a.直播適性に優れ、実需者ニーズに対応した低コスト業務用水稲品種の育成

a.直播適性に優れ、実需者ニーズに対応した低コスト業務用水稲品種の育成

課題番号2006008536
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)ニーズに対応した高品質な農産物・食品の研究開発
大課題A 高品質な農産物・食品と品質評価技術の開発
中課題a.直播適性に優れ、実需者ニーズに対応した低コスト業務用水稲品種の育成
小課題a.直播適性に優れ、実需者ニーズに対応した低コスト業務用水稲品種の育成
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要業務加工用の低アミロース性の良食味系統や加工適性系統の選抜を進めるとともに、低コスト・大規模化のための直播栽培への適応性を持つ品種を育成するため耐倒伏性、土中出芽性等の直播適性を付与する育種を進めた。(1)「北海299号」は胚芽が大きく、GABA(γ-アミノ酪酸)が、発芽玄米で一般米の1.7倍、胚芽精米では2.4倍含まれた。また「北陸酒206号」は醸造時のアルコール収率およびアミノ酸度が「山田錦」並で醸造適性が高かった。これら2系統は命名登録申請を行った。加工用として多収の糯米「北陸糯216号」と酒造好適米「北陸酒217号」を選抜した。また、採種で問題となる有色米と一般米の交雑個体の識別方法を開発した。(2)直播適性を持つ系統として転び型耐倒伏性の強い「関東229号」、早生・耐冷性の「北海309号」、低アミロース米系統「奥羽402号」、耐倒伏性のある「中国186号」、暖地向き早生の「西海258号」および中生の「西海259号」が優れていることを見いだした。また、外国稲由来の耐倒伏性および土中出芽性を持ち、収量・品質は対照品種と同等の系統を選抜した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所 低コスト稲育種研究チーム
協力分担関係新潟大学
広島大学
新潟県農業総合研究所
新潟県醸造試験場
水稲育種指定試験地
新潟県酒造組合
(有)松屋商店
(有)応用栄養学食品研究所
(株)北陸製菓
予算区分技会交付金研究 高度化事業 委託・作物対応研究[加工プロ] 技会・その他
業績(1)酒造好適米新品種候補系統「北陸酒206号」
(2)北陸研究センターで育成した水稲品種系統の家系分析
(3)北海道地域での栽培に適する巨大胚水稲新品種候補「北海299号」
(4)東北地域での栽培に適する赤米糯新品種「夕やけもち」
(5)食味の良い東北地域向け直播用水稲新品種「萌えみのり」の育成
(6)湛水直播栽培における異なる苗立ち密度での水稲品種「萌えみのり」の生育特性
(7)赤米糯品種「夕やけもち」の育成
(8)直播適性がある良食味水稲品種「萌えみのり」の育成
(9)華麗舞
(10)水稲新品種「あゆのひかり」の育成
(11)水稲新品種「あきまさり」の育成
(12)萌えみのり
(13)関東系統の近縁係数によるイネ育成系統の分類および葉いもち,食味との関連
(14)夕やけもち
(15)萌えみのり(出願番号:20110)
(16)夕やけもち(出願番号:20116)
(17)華麗舞(出願番号:20120)
(18)Dot-blot-SNP analysis for practical plant breeding and cultivar identification in rice
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092888
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat