g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発

g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発

課題番号2006008565
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(イ)農産物・食品の安全確保のための研究開発
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発
小課題g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要(1)牛コロナウイルスの遺伝学的多様性ならびに牛乳頭腫症の病態と原因ウイルスの遺伝学的多様性を明らかにしたことにより、流行動態および病態解明の手がかりとなった。コロナウイルスの糞便からの検出法として、RT-PCRの有用性を確認した。また、牛由来サルモネラのキノロン系薬剤に対する点突然変異によるアミノ酸置換での耐性獲得状況を明らかにした。たんぱく質分解酵素は乾乳期乳房炎の症状と関連することを明らかにした。さらに、分娩前後のアポリポたんぱく質の測定により、周産期疾病の発症を予測できる可能性を示した。(2)ポータブル型近赤外分光分析装置を用いた牛血液の成分推定は貧血検査として有効であることを示した。また、小型ピロプラズマ病の貧血において、鉄剤投与は病態を回復させるのに有効であることを検証した。PCRでフタトゲチマダニから小型ピロプラズマ遺伝子を検出する手法を開発した。牛呼吸器病の主要原因菌であるMannheimia haemolitica complexの分離状況を16S rRNA配列に基づき明らかにし、病理組織学的診断法の有効性を示した。(3)養豚密集地帯の調査農場における発育不良豚から豚繁殖・呼吸器障害症候群(PRRS)ウイルスおよび豚サーコウイルス2型(PCV2)に加え、種々の細菌が検出されるなど飼育環境における問題点として複合感染防除の重要性を明らかにした。さらに、感染実験で、PCV2とMycoplasma hyorhinisの複合感染が、相乗的に肺病変を増悪化させることを示した。また、PCR-RFLP法による型別が豚腸管由来Brachyspira 属菌の菌種同定に有用であることを明らかにした。(4)アカバネウイルスの中和抗原をコードする遺伝子の変異状況や沖縄で牛の血液から分離されたオルトブニヤウイルス属ウイルスの性状および的確なアカバネ病防疫対策構築に役立つ分子系統樹を明らかした。また、血清診断用抗原として同属ウイルス共通ヌクレオカプシドたんぱく質をバキュロウイルス発現系により発現させた。増感in situ hybridization法によって感染細胞内のイバラキウイルス特異遺伝子の検出が可能となった。採集したヌカカ幼虫のミトコンドリア遺伝子の解析により種の同定を行うことができた。また、人工吸血システムを用いたヌカカの感染実験が可能になった。牛T細胞リンパ腫における新しい疾病概念を確立した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 環境・常在疾病研究チーム
協力分担関係北海道家畜保健衛生所
山形県家畜保健衛生所
埼玉県家畜保健衛生所
栃木県家畜保健衛生所
石川県家畜保健衛生所
和歌山県家畜保健衛生所
大阪府家畜保健衛生所
旭山動物園
酪農学園大学
北海道大学
予算区分技会交付金プロ 技会交付金研究 委託・畜産対応研究[BSE・人獣] 委託・畜産対応研究[健全畜産] 内閣府[影響評価] 文科省[科振調費] 文科省・その他
業績(1)Nephroblastoma with transcoelomic metastasis in a Japanese black bull.
(2)Metachronous occurrence of mammary adenocarcinoma and another malignancy in Western European hedgehogs (Erinaceus europaeus)
(3)Genetic determinants of virulence in the group B coxsackievirus
(4)Group B Coxsackievirus diabetogenic phenotype correlates with replication efficiency
(5)道南地域における牛RSウイルス流行株の解析
(6)Natural killer-like T-cell lymphoma in a calf
(7)Acute basophilic leukaemia in a calf
(8)Plurihormonal adenocarcinoma detected at the head of a Dalmatian pelican (Pelecanus crispus)
(9)Genetic Characterization of Batai virus indicates a genomic reassortment between orthobunyaviurses in nature
(10)Chronological and geographical variations in the small RNA segment of the teratogenic Akabane virus
(11)Immunoblastic lymphoma of germinal center origin in a cat
(12)豚胸膜肺炎菌の感染防御抗原及びその遺伝子を利用した型別について
(13)Hypergranular gammadelta T-cell lymphoma in a heifer
(14)Frequency of Enteropathogen Detection in Suckling and Weaned Pigs with Diarrhea in Japan
(15)Differential expression of ovine innate immune genes by preterm and neonatal lung epithelia infected with respiratory syncytial virus
(16)Epidemiological investigation of the prevalence and features of postweaning multisystemic wasting syndrome in Japan
(17)わが国における豚の離乳後多臓器性発育不良症候群の特徴と診断
(18)簡便で高感度なフタトゲチマダニの小型ピロプラズマ原虫保有率検査法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092917
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat