e.流通農産物・食品の有害生物の制御技術の開発

e.流通農産物・食品の有害生物の制御技術の開発

課題番号2006008572
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(イ)農産物・食品の安全確保のための研究開発
大課題C 生産・加工・流通過程における汚染防止技術と危害要因低減技術の開発
中課題e.流通農産物・食品の有害生物の制御技術の開発
小課題e.流通農産物・食品の有害生物の制御技術の開発
大項目該当なし
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要(1)超高圧処理による殺菌効果について、定常期の細胞が対数増殖期の細胞よりも抵抗性が高いことまた食中毒菌サルモネラの菌株間で抵抗性に顕著な差があることが判明した。超高圧処理による液卵の殺菌に関して、短時間の繰り返し処理が品質低下を起こすことなく接種したサルモネラを完全に殺菌できることを明らかにした。サラダ菜等の養液栽培においては、オゾン水の供給回数が少なかったため、オゾン水の効果は認められなかった。パルス電界を用いたバッチ式通電による殺菌法を検討した結果、最高温度が130℃以上になった場合は枯草菌胞子数が約3桁程度低下し、130℃における殺菌効果は昇温速度に比例して高くなることが明らかとなった。次亜塩素酸ナトリウム耐性菌の発生する可能性を大腸菌の次亜塩素酸ナトリウム感受性で検討したところ、殺菌を挟んだ3回の集積培養により、培養液全体として1桁程度の耐性の上昇が観察された。実際の食品製造ラインにおいて汚染を未然に防止するため、蛋白質ふき取り検査法が簡便かつ有効な自主衛生管理技術であることを検証した。(2)バイオフィルム高生産株を用いた試験では、マンノースおよびラムノースによるバイオフィルム形成抑制が明らかになった。富栄養条件下より貧栄養条件下での培養の方がバイオフィルムの成長が著しいことを見出した。また、固体表面にバイオフィルムを形成した場合、各種の処理に対して抵抗性が高まることを明らかにした。(3)ノシメマダラメイガ幼虫はシュリンクフィルムと容器の間の空間の大きな箇所を好んで侵入することから、空気抜き穴を少なく接着面に継ぎ目のない包装が望ましいことが判った。また小麦を加害するグラナリアコクゾウムシの電子線殺虫技術開発では、小麦内部の電子線が到達しにくい部位にいる幼虫期間で生存率、次世代成虫出現率ともに高いことが判明した。さらに天敵害虫ホウネンカメムシの増殖には30℃付近が最も適していることが明らかになった。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品バイオテクノロジー研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品安全研究領域
農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品工学研究領域
協力分担関係神戸製鋼所
大阪府立食とみどりの総合技術センター
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[食品機能性] 技会・その他 文科省[科研費] 文科省・その他
業績(1)pH and solute concentration of suspension media affect the outcome of high hydrostatic pressure treatment of Listeria monocytogenes
(2)Recovery of Escherichia coli ATCC 25922 in phosphate buffered saline after treatment with high hydrostatic pressure
(3)Soft-electron beam and Gamma-radiation sensitivity and DNA damage in phosphine-resistant and -susceptible strains of Rhyzopertha dominica
(4)カップ麺製品に対するノシメマダラメイガ幼虫の侵入と発育
(5)Application of acidified sodium chlorite pre washing treatment to improve the food hygiene of lightly fermented vegetable
(6)Water activity of bacterial suspension media unable to account for the baroprotective effect of solute concentration on the inactivation of Listeria monocytogenes by high hydrostatic pressure
(7)Effect of vibration on the bacterial growth on strawberry fruits
(8)Irradiation inactivation of Listeria monocytogenes in low fat ground pork at frozen and refrigerated temperature
(9)Chitosan protects cooked ground beef and turkey against Clostridium perfringens spores during chilling
(10)Intra-sexual dimorphism in male mandibles and male aggressive behavior in the Broad-horned flour beetle Gnatocerus cornutus (Coleoptera: Tenebrionidae)
(11)Effects of temperature on the development and reproduction of the predatory bug Joppeicus paradoxus Puton(Hemiptera: Joppeicidae) reared on Tribolium confusum eggs
(12)Effect of soft electron treatment on adzuki bean weevil, Callosobruchus chinensis
(13)リン化水素及びフッ化スルフリルによるグラナリアコクゾウSitophilus granarius L. 及びコクゾウムシSitophilus zeamais Motsculsky の殺虫効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092924
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat