアメダスを使って出穂期と穂揃期の予測結果をインターネット上で公開するシステムを開発した。(4)キャベツの多品種の発育特性を一括して予測すると同時に、品種固有の特性を付加可能な形で発育段階を予測する方法を開発した。(5)水稲の高温不稔の発生リスクは,穂温を基準として評価でき、湿度は穂の温度を通じて受精率に影響を与えることを明らかにした。(6)茨城、栃木、長野の広域の15市町村の「コシヒカリ」の乳白米発生状況について調査した結果、発生割合は籾1粒当たりの乾物生産量と高い相関を示し、この乾物生産に係わる日射利用効率は高温になるほど低下することを明らかにした。(7)水稲の作期分散要因として移植期、栽植株密度、苗種類の出穂変動効果を検討した結果、移植期の効果は高いが、栽植株密度、苗種類にも品種に匹敵する効果があることを明らかにした。出穂変動程度は品種によって異なり、熟期の早いものほど変動が大きかった。(8)ダイズを栽培する重粘土転換畑の開花期以降の土壌水分の減少過程を気温と降水量から推定する予測モデルを検討した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 農業気象災害研究チーム
協力分担関係筑波大学
みずほ情報総研
関東農政局
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[加工プロ] 林野庁・その他
業績(1)農業・農村の気候緩和機能の評価モデル
(2)上越地方の雪と農業への影響
(3)コムギの登熟過程の温度反応に基づく生理的成熟期と子実含水率の推定法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092868
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat