i.生体防御能を活用した次世代型製剤の開発

i.生体防御能を活用した次世代型製剤の開発

課題番号2006008567
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(イ)農産物・食品の安全確保のための研究開発
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題i.生体防御能を活用した次世代型製剤の開発
小課題i.生体防御能を活用した次世代型製剤の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要(1)省力的で注射針残留事故が起きず豚に苦痛をあたえない針なし注射を用いて豚丹毒・豚マイコプラズマ(Mycoplasma hyopneumonie;MH)肺炎多価ワクチン候補株を豚に注射することにより、MH感染による肺炎病変の形成を大幅に抑えることに成功した。MH肺炎の発症機作を明らかにするため炎症性サイトカインIL-8産生を誘導する因子の解明を進めた結果、MH強毒株に感染した豚の末梢血単核球は常に多量のIL-8を産生していることを認めた。MHのゲノム中に複数存在し、IL-8を分泌させる抗原とされるP97抗原遺伝子から派生したと推測されるP97抗原の重複遺伝子抗原も、豚の末梢血単核球から多量のIL-8産生を誘導することを示したが、特異的誘導か否かについては明らかでなかった。免疫学的解析により、P97抗原中にIL-8を強く誘導する可能性のあるT細胞エピトープを同定した。また、MH感染に伴って発現が増強される新たな遺伝子を確認した。(2)ニワトリ組換えIL-4を生産、部分精製し、アミノ酸配列解析によりIL-4たんぱく質であることを確認した。IFNはウシ由来細胞に感染するRNAウイルスの増殖を効果的に抑制すること、組換えウシIFNτを子牛に微量経口投与するとIFN誘導マーカーである血清2-5AS酵素の上昇や、関連サイトカイン遺伝子の発現を認めた。また、IFN含有プロテインビーズに抗ウイルス活性を確認した。ブタリゾチーム遺伝子を人工合成し、昆虫細胞で新しい抗菌剤の素材となる組換え型ブタリゾチームを大量に分泌生産する系を開発した。既開発の抗ウエストナイルウイルスモノクロ−ナル抗体は日本脳炎ウイルスとの交叉性や競合性があることを明らかにし、新たにモノクロ−ナル抗体を作製し、交差性が少ない2株を得た。ブルセラ病ELISA用のモノクローナル抗体を作出して海外市販キットと遜色がない反応性を示すことを確認し、国産キット生産に目処を付けた。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 次世代製剤開発チーム
協力分担関係(株)微生物化学研究所
メルボルン大学
(株)西川ゴム工業
(株)チッソ横浜研究所
予算区分技会交付金研究 委託・畜産対応研究[BSE・人獣] 委託・畜産対応研究[健全畜産] その他
業績(1)豚丹毒菌YS-19株免疫豚のマイコプラズマ・ハイオニューモニエP97抗原に対する免疫応答の解析
(2)Significance of Neospora caninum infection among dairy cattle in Japan
(3)Biased distribution of single nucleotide polymorphisms (SNPs) in porcine toll-like receptor (TLR) 1, 2, 4, 5 and 6 genes.
(4)Comparison of artificial synthesis methods of gene
(5)IL-18 expression in pigs following infection with Mycoplasma hyopneumoniae.
(6)Attenuated aroA Salmonella enterica serover tyiphimurium does not induce inflammatory response and early protection of gnotobiotic pigs against parental virulent LT2 strain.
(7)Anti-bovine CD34 monoclonal antibody reveals polymorphisms within coding region of the CD34 gene
(8)T-cell memory and recall responses to respiratory virus infections
(9)Immunosuppression of xenograft rejection in porcine kidney PK15 cells by porcine IL-18.
(10)最近10年間の東京都芝浦食肉衛生検査所における豚丹毒の摘発状況、分離菌の血清型および薬剤感受性の特徴
(11)福島県で分離された牛由来Salmonella Typhimuriumの分子疫学的解析
(12)リアルタイムPCR法による関節炎型豚丹毒保留豚の関節液からの豚丹毒菌の検出
(13)組換え型ブタリゾチームの大量生産法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092919
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat