a.寒地畑作物バイオマス資源の多段階利用技術の開発

a.寒地畑作物バイオマス資源の多段階利用技術の開発

課題番号2006008576
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間新規2006-2010
年度2006
研究問題(ア)農村における地域資源の活用のための研究開発
大課題A バイオマスの地域循環システムの構築
中課題a.寒地畑作物バイオマス資源の多段階利用技術の開発
小課題a.寒地畑作物バイオマス資源の多段階利用技術の開発
大項目該当なし
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要(1)根中糖分が高く黒根病抵抗性と褐斑病抵抗性に優れるてん菜の育成系統「N1466」と「N1468」を有望と判断した。(2)てん菜採種栽培におけるGM遺伝子の混入・拡散対応研究では、花粉飛散距離を予備検討したほか、掘り残し株が花粉源となる可能性を見出した。(3))農産副産物を原料とする機能性油脂のセラミドおよび関連脂質を大量生産するのに適した酵母菌株として、ビート廃糖蜜ではSaccharomyces kluyveri半数体SP-25を作出・選抜するとともに、副次的成果として、チーズホエーではKluyveromyces lactis M-11を、さらに、ステリルグルコシドを高蓄積するK. lactis M-16を見出した。(4)ペントースなどバイオマスの各種構成糖を乳酸、エタノールなどへ高効率で変換する乳酸生成糸状菌としてRhizopus oryzae が有効で発酵収率の向上にはpH制御が重要であることを見出した。(5)ポテトパルプからの麺用ほぐれ剤、ビートファイバーからの機能性脂質セラミドの抽出法ならびにポテトパルプ・小麦ふすま混合サイレージ製造法を確立した。規格外小麦の利用については、エタノール収率90%となるエタノールの試験製造を行い、その際の物質収支を解析した。
研究分担農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター 寒地バイオマス研究チーム
協力分担関係産業技術総合研究所
北海道大学
帯広畜産大学
藤女子大学
東京農業大学
熊本大学
十勝圏振興機構
ホクレン
日本甜菜製糖株式会社
よつ葉乳業(株)
予算区分技会交付金研究 異分野 委託・作物対応研究[加工プロ] 委託・環境研究[バイオリサイクル] 委託・バイテク先端技術[組換え体安全性確保]
業績(1)Content and constituent properties of sphingolipid classes in Saccharomyces kluyveri.
(2)テンサイ根腐病抵抗性多胚花粉親系統の育成
(3)農畜産加工副産物を原料とした酵母による機能性糖脂質の生産
(4)Preparation of anti-sticking substance for cooked noodles by fungal hydrolysis of potato pulp.
(5)The molecular phylogeny of the genus Rhizopus based on rDNA sequences.
(6)Presence of glucosylceramide in yeasts and its relation to alkali tolerans of yeast.
(7)Simultaneous producyion of sphingolipids and ethanol by Kluyveromyces thermotolerans.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030092928
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat