a.果実の輸出等を促進する高品質果実安定供給のための基盤技術の開発

a.果実の輸出等を促進する高品質果実安定供給のための基盤技術の開発

課題番号2006008551
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)ニーズに対応した高品質な農産物・食品の研究開発
大課題C 農産物・食品の品質保持技術と加工利用技術の開発
中課題a.果実の輸出等を促進する高品質果実安定供給のための基盤技術の開発
小課題a.果実の輸出等を促進する高品質果実安定供給のための基盤技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要(1)輸出等に向けた効果的な鮮度保持技術開発に資するために、エチレン作用阻害剤1-MCP(1-メチルシクロプロペン)処理等によるりんごのエチレン受容体遺伝子およびタンパク質の発現解析を行い、エチレン受容体タンパク質の代謝回転は、エチレンによって影響を受けていることを明らかにした。(2)輸出のためのももの品質保持技術を開発するために、MA包装について検討を行ったが、MA包装はももの鮮度保持には効果が期待できないことが明らかになった。一方、エチレン生合成阻害剤AVG(アミノエソキシビニルグリシン)および1-MCPの併用処理によって、20℃の条件で約2週間後までももの硬度を無処理区より高く保持できることを明らかにした。(3)輸出等に向けた高品質果実生産の阻害要因であるももの果肉障害は、糖度が高く肥大の良好な果実ほど多く発生し、果肉障害発生部位では健全部位に比べてグルコース、フルクトースおよびソルビトールの含量が多いことを明らかにした。(4)海外市場における産地偽装表示の防止のために、国産のりんご「ふじ」、日本なし「二十世紀」について、果梗もしくは種子中の元素濃度解析を用いた産地判別技術を開発した。(5)輸出相手国の植物検疫に対応するために、りんご果実の凹部に付着しているハダニを除去するバッチ式の揺動噴射式果実洗浄機を開発し、エアガンを用いた慣行作業に比べて能率と除去率が高いことを明らかにした。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所 果実鮮度保持研究チーム
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 高度化事業 技会・その他 文科省・その他 その他
業績(1)ウメ‘十郎’のマンガン欠乏症と発生園の土壌要因
(2)Protein profile in the transgenic kiwifruit overexpressing a transcription factor gene, OSH1
(3)Ethylene and fruit softenig in the stony hard mutation in peach
(4)Cellulose synthesis during endocarp hardening of peach fruit
(5)Analyses of expression patterns of ethylene receptor genes in apple (Malus domestica Borkh.) fruits treated with or without 1-methylcyclopropene (1-MCP).
(6)Molecular cloning and expression analysis of cDNAs encoding a putative Nrt2 nitrate transporter from peach(果樹研)
(7)Ethylene-regulation of fruit softening and softening-related genes in peach
(8)Influence of time from harvest to 1-MCP treatment on apple fruit quality and expression of genes for ethylene biosynthesis enzymes and ethylene receptors.
(9)ボルドー液散布リンゴ園土壌での銅の蓄積と存在形態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092903
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat