a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発

a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発

課題番号2006008559
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(イ)農産物・食品の安全確保のための研究開発
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発
小課題a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要(1)野鳥調査によりA型インフルエンザウイルス77株を分離し、HAとNA遺伝子の部分塩基配列を決定して、野鳥保有ウイルス疫学データを蓄積した。遺伝子機能解析のためリバースジェネティクス法による人工ウイルス作製技術を確立した。15のHA亜型すべてを判定できるPCR系の開発が完了し、遺伝子産物の塩基配列から、HA遺伝子の分子疫学解析や病原性の推定が可能になった。さらに、鳥由来インフルエンザウイルスをマウスに感染させて病原性が増強した変異株は呼吸器、神経組織への感染性の増強と関連していることを明らかにした。この実験系はヒトへの感染拡大リスク評価系として今後も応用価値が大きい。(2)日本産蚊の人工飼育・継代が可能となった。さらに、蚊の分類データベースを構築し、ウエストナイルウイルス媒介可能蚊の発生消長調査を行った。日本産ハシブトガラスがウエストナイルウイルスに高感受性であることを実証した。(3)E型肝炎ウイルスに対する抗体調査でイノシシでは感染率に地域性がない等の感染実態を明らかにした。さらに、実験感染豚で全身でのウイルス増殖動態を明らかにするとともにウイルスたんぱくの経口投与による豚での抗体応答を確認した。ニパウイルスNたんぱく質に対するモノクローナル抗体を作り、わが国独自の抗体、抗原検出系の基礎を確立した。(4))マダニ媒介性病原体の免疫による防除法を開発するため、唾液腺および中腸で発現するマダニ生物活性分子(GFAT、HlGalce、HlSP)の単離とその組換え体を作製し、さらにその生体機能をも明らかにした。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 人獣感染症研究チーム
協力分担関係北里大学
玉川大学
新潟大学
東京大学
鳥取大学
北海道大学
千葉県中央家保
滋賀県家保
島根県家保
(独)農業生物資源研究所
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 高度化事業 委託・畜産対応研究[BSE・人獣] 技会・その他 文科省[科研費] 文科省[科振調費] 文科省[JST] 文科省・その他
業績(1)Risk Factors for Human Infection with Avian Influenza A H5N1, Vietnam, 2004
(2)DETECTION AND ISOLATION OF HIGHLY PATHOGENIC H5N1 AVIAN INFLUENZA A VIRUSES FROM BLOW FLIES COLLECTED IN THE VICINITY OF AN INFECTED POULTRY FARM IN KYOTO, JAPAN, 2004
(3)Different fecal shedding patterns of two common strains of hepatitis e virus at three Japanese Swine farms.
(4)Distiribution of viral antigens and development of lesions in chicken embryos inoculated with Nipah virus
(5)Identification and characterisation of a leucine aminopeptidase from the hard tick Haemaphysalis longicornis.
(6)An Investigation into the Distribution, Host-preference and Population Density of Ixodid Ticks Affecting Domestic Animals in Bangladesh.
(7)茨城県発生の弱毒ウイルスによる鳥インフルエンザ
(8)Molecular characterization and oligosaccharide binding properties of a galectin from the argasid tick Ornithodoros moubata
(9)RNA interference of cytosolic leucine aminopeptidase reduces fecundity in the hard tick, Haemaphysalis longicornis.
(10)Significant passive protective effect against anthrax by antibody to Bacillus anthracis inactivated spores that lack two virulence plasmids.
(11)Characterization of glutamine: Fructose-6-phosphate aminotransferase from the ixodid tick, Haemaphysalis longicornis, and its critical role in host blood feeding.
(12)Molecular and reverse genetic characterization of serine proteinase-induced hemolysis in the midgut of the ixodid tick Haemaphysalis longicornis
(13)Recent H5N1 avian influenza A virus increases rapidly in virulence to mice after a single passage in mice
(14)Epidemiological study of hepatitis E virus infection of dogs and cats in Japan.
(15)Different fecal shedding patterns of two common strains of hepatitis e virus at three Japanese Swine farms.
(16)人獣共通感染症を媒介する蚊分類データベースの構築
(17)Pathology of fatal highly pathogenic H5N1 avian influenza virus infection in large-billed crows (Corvus macrorhynchos) during the 2004 outbreak in Japan
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092911
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat