b.大豆の湿害耐性等重要形質の改良のための生理の解明

b.大豆の湿害耐性等重要形質の改良のための生理の解明

課題番号2006008518
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(イ)次世代の農業を先導する革新的技術の研究開発
大課題A 先端的知見を活用した農業生物の開発及びその利用技術の開発
中課題b.大豆の湿害耐性等重要形質の改良のための生理の解明
小課題b.大豆の湿害耐性等重要形質の改良のための生理の解明
大項目該当なし
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要(1)湿害発生機作として、生理・生化学的手法によりダイズの発芽後の湿害は酸素欠乏によってのみ発生するのではないことを明らかにしたとともに、プロテオーム解析手法により新たな湿害発生機構の存在を証明した。ストレス応答や生長制御に関与するレドックス調節物質の合成系遺伝子を導入した形質転換ダイズにおいては、低酸素下で根の伸長の良好な個体を得た。さらに、ダイズの一次代謝産物について質量分析計を用いることにより一斉分析が可能になり、ダイズはイネよりも種子および葉での一次代謝産物の変化が大きいことを明らかにした。(2)微小電極による組織内の酸素濃度測定システムを開発し、湛水条件下でダイズの茎に形成される二次通気組織を通じて、地下部へ酸素が供給されていることを証明した。さらに、二次通気組織形成にオーキシンが関与し、光合成系を経て師管を通じて胚軸に供給されていることを明らかにした。一方、湿害を起因とする黒根腐病に関して、ダイズの生育とともに周皮が形成され、外部に対する防御として機能していることを観察した。(3)冠水処理行った場合の収量を標準区での収量に対する比で評価した耐湿性指数が晩生の系統で高い傾向が見られたが、中国由来の遺伝資源は比較的早生で耐湿性指数が高かった。難裂皮性を支配するQTLを見いだした。(4)ダイズわい化病抵抗性についてウイルスの外被タンパク質遺伝子が固定化された系統で抵抗性を示す個体を得た。ダイズモザイクウイルス等の遺伝子の機能を解明する上で不可欠な感染性クローンを用いた実験系を開発した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所 大豆生理研究チーム
協力分担関係九州大学
北海道大学
創成科学共同研究機構
東京大学
京都府立大学
岡山県生物科学総合研究所
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 委託・作物対応研究[生物機能] 委託・環境研究[有害化学物質] 委託・バイテク先端技術[植物ゲノム] 委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保] 文科省[科研費]
業績(1)Development of resistant transgenic soybeans with inverted repeat-coat protein genes of soybean dwarf virus.
(2)Proteomic analysis of rice leaf sheath during drought stress
(3)Update and challenges on proteomics in rice
(4)The proteome of plant cell membranes
(5) A novel wound-responsive cis-element, VWRE, of the vascular system-specific expression of a tobacco peroxidase gene, tpoxN1.
(6)高土壌窒素条件下におけるダイズ窒素固定量および窒素固定寄与率の品種間差異
(7)A single-base deletion in soybean flavonol synthase gene is associated with magenta flower color.
(8)Analysis of flavonoids in pubescence of soybean near-isogenic lines for pubescence color loci.
(9)Coat protein gene-mediated resistance to soybean mosaic virus in transgenic soybean
(10)圃場条件下における土壌硬度の違いが根粒超着生ダイズ品種作系4号の生育および収量に及ぼす影響
(11)Retrograde regulation of nuclear gene expression in CW-CMS of rice
(12)A proteomics approach for identifying osmotic-stress-related proteins in rice
(13)Proteomic analysis of bacterial-blight defense-responsive proteins in rice leaf blades
(14)Isolation of gemetes and central cells from Oryza sativa L.
(15)Curated genome annotation of Oryza sativa ssp.japonica and comparative genome analysis with Arabidopsis thaliana
(16)QTL analysis of flooding tolerance in soybean at an early vegetative growth stage.
(17)OsBLE3, brassinolide-enhanced gene, involved in the growth of rice
(18)Discrimination of four soybean dwarf virus strains by dot-blot hybridization with specific probes.
(19)gid1. A gibberellin-insensitive dwarf mutant, shows altered regulation of probenazol-inducible protein (PBZ1) in response to cold stress and pathogen attack
(20)Interactions of two abscisic-acid induced WRKY genes in repressing gibberellin signaling in aleurone cells
(21)The rice OsGAE1 is a novel gibberellin-regulated gene and involved in rice growth
(22)Gibberellin regulates mitochondrial pyruvate dehydrogenase activity in rice
(23)Biolistic inoculation of soybean plants with soybean dwarf virus
(24)Co-regulation of brassinosteroid biosynthesis-related genes during xylem cell differentiation
(25)Comparison of two proteomics techniques used to identify proteins regulated by gibberellin in rice
(26)Importance of indigenous arbuscular mycorrhiza for growth and phosphorus uptake in tropical forage grasses growing on an acid, infertile soil from the Brazilian savannas
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092870
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat